« 九寨溝&黄龍-6 大熊猫(2) | トップページ | ラトビアにいます »

2012年5月 6日 (日)

世界一短い大陸横断鉄道

太平洋と大西洋(カリブ海)を隔てる一番狭い地峡というと中米にあるパナマ。2008年4月、コスタリカ旅行のついでに隣国パナマに行ってきました。

で、何より有名なのがパナマ運河です。全長80キロの間に、船を上下させる閘門という施設が3つあります。こちらは一番大きなガツン閘門。カリブ海側の玄関にあたります。
お、船が入って来ました。
Panama01

手前と奥の水位がかなり違うのが判ると思います。この状態で、真ん中の水位を下げると・・・
Panama02

船が低い水位に合わされました。ここで門が開きます。(奥の船はまだ高い水位にいます)
Panama03

そして船はカリブ海へと進んでいくのです。左右にある小さな車両が船の牽引車両です。
Panama04

で、大西洋側の街コロンにやってきました。コロンは中南米でも最も治安の悪い街と言われていますので、旅行会社にパナマからの日帰りツアーをお願いしました。

こちらはコロン駅に停車中の世界一短い大陸横断鉄道です。(駅の構内は外界とは隔絶されているので安全地帯です。)
Panama05

コロンを出た列車はしばらく長閑な景色の中を走ります。
Panama06

途中からはガツン湖沿いに。運河を航行する巨大船が見えてきました。
Panama07

途中での交換風景。
Panama08

時々運河に近付きながら列車は進みます。だいぶ運河の幅が狭くなってきました。最も狭い所で91mです。
Panama09

そして、わずか1時間で太平洋側の街パナマシティに到着。あっと言う間に大陸横断鉄道の旅は終了となりました。
Panama10

おしまい。

|

« 九寨溝&黄龍-6 大熊猫(2) | トップページ | ラトビアにいます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九寨溝&黄龍-6 大熊猫(2) | トップページ | ラトビアにいます »