« 六百山~霞沢岳縦走 前篇 | トップページ | 六百山 »

2011年5月15日 (日)

六百山~霞沢岳縦走 後篇

・・・六百山~霞沢岳縦走 前篇 より続く

六百山から2時間20分程でK1ピークに到着しました。逆S字に延びる稜線の先端が六百山、結構近くに見えるのですがずいぶん時間かかりました。これからK2を経て霞沢岳に向かいます。
Roppyaku42

こちらは徳本峠からの稜線、一般登山道ですが、まだ雪に閉ざされています。
Roppyaku43

中央に見えるのがK2ピーク、左寄り大きな雪庇を抱くのが霞沢岳、まだまだありますね。
Roppyaku44

K1ピークから先、霞沢岳までは一般登山道になるので、格段に歩きやすくなりました。道普請して下さる山小屋関係者の方々に感謝感謝です。
Roppyaku45

20分程でK2に到着しました。
こちらは振り返って見たK1の図。なかなか立派なピークです。かなり大きな雪庇が残っていますね。
Roppyaku75

こちらは目指す霞沢岳です。上高地側(写真右側)と反対側で全然雪の量が違います。K2に荷物をデポして霞沢岳に向かいます。
Roppyaku46

霞沢岳山頂直下の大きな雪庇までやってきました。
Roppyaku55

霞沢岳(2,646m)に到着しました。
Roppyaku52

ここまで来ると南側の景色が開けます。乗鞍岳が雄大です。
Roppyaku48

焼岳です。ここから見る焼岳はとても大きく見えます。山頂部をアップにしてみると、活発に噴煙を上げていますね。
Roppyaku49

霞沢岳の山頂も結構狭目です。
Roppyaku53

K2までは来た道を戻ります。中央右寄りの緩やかなピークがK2です。それにしても穂高の眺めが良いです。奥穂高岳の山頂をアップにしてみると・・・祠と方位盤が見えています。
Roppyaku54

K2の山頂に戻ってきました。西穂の稜線とその向こうの笠ヶ岳を眺めながら食事&休憩タイムです。15分程昼寝しましたが風も無くなんとも気持ちよかったです。
Roppyaku74

帰路は八右衛門沢を下ります。K2から登山道を少し戻った所が沢への入り口。

※ここから下る八右衛門沢はバリエーションルートです。指導標も何も無い、自分でルートを考えながら進まなくてはならないルートです。落石も大変多い沢ですので、充分注意が必要です。普通の登山道のつもりで安易に入るのは大変危険です。※

上高地まで標高差1,100mを一気に下ります。うー、膝に来そうです・・・
Roppyaku58

急です・・・
Roppyaku59

時々立ち止まって穂高を眺めました。
Roppyaku60

300m程下ってきました。ブッシュが出て来てはいますが、雪がつながってくれているので快適です。
Roppyaku61

この辺りで北側から来た隣の沢と合流。そちらを見上げると巨大な尖岩峰がありました。一般登山道の脇にあったら、命名されて見所になっていただろうなぁ、と思えます。
Roppyaku62

八右衛門沢はどんどん狭まって来ました。こんな所で雪崩に襲われたら逃げられませんね。
Roppyaku63

落石があちこちに転がっています。殆ど下の方まで雪渓がつながっており、快速で下る事が出来ました。但し、随所で雪が割れてきていますので要注意です。
Roppyaku64

下ってきた八右衛門沢を振り返りました。ふぅ、疲れた・・・
Roppyaku65

フキノトウがたくさん咲いていました。春ですね。雪の世界から下ってくると新芽の緑が目に眩しいです。
Roppyaku66

アートにさえ見える、林立する砂防施設・・・
Roppyaku67

K2から1時間半で上高地に下りてきました。
Roppyaku68
11時間半、長いけれど充実の六百山~霞沢岳周回でありました。

昨晩お世話になった西糸屋山荘さんと穂高岳。今日は一日雲がかかる事もなく顔を見せてくれていました。
Roppyaku72

西糸屋山荘さんでお風呂を頂いて帰りました。湯船から奥穂高岳、吊尾根を眺められるとても良いお風呂で、気分も上々です。
Roppyaku69

早朝4:30誰もいない河童橋で始まった一日は、
夕刻17:45誰もいなくなった河童橋で締めくくりです。さぁ、帰ろう・・・
Roppyaku71

おしまい。

|

« 六百山~霞沢岳縦走 前篇 | トップページ | 六百山 »

コメント

凄い下り、よくぞご無事で と言う感じですね
雪崩れたら本当に逃げ切れない


最後のお風呂は、私も入ってみたい
穂高を見ながらの湯船なんて最高ですね

上高地では、崖崩れで、千人以上が孤立
これから、梅雨も本番 これからも心配ですね

投稿: くに | 2011年6月24日 (金) 06時36分

■くにさん、こんにちは。
ここは上高地と霞沢岳を結ぶ最短ルートなのですが、
雪崩の時期、悪天候後等は危なそうな沢です・・・

上高地の件は心配ですね。まだ梅雨本番前ですし・・・
早く復旧して欲しいですね。
安全に作られているはずの一般道でも簡単に
自然の猛威を受けるのですから、こちらの
バリエーションルートはなおさら怖いですね。

西糸屋さんのお風呂は是非行かれてみて下さい。
お風呂から出たくなくなりますよgood

投稿: あひる→くにさん | 2011年6月26日 (日) 07時45分

先週、震災以来初めての大きな山
飯豊の急登しかも直登に大分あえぎましたが、杁差岳で ハクサンイチゲの花園を楽しんできました。デジブック作ってみたので、暇なときにでも、30日限定後悔です
http://www.digibook.net/d/8f15ed37815e8ca168b75fd04ede0724/?viewerMode=fullWindow&isAlreadyLimitAlert=true

投稿: くに | 2011年6月28日 (火) 07時21分

あまり見ることのない角度からの写真、とても新鮮です。
そして、このコース、かなり魅惑的ですね!
それにしても、強者揃いのパーティ山行、凄いです!

投稿: 寅次郎 | 2011年6月28日 (火) 21時37分

■くにさん、こんにちは。
デジブック拝見しました。ピアノの音色をバックに
登山気分を味あわせて頂きました。
ハクサンイチゲのお花畑もとてもきれいでしたconfident
デジブックもなかなか良いですねー
いいものを見せて頂き、ありがとうございました。

投稿: あひる→くにさん | 2011年6月30日 (木) 23時15分

■寅次郎さん、こんにちは。
きっと寅次郎さん好みのコースだと思います。
最初と最後のウダウダ歩きが無いのもナイスです。
そして・・・寅次郎さんは充分"強者"だと思いますですよhappy02

投稿: あひる→寅次郎さん | 2011年6月30日 (木) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六百山~霞沢岳縦走 前篇 | トップページ | 六百山 »