« 九寨溝&黄龍-1 黄龍へ | トップページ | 九寨溝&黄龍-3 九寨溝(2) »

2012年1月 7日 (土)

九寨溝&黄龍-2 九寨溝(1)

・・・九寨溝&黄龍-1 黄龍へ より続く

明けて2011年7月8日 九寨溝に向かいました。
Jiuzhai096
↑↑九寨溝で最もきれいと言われる五花海です。

宿(九寨人家)から九寨溝入口までは歩いて15分程。九寨溝の多くのホテルは九寨溝入口まで車を使わないと厳しい距離にありますので、そういう点では便利です。
九寨溝入口に向かう歩道、途中の大型バス駐車場からは観光客がわらわらと出て来てかなりの混雑です。
Jiuzhai060

入口にある世界遺産の碑です。
Jiuzhai061

さすが九寨溝・・・多くの団体ツアーで賑っています。
Jiuzhai062

入場券売り場です。昔あったという二日券はありませんでした。九寨溝は黄龍と違い、とても広い範囲に広がっていますので、短い時間で全てを歩いて回るのはなかなか困難。(入口から長海までで30km以上あります) 観光スポット間を結んで走っているGreenBusに乗り降り自由のチケット(220元/日(2011.7時点))を購入します。
Jiuzhai063

九寨溝の入口。でかいですね。遊園地の入口みたい・・・
あれ?雨が降ってきました。
Jiuzhai064

入口を通るとグリーンバス乗り場です。
Jiuzhai065

まぁ、混んでること混んでること・・・。朝イチは皆が入るのでこんな感じになるようです。しかしグリーンバスは次から次に来るので、そんなに待たずに乗れるのです。
Jiuzhai066

ただ難点は・・・色々な区間運行があって、中国語で聞かない限りは行き先が判らない事です。英語なんて全く通じません。取りあえず乗ってみたら・・・樹正寨(民俗文化村)までの区間便だったようで下ろされてしまいました。このバスには前面に「区間車」とありますが、このような表示をしているバスはあまり見かけませんでしたから、外見的に行き先把握は困難そうでした。
Jiuzhai067

谷沿いには「樹正群海」が広がっていました。
Jiuzhai068

眼下には粉ひき水車小屋の樹正磨房が見えます。この辺りは明日寄る予定なので、取りあえず上流に向かうバスを捕まえます。
Jiuzhai069

こちらが民俗文化村。九寨溝の中にはチベット民族が居住しており、ここ樹正寨では、一部が土産物屋、観光地となっています。
Jiuzhai070

「長海」に行くつもりでバスに乗ったところ、そのバスは途中の諾日朗観光センター前の分岐から原始森林方面に・・・。「!!!」とバスを止めて道端で下車。ここから長海方面行きのバスに乗る事にしました。

諾日朗観光センターはレストランや売店が集まる場所ですが、まだ早朝、ひっそりとしていました。
Jiuzhai071

長海行きのバス停もひっそり・・・。ガイド等には「諾日朗観光センターで乗換」などと簡単に書いてありますが、お客さんがいなければバスは通過していきます。結果、私達のそばにいた中国人団体と道路に出て、長海行きバスを止めて乗車。(まるでヒッチハイク(^^;)
Jiuzhai072

全てのバスには民族衣装をまとったバスガイドさんが乗り、色々解説をしてくれます。勿論中国語のみ。英語で行き先を聞いても通じませんでした(^^;
Jiuzhai073

終点の「長海」到着。今までの曇天がうそのように一気に快晴になりました。
Jiuzhai077

どこから現れたの??という位多くの人がいます。
Jiuzhai078

バス停から少し下ると長海です。
Jiuzhai075

岸辺まで下りてきました。カナダか北欧か、、、といった雄大な眺めです。なんときれいな事・・・
Jiuzhai074

九寨溝は全部を通しで歩く事も出来ますが、入口から最深部まで30km以上ありますので、多くの場合、ある所まで行き、次のポイントまで歩いてまたバスで移動、というパターンになります。 「長海」で下車した人は、遊歩道を歩いて「五彩池」を見学し、五彩池のバス停から乗車、という具合に・・・。バスもその流れに沿うように、途中駅始発終着の区間運行が沢山あるのです。(ツアー等でチャーターバスを使う場合は勿論別です。でもこんな良い景色の所で時間を束縛されるのはね・・・)
・・・という訳で名勝「五彩池」に向かいます。
Jiuzhai076

ほぼ一方通行と言う感じで、下から長海に向かって来る人は一人もいません。暗黙知なのかな・・・(^^; 林の間にエメラルドグリーンの池が見えてきました。
Jiuzhai079

素晴らしい色の「五彩池」です。これはきれい。
Jiuzhai080

いつまでも見入ってしまいます。
Jiuzhai081

お、珍しく人がいない。
Jiuzhai082

少し下ると五彩池のバス停です。殆どのバスは長海からここまで回送で下り、ここ始発になっていました。どのバスも大混雑になり次々と出発していきます。例によってバスの行き先は判りませんが、一般観光客の流れに従って行ってみましょう。
Jiuzhai083

「上季節海」です。この辺りの池は既に枯れてしまっているそうです。よく見ると対岸に遊歩道があります。
Jiuzhai084

少し走って「下季節海」。こちらは少し水が残っています。
Jiuzhai085

このような民俗村が何か所かあります。
Jiuzhai086

先程バスに乗った諾日朗観光センターに戻ってきました。
Jiuzhai087

今朝方誰もいなかった諾日朗観光センターは活況を呈していました。
Jiuzhai088

ちょうどお昼時、レストランも大盛況でした。
Jiuzhai089

売店も沢山。
Jiuzhai090

おや?柳絮(りゅうじょ:綿毛につつまれた柳のタネのこと)かな?日本的にはこれが舞うと悪天の兆しというけれど・・・ふわふわ舞っていてきれいです。
Jiuzhai091

諾日朗観光センターからはバスに乗り、九寨溝で一番美しいという「五花海」にやってきました。
Jiuzhai092

吸い込まれそうな透明感と美しさですsign03
Jiuzhai093

岸辺を通る遊歩道には丁寧な案内板が随所に設けられていました。
Jiuzhai094

「レストランは高くて混んでいるだけだから!」と、ゲストハウスで用意して頂いたサンドイッチで優雅な昼食タイムとしました。何と幸せなひととき・・・
Jiuzhai095

九寨溝&黄龍-3 九寨溝(2) へ続く・・・

|

« 九寨溝&黄龍-1 黄龍へ | トップページ | 九寨溝&黄龍-3 九寨溝(2) »

コメント

こんにちは。僕も九寨沟に行きました。とてもキレイに撮れてますね。写真見てるともう一度行きたくなりました。

投稿: kafca | 2012年4月15日 (日) 18時26分

■kafcaさん、こんにちは。
ようこそお越し下さいました。
kafcaさんも行かれましたか!
良いところでしたよね、
やはりとても混んでいましたか?

私自身もコンテンツ作っていて
また行きたくなりました。
もう少し行き易いと良いですねー。

投稿: あひる→kafcaさん | 2012年4月15日 (日) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九寨溝&黄龍-1 黄龍へ | トップページ | 九寨溝&黄龍-3 九寨溝(2) »