« 厳冬期 八ヶ岳 赤岳横岳縦走-1 | トップページ | 檜洞丸 雪山記 »

2012年2月12日 (日)

厳冬期 八ヶ岳 赤岳横岳縦走-2

・・・厳冬期 八ヶ岳 赤岳横岳縦走-1 より続く

昨晩の夕陽をうけて、二日目はこんなに良い天気!・・・になったのは10時半頃でして、朝方は・・・
Yoko077

夜中は満天の星空だった、という話を聞きながら外を見てみると・・・強烈な風と雪が吹き付けていました。天気図的には9時以降には好天しそうなのですが・・・。他にも横岳に向かったパーティもいるようですし、取り敢えず横岳に向かいました。
Yoko049

地蔵尾根分岐です。
Yoko050

お地蔵さんの顔が全面尖ったエビの尻尾化・・・怖っ・・・
Yoko051

地蔵尾根分岐を過ぎると、トレースも心細くなってきます。二十三夜峰の蔭から先を望んだ図です。
Yoko052

日ノ岳ルンゼに着きました。先行した二人組が核心部を登っています。
Yoko053
核心部の一つではありますが、雪の状態も良く登りやすかったです。

ルンゼを登り切った所で赤岳に向かうパーティとすれ違いました。ルンゼの登りでゴーグルが完全に曇って凍り、使い物にならなくなりました・・・吹雪の中で裸眼はキツイ・・・
Yoko054

日ノ岳を登り切り、茅野側斜面のトラバースに入ります。左側は谷ですから充分気を付けて進みます。
Yoko055
途中鎖が途切れた辺りはトレースも消え、ピッケルの跡だけが頼り・・・。斜面を少し進むと再び鎖が現れ、峰岳に向かっての直上に入ります。

この辺りから横岳にかけては吹きっさらしの稜線を進むので、まぁ風の強い事・・・風速は常時20m/s位はあったと思います。トレースもきれいに無くなっていました。ザックに付けた温度計はマイナス18~20℃を示していました、体感温度はマイナス38~40℃になります。
やがて三叉峰。杣添尾根の分岐点ですが何も見えず・・・
Yoko056

黙々と稜線を進むとハシゴが現れました。これを越えれば横岳山頂のハズです。
Yoko057

厳冬期の横岳(2,829m)到着。先行していたパーティに追いついたので写真を撮ってもらえました。
Yoko059

滅多にないあひる写真(^^;
Yoko058_2

横岳からの下りは細いリッジ状を進みます。先行した二人が左眼下のカニの横這い地帯を進んでいます。
Yoko060

リッジです。左右はスッパリ切れているので風に飛ばされないよう注意して進みます。
Yoko061

一段下って茅野側のトラバース カニの横這いです。すごくキワドク見えますが、足場はとてもしっかりしており難なく進みます。
Yoko062

稜線をまたいで野辺山側のトラバースに入りました。こちらもさっさと通過。
Yoko063

ここから硫黄岳までは一番の強風地帯です。コースを示す鉄杭につく巨大なエビの尻尾でその風の強さがわかると思います。体を風上側に30度位倒してちょうど良いくらいの強風です。
Yoko064

硫黄岳山荘に着きました。冬期休業中です。
Yoko065

硫黄岳への登りに入ります。氷柱と化したケルンに導かれながら進みます。少しガスが薄くなってきました。
Yoko066

間もなく硫黄岳山頂です。なんとなく空も明るい・・・晴れるかな?Yoko067

硫黄岳到着。一気にガスが吹き飛びだしました。
Yoko068

硫黄岳の爆裂火口が姿を現しました。
Yoko069

天気が一気に好転!北八ヶ岳の穏やかな峰々も姿を現しました。
Yoko070

直前までのガスがうそのようです。温かそうに見えますが強風超寒です。
Yoko071

歩いてきた赤岳からの稜線が姿を現しました。あと2時間早く晴れてくれればなぁ・・・。
Yoko072

赤岩の頭に向かって下り始めます。
Yoko073

赤岩の頭。
Yoko074

下って来た硫黄岳を振り返ります。きれいな稜線です。
Yoko076

ここからは稜線の陰に入るので無風地帯です。沢山の樹氷(モンスター)達が迎えてくれました。
Yoko078

さっきまでの劇風がウソのようです。気温は低いままですが日差しが温かいです。
Yoko079

樹氷がとてもきれいで見入ってしまいます。
Yoko080
Yoko081

赤岳鉱泉に向けて林間地帯に入ります。
Yoko082

樹間からの赤岳です。雪煙が巻き上がる稜線は相変わらず風が強そうです。
Yoko083

大同心と小同心です。氷の彫刻のようです。
Yoko084

赤岳鉱泉まで下ってきました。せっかくなので暖をとる事とし、昼食にカレーを所望しました。シアワセなひと時です。
Yoko085

「カレー下さい」というと「どれにしますか?」と・・・
見るとバリエーションが沢山ありました。最近の山小屋は凝ってますねー(^^)
Yoko086

今日もアイスキャンディーでアイスクライミングに興じる方々が・・・。この晴天の中、楽しそう・・・
Yoko087

後ろ髪をひかれながら美濃戸への下山の途に着きました。
Yoko088

美濃戸に到着です。阿弥陀岳がきれいです。
Yoko089
悪天候から一瞬で快晴になった八ヶ岳。天気図通りに変わってくれたので良かったですが、一瞬で悪天候となる「逆」もあることを肝に銘じておかねばなりませんね。

あれ?駐車場の脇を横切るものが・・・
Yoko090

ニホンカモシカさんですね。
「お疲れさん、気を付けて帰れよ!」と言ったかどうか・・・
Yoko091

おしまい。

|

« 厳冬期 八ヶ岳 赤岳横岳縦走-1 | トップページ | 檜洞丸 雪山記 »

コメント

すっごいかっちょえーです‼
厳冬期の八ヶ岳!憧れるだけでとても行かれそうはありませんが、来年はしらびそ小屋へスノートレッキングしたいです♩
あひるさんには刺激が足りないとは思いますが、ストーブで焼かれる厚切りトーストを食べに行きませんか☆

投稿: しま | 2012年3月17日 (土) 12時00分

■しまさん、こんにちは。
数年前から少しずつ難しい所に行き、
昨年の天狗岳、今年の赤岳に次いで、
目標の横岳縦走に辿り着けました。
ここまで行けば一区切りでしょうか・・・
冬のしらびそ小屋は是非行きたい場所の一つです
是非来シーズンは行きたいですね。

投稿: あひる→しまさん | 2012年3月18日 (日) 01時10分

よくぞご無事で と言いたいところですが
アヒルさんにとっては
なんて事ないんだろうな~
天気図を呼んでのことでしょうが
あの悪天の中に出ていくのは怖いな~
それでも、その後の青空は感動ものですね
厳冬期の八ヶ岳 疑似体験した感じです
ありがとう!!

投稿: よしくに | 2012年3月18日 (日) 07時07分

■よしくにさん、こんにちは。
「どうしようかな」とも思ったのですが・・・
長距離でも無いしイザとなったら地蔵尾根まで
戻れば、という気持ちで出かけました。
前日、横岳方面から来た何人かの方に
コース状況は聞いていたので、
比較的安心していました。
文中にも書きましたが・・・
あと2時間早く晴れてくれれば・・・bearing

投稿: あひる→よしくにさん | 2012年3月21日 (水) 01時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 厳冬期 八ヶ岳 赤岳横岳縦走-1 | トップページ | 檜洞丸 雪山記 »