« 4年ぶりの北穂池 | トップページ | 北穂池2 北穂池~南岳 »

2012年10月 1日 (月)

北穂池1 涸沢~北穂池

9月15~17日にかけて、北穂池に向かいました。行程二日目の「涸沢→北穂池→南岳」のみをコンテンツ化しました。

9月16日早朝。朝日に照らされ燃え上がる穂高の峰々です。今日は北穂池を経由して南岳に向かいます。北穂池に行くのは4年ぶりです。前回は一人でしたが今回は山友達と一緒なので気持ちがだいぶ楽です。
Kitaho01

涸沢岳(3,110m)です。右側の尖がりは涸沢槍です。
Kitaho02

北穂高岳(3,106m)です。どっしりしてます。
Kitaho03

朝日も出きって明るくなりました。ちょっとノンビリし過ぎた感もありますが出発です。まずは正面右側に連なる北穂高岳東稜に向かいます。
Kitaho04

それにしても色とりどりのテント群です。
Kitaho05

まずは北穂高岳に向かう一般登山道を1時間ほど登ります。
Kitaho06

北穂高岳南稜に向かう登山道、ハシゴ付近は大渋滞しているようです。
Kitaho07

ここから一般登山道を離れて東稜に進路を変えます。
Kitaho08

※ここから先はバリエーションルートです。指導標も何も無い、自分でルートを考えながら進まなくてはならないルートです。岩は浮き石だらけで大変不安定で、踏み跡もあまりはっきりしていません。岩登り、ハイマツ漕ぎもあり、適切なルートファインディングを行わないと行き詰ります。もし怪我して動けなくなっても殆ど人も通りません。普通の登山道のつもりで安易に入るのは大変危険です。※

連休という事もあり、東稜「ゴジラの背」に向かうパーティが何組か先行しています。同じルートは落石が怖いので中央の支尾根を攀じるルートをとることにしました。
Kitaho09

登り切って同行者を待ちます。草付きのスリップさえ気を付ければそんなに厳しい登りではありません。
Kitaho10

東稜に登りつきました。最高の天気です。真ん中のゴツゴツしたあたりが「ゴジラの背」です。
Kitaho11

南アルプスと富士山の眺めがステキです。
Kitaho12

富士山(3,776m)のアップです。
Kitaho13

涸沢と前穂高岳北尾根をバックにさらに上を目指します。
Kitaho14

少し登った辺りで、東稜を離れて北穂池方面に降下を始めます。
Kitaho15

この辺りはのどかに草が生い茂る静かな所です。「ゴジラの背」とはおさらばです。(「ゴジラの背」を覗いてみたい方はこちらへどうぞ。)
Kitaho16

普段見ない角度で南岳が大きく聳えています。背後にちょこんと槍ヶ岳が見えています。ここからですと槍ヶ岳は脇役ですね。右下遥かに、これから向かう北穂池が見えています。
Kitaho17

さぁ、降下開始です。東稜から標高差400mを一気に下ります。それにしてもまたしても水が無い・・・
Kitaho18

下ってきたルートを見上げた図です。
Kitaho19

やがてガレ場は終わり、微妙に別れる分岐を左寄りの藪に突入します。
Kitaho20

若干の踏み跡があるのでそれに従いながら、こんな感じの藪をかき分けていきます。
Kitaho21

同行者も頑張っています。
Kitaho22

この辺りからの南岳の姿も立派です。
Kitaho23

藪の中で進路を180度反転し、ガレ場への急下降に入ります。
Kitaho24

滑落しないように足場の悪い急斜面を下ります。
Kitaho25

続いて、浮き石だらけの陰鬱な沢を下っていきます。時折左岸の草付きに逃げますが、こちらはこちらで滑りやすくなかなか難渋します。
Kitaho26

だいぶ下ってきました。
Kitaho27

もうすぐ開けた所に出れます。
Kitaho28

途中で沢から西側に離れ、草付きを横断します。この草付きというのが曲者で、草の根元は岩がゴロゴロで歩きにくく、滑りやすいのです。
Kitaho30

やっと草付きから解放されました。大キレットと南岳を眺めながら小休止。
Kitaho32

開けた所といっても、足元はずーーとこんな感じの岩場です。不安定な岩も多く、足をかけたらゴロンといくものも沢山です。転んだら軽く骨折→動けない→遭難・・・、なので一歩一歩を真剣に下ります。
Kitaho33

見上げると遥か稜線に北穂小屋が見えています。
Kitaho34

北穂池に向けて再度沢筋を下ります。(前回は最短と思しきルートに突っ込み藪漕ぎで苦労したので、今回は少し遠回りして藪漕ぎを避けました。)
Kitaho35

中央の鞍部が大キレットです。日本離れした雄大な素晴らしい景色です。
Kitaho36

間もなく北穂池(一ノ池)に到着です。
Kitaho37

北穂池2 北穂池~南岳 へ続く・・・

|

« 4年ぶりの北穂池 | トップページ | 北穂池2 北穂池~南岳 »

コメント

一度は訪ねてみたいと思いますが
なかなか厳しい道ですね
私は、ガイドを付けないと無理かな?
後半も楽しみにしてます

投稿: よしくに | 2012年10月 1日 (月) 07時13分

■よしくにさん、こんにちは。
涸沢からのルートは結構厳しいと思います。
思い返すと1回目はよく一人で行ったなぁ、とcoldsweats01・・・
後半もお楽しみに!

投稿: あひる→よしくにさん | 2012年10月 4日 (木) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4年ぶりの北穂池 | トップページ | 北穂池2 北穂池~南岳 »