« 九寨溝&黄龙 | トップページ | 薬師岳縦走-1 折立~薬師岳山荘へ »

2011年7月17日 (日)

「東鎌尾根を下る」掲載しました

2007年8月の北鎌尾根山行記の最後の部分、槍ヶ岳から「東鎌尾根を下る」をやっと掲載、完結しました。普段上高地からの往復で槍沢を通るのとはまた違った雄大な眺めが望めるコースです。通ってみてはいかがでしょう?

併せて北鎌尾根本編もBlog内の写真画像を大きいサイズに変更しました。

|

« 九寨溝&黄龙 | トップページ | 薬師岳縦走-1 折立~薬師岳山荘へ »

コメント

お久しぶりです。
北鎌尾根本編また見てしまいました。
改めてすごい所ですね。
北方稜線とともに行ってみたいところベスト2です。
今年の夏は6年ぶりに横尾本谷に行く予定です。その足慣らしで先週 阿弥陀岳中央稜に行ってきました。
南稜の樋のような悪場もなく眺めも良くて快適なスカイラインでした。でも静かな山行を期待していたのに(人には遭いませんでしたが)虻が大発生していて立ち止まるのもうっとおしいくらいで落ち着かなかったですね。今年は梅雨明けから異常らしいですよ。

投稿: SF | 2011年7月23日 (土) 22時59分

■SFさん、こんにちは。
コメント遅れて失礼しました。
私もリメイクしながら何回も見かえしてしまいました。
また行きたい気も半分、あのキツサはもう・・・と思う気も
半分です。独標ビバークで行ったら楽しいかな・・・
北鎌、北方稜線とも是非行かれてみてください!

虻はイヤですね・・・チクッと刺してくるし。
以前八ヶ岳やまのこ村駐車場で沢山いて難渋した事を思い出しました。
本来静かなバリエーションルートで落着けないのは残念でした。
某ガイドさんが中央稜のふもとでクマを見たような事を
言われていて、なかなか足が向かないでいましたが、
(虻を除けば)行ってみたくなりました。

投稿: あひる→SFさん | 2011年7月30日 (土) 08時22分

昨日、涸沢より帰って来ました。
あひるさんのアドバイスありがとうございました。
日程の都合上アドバイスをいただきましたが、逆コースで北アルプスの一部を堪能したと感じてます。

先ずはお礼のメールでした。

落ち着いて、書く気分になったときに
詳しく、直接あひるさんへお礼のメールを
送りますので!

投稿: 酒侍 | 2011年9月13日 (火) 20時49分

■酒侍さん、こんにちは。
お疲れ様でした。
吊り尾根は楽しめましたでしょうか?
逆ルートですと、核心部が全て登りになるので
歩き易かったでしょうか?
でも重太郎新道の登りはきついですね・・・
是非、色々なエピソードをお教え頂ければ幸いです。

投稿: あひる→酒侍さん | 2011年9月18日 (日) 16時53分

あひるさん連絡遅く申し訳ございませんでした。

当初の予定が台風でずれたのですが1週間後に計画通りに夜行バスで朝から涸沢へ入る予定でした。
そして奥穂→前穂→重太郎新道のつもりでしたが、夜行バスの当日券は販売されてないとの事。
全て予約制でした。
ガックリでした。
もっとも詳しく調べなかった当方の責任。
急遽翌日の早朝出発に変更しました。
で・・・宿泊する小屋と歩ける時間を考えると逆コース
が楽かなあと。
また疲れた身体(多分)に、あの急な下りは例え修行と云えども、初心者の自分には・・・と
これも天の導きと気楽に考えて、コース変更しました。
丹沢の大山から初めて早9箇月。よくぞここまで50後半のジジイがと我ながら感心してます。
・・・しかし帰ってきてからカミさんへ・・・
「今月中に大キレットだけ行きたい!来年の夏のボーナス(こずかい)前借りお願い!」
と言ったところ、「駄目!」の一言で見事に滑落しました。武道修行として山に入りし貧乏侍こと酒侍。
あひる師匠のアドバイスを肝に命じつつ、忘れ得ぬ
体験をまた一つ積み上げた次第です。
ありがとうございました。

投稿: 酒侍 | 2011年9月19日 (月) 12時10分

■酒侍さん、こんにちは。
お疲れ様でございました。
怪我もなく下山出来て良かったです。
山は楽しめましたでしょうか?
最後にご自宅で滑落されたとのこと・・・
武士といえども厳しい現実でしょうか。
山は逃げませんので、毎年少しずつでも良いと思います。
本当のヤマで滑落しないようにお楽しみ下さい。

投稿: あひる→酒侍さん | 2011年9月24日 (土) 07時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九寨溝&黄龙 | トップページ | 薬師岳縦走-1 折立~薬師岳山荘へ »