« 厳冬期 八ヶ岳 赤岳横岳縦走-2 | トップページ | 乗鞍岳 »

2012年3月 3日 (土)

檜洞丸 雪山記

今週は丹沢方面で結構雪が降ったとの事。"神奈川県で雪山"を楽しむべく西丹沢に向かいました。 予報では8時過ぎから晴れだったのですが、ほんの少し雨もパラつく不穏な天気です。 ウェルキャンプの敷地内を通りツツジ新道に抜ける道があるというので、今日はそのルートで檜洞丸に向かいます。
Hinokibora01

キャンプ場の施設を抜け、河原を進むと、山の斜面に付けられた巨大なジグザグ道路が現れました。道路際は柵も無く怖くなるような高さです。
Hinokibora02

昨晩雪が降ったようで、河原にも沢山雪が残っていました。
Hinokibora03

歩き始めからこの雪。期待感も高まります。
Hinokibora04

道は正面尾根の上に付けられているツツジ新道に向かいます。
Hinokibora05

のっけから急階段と急な登りです。
Hinokibora06

ツツジ新道に合流しました。
Hinokibora07

お! コゲラ君が活動中。
Hinokibora08

ゴーラ沢出合に着きました。ここからが本格的な登りです。
Hinokibora09

出だしは階段です。意外と雪が少ない。
Hinokibora10

青空が顔を出して来ました。
Hinokibora11

ゴーラ沢から標高差300m程登った1,030m辺りから雪が増えてきました。
Hinokibora12

展望台(富士見台)到着。雪はタップリです。うれしい!
Hinokibora13

雲間から富士山がちょこっと顔を出してくれました。恒例(?)の富士山山頂アップ写真。毎度の事ながらコンデジPowerShot SX230のズーム力には感嘆します。
Hinokibora14

日差しも出て来て気持ち良い山行になりました。
Hinokibora16

途中のクサリ場を越えて・・・
Hinokibora18

時々ヒザ位までズボッと埋まる感じです。
Hinokibora19

樹木に着いた粗氷がとてもきれいです。
Hinokibora20

もう一つの展望台に着きました。ここでしばし休憩。
Hinokibora21

暖かい日差しが出てきました。木々の枝で成長したおびただしい量の粗氷が音を立ててパラパラと落ちてきました。
Hinokibora22

上部の階段も殆どは雪の下です。
Hinokibora23

西丹沢県民の森,箒沢方面から来る石棚尾根に合流です。
Hinokibora24

向こう側、箒沢の方にはトレースがありません。
Hinokibora25

無風の中、気温の上昇で、周り中に落ちてくる粗氷。キラキラと輝きながら、粗氷同士がぶつかる音が一面に響き渡り、とても幻想的な世界でした。こんな光景見たの初めてかもししれません・・・
Hinokibora26

間もなく山頂です。丹沢とは思えない素敵な雪山です。
Hinokibora27

こんな景色に歩みも遅くなります。
Hinokibora28

檜洞丸山頂に到着しました。少しガスが出てきました。
Hinokibora30Hinokibora31

数組のパーティが寛いでいました。
Hinokibora29

少し東側に下った所にある青ヶ岳山荘の方に行ってみましょう。
Hinokibora32

檜洞丸の山頂から蛭ヶ岳側に一歩下ると面白い程の深い雪でした。
Hinokibora33

雪に眠る青ヶ岳山荘。裏にあるバイオトイレはキチンと使えるようになっていました。(考えてみれば普段はこんなに雪があるわけでは無いですからね)
Hinokibora34

山荘から檜洞丸山頂に戻ります。
Hinokibora35

ガスがかかってきてもキレイです。
Hinokibora36

今日はこのままガスに閉ざされてしまいそうなので帰途につきます。下山開始。
Hinokibora37

一段下ると少し晴れてきました。山頂辺りのみガスがかかっていたようです。
Hinokibora38

また日差しが出て来ました。
Hinokibora39

コバイケイソウの上に掛けられた木道が辛うじて雪面に出ている位の深さです。
Hinokibora40

隣に見えているのは同角ノ頭(1,491m)です。これ以東の遠望は全然利きません。
Hinokibora41

下山はアイゼンの歯に助けられて軽快に下れました。
Hinokibora44

ゴーラ沢まで下って来ました。向かいには畦ヶ丸から権現山への稜線が見えています。
Hinokibora45

ミツマタのつぼみが沢山出来ていました。もうすぐ春ですね。
Hinokibora46

おしまい。

|

« 厳冬期 八ヶ岳 赤岳横岳縦走-2 | トップページ | 乗鞍岳 »

コメント

檜洞丸は、夏と秋にヤビツ峠から縦走しゴーラ沢に下りました。これだけ雪が積もると
違う山のようです。
粗氷の醸し出す幻想的な世界
何となく想像できるけど、
味わってみたいものです
いつも楽しませていただき
ありがとうございます

投稿: よしくに | 2012年4月 3日 (火) 07時32分

■よしくにさん、こんにちは。
ヤビツからゴーラ沢までとは長丁場ですねー。
アップダウンの連続で疲れそうですcoldsweats01

西丹沢は雪が積もると全く違う様相の山に
なってしまうので、週末近くに雪が降ると、
行きたくてウズウズしてきます。

粗氷が散る様は本当に素敵でした。
動画もあるので、、、 公開してみようかなぁ・・・

投稿: あひる→よしくにさん | 2012年4月 5日 (木) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 厳冬期 八ヶ岳 赤岳横岳縦走-2 | トップページ | 乗鞍岳 »