« 乗鞍岳 積雪期2 ~剣ヶ峰へ | トップページ | 阿弥陀岳に登って来ました »

2013年1月13日 (日)

八ヶ岳(阿弥陀岳~赤岳) 積雪期日帰り周回

連休中日の晴天狙いにて、日帰りで八ヶ岳(阿弥陀岳~赤岳)を歩いてきました。本格的な標高差を歩くのは夏の富士山以来です。

行者小屋から見上げた阿弥陀岳。良い山歩きとなりますように・・・
Amida07

なんやかれや準備をしていたら5時40分頃になってしまいました。今日も南沢を詰めます。
Amida01

ヘッドライトの灯りを頼りに進んでいきます。
Amida02

2時間ほどで行者小屋に着きました。連休だけあってテントも沢山です。目指す阿弥陀岳に朝日が眩しいです。
Amida03

例によって八ヶ岳は寒いです。既にマイナス17度・・・不用意に手袋外すとピキーッと指先が痛くなります。今日も稜線はキツイかな・・・
Amida04

ドカ雪も降っていないし、ここしばらく弱層が作られそうな暖かい日、雨の日は無いし、今朝歩いてくる途中にも雪崩れた形跡は無いし・・・という事で、一気に中岳沢を詰めることにしました。
Amida06

弱層テストも問題無し。
Amida05

沢をそのまま登っていくのでキツイ急坂です。踏み跡が出来ているのが救いです。
Amida08

一気に高度を稼いできました。後からも次々に登ってきています。周りには雪崩れた形跡は無し。
Amida09

更に急になってきました・・・
Amida10

日向に出ました。稜線まであとわずかです。
Amida11

稜線に出ました。中岳から赤岳に向けての稜線が美しいです。
Amida12

こちら、登ってきた中岳沢です。(※中岳沢は言うまでも無く雪崩がとても多い所ですので、確実に雪崩が起こりそうもない条件が揃っている時以外の利用は避けた方が賢明です。)
Amida13

fuji富士山が視野に飛び込んできました。良い眺めです。
Amida14

権現岳です。こちらの稜線もなかなか厳しそうです。
Amida15

阿弥陀岳への登りに取りつきます。時々激しい風が吹き抜けていきますが、八ヶ岳の稜線にしては静かです。
Amida16

こちらも急な登りです。
Amida17

だいぶ登って来ました。足元はなかなかの高度感です。
Amida18

山頂までは・・・まだあります・・・
Amida19

Amida20

Amida21

北東稜から登ってくる方も多いです。今日はどのルートから来ても気持ちよさそうです。
Amida22

阿弥陀岳(2,805m)に到着です。
Amida27

諏訪湖の向こうには北アルプスの山並みが美しいです。
Amida23

いつ見てもすぐ判る大キレットの辺り。
Amida24

ズームです。槍ヶ岳がよく見えています。(雪の季節の槍ヶ岳を見てみたい方はこちらへ)
Amida25

風も少なく穏やかな山頂です。南陵、北陵から登ってきた方々がそれぞれ休息中。
Amida28

阿弥陀様も穏やかに鎮座しておりました。
Amida29

こうやってみると中岳への稜線も細く見えます。
Amida30

そろそろ赤岳に向かって出発しましょう。
Amida31

岩稜帯が続く横岳の稜線も今日は気持ち良く歩けそうです。
Amida32

結構な急斜面です。一歩一歩に気を付けながら。
Amida34

続いて中岳への登り返しです。
Amida35

今下って来た阿弥陀岳を振り返った図です。
Amida36

こうやってみると阿弥陀岳は切り立っていますね。
Amida37

中岳までが意外とあります。
Amida38

なかなか着かない・・・
Amida39

中岳到着。再度阿弥陀岳を振り返った図です。なかなかカッコ良いです。
Amida40

中岳と赤岳の鞍部まで下って来ました。こうやって見上げると中岳も立派な山に見えます。
Amida41

こちらが目指す赤岳です。標高差は250m程です。
Amida42

文三郎尾根の分岐まで登って来ました。
Amida43

権現岳への分岐を通過。
Amida44

こちらも雪が少な目です。
Amida45

岩と氷のミックス地帯を登っていきます。
Amida46

赤岳(2,899.2m)到着。穏やかな天候のせいもあり、多くの方が寛いでいました。
Amida47

この厳冬期に赤岳山頂でカップラーメンを食べられるとは!
Amida49

13時になりました。食べたり飲んだりうたた寝したり、、、45分も停滞してしまいました。まだ富士山も良く見えていますが、そろそろ帰途につくことにします。
Amida50

気温も-8度程まで上がっています。何より強風が殆ど無いのがうれしいです。
Amida51

長い下山の始まりです。雪は少なめですがしっかり凍っていますので足元に気を付けながら・・・
Amida52

本当に穏やかな天候の稜線です。でも雪もまだ少ないですね。
Amida53

天望荘まで下りてきました。
Amida54

野辺山方面の眺めです。
Amida55

今晩までが年末年始営業期間の赤岳天望荘。泊まっている方々、、、明日は天気悪そうなのになぁ・・・
Amida56

エビの尻尾も全くありません。去年はこんなだったのに・・・ (厳しい寒さの稜線をご覧になりたい方はこちらを・・・)
Amida57

赤岳と富士山の図です。
Amida58

お地蔵さんも穏やかです。
Amida59

地蔵尾根を下ります。出だしは結構細いです。
Amida60

最初の岩場を通過し・・・
Amida61

適度に柔らかく、一気に下っていけます。
Amida62

途中のお地蔵さんも平和そうです。
Amida63

鉄階段もずいぶん出ていました。
Amida64

山頂から50分程で行者小屋まで下りてきました。時間もあるし景色も良いのでホットコーヒータイムです。
Amida65

帰途には、まだ寄った事の無かった南沢の氷瀑に寄ってみました。
Amida66

アイスクライミングには最適の氷瀑ですね。
Amida67

南沢小滝、なかなか立派でありました。大滝の方は人が沢山いたのでパス!
Amida68

スタート地点に戻って来ました。
Amida70

無事に下山であります。10時間10分、意外と歩いた一日でした。
Amida69

おしまい。

|

« 乗鞍岳 積雪期2 ~剣ヶ峰へ | トップページ | 阿弥陀岳に登って来ました »

コメント

素晴らしい眺めですね
こんな穏やかな日に登ることができたら
雪山の虜になっちゃうでしょうね
雪崩の危険の察知など、
冬山ならではの知識と経験
あひるさんと一緒なら安心ですね
北アルプスの眺め、一度は見てみたいデモのです

投稿: よしくに | 2013年1月28日 (月) 06時33分

■よしくにさん、こんにちは。
いえいえ、、、私なんぞ雪山経験全然無い方ですので
経験値なぞ低いものです。
とにかく基礎に忠実にいくだけかとcoldsweats01・・・

晴天の日の雪山は本当に気持ち良いです。
でもこの時も翌日は大雪でしたからね・・・
天気を読むにも毎回が良い勉強の機会なのです。

投稿: あひる→よしくにさん | 2013年1月29日 (火) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乗鞍岳 積雪期2 ~剣ヶ峰へ | トップページ | 阿弥陀岳に登って来ました »