« 明神岳コンテンツリニューアル | トップページ | 六百山~霞沢岳縦走 後篇 »

2011年5月15日 (日)

六百山~霞沢岳縦走 前篇

上高地 河童橋から見上げる穂高の峰々・・・とは反対側を見上げると、間近に聳える高い峰が・・・それが六百山(2,449,9m)です。まだ雪渓がつながっていて登りやすいハズのこの時期、登山道の無い六百山を目指しました。
Roppyaku01
普段はこちら側は眺めませんよね。中央右寄りのひときわ高い山が六百山です。

河童橋そばの公衆便所の脇にこんな沢があります。ここが六百山への入り口なのです。穂高の峰々と違い、上高地からすぐに登り出せる点は魅力的。
Roppyaku02

六百山はバリエーションルートです。指導標も何も無い、自分でルートを考えながら進まなくてはならないルートです。岩は浮き石だらけで岩雪崩的に流れますし、雪渓のあるこの時期も劇急雪渓登りが続きますので、適切なアイゼン、ピッケルワークが必要です。岩登り、ハイマツ漕ぎもあり、適切なルートファインディングを行わないと行き詰ります。普通の登山道のつもりで安易に入るのは大変危険です。※

巨大な砂防ダムの縁を登って行きます。今回ご同行はたけご夫妻。お二人ともバリエーション大好きなのです。
Roppyaku03

最初のうちは枯れ木の中を登って行きます。防災用の設備の脇を過ぎていきます。
Roppyaku04

1時間弱登ると一面雪になってきました。この辺りからアイゼン装着です。下から見ると全然雪が無さそうでしたが意外です・・・
Roppyaku05

これから登る中畠沢です。雪渓が続く最上部まで標高差300mの急登です。
Roppyaku06

一気に高度を稼いで来ました。それにしても急です・・・足を滑らせたら谷底まで一直線。
Roppyaku07

間もなく雪渓の頂点に着きます。
Roppyaku08

ここからは南側の尾根にのりますが、雪渓から出ると今度はガレガレ・・・。一歩踏み出すとガラガラっと岩が雪崩る浮石だらけの斜面です。
Roppyaku10

顔を上げると朝日を浴びて輝く穂高の峰がありました。この角度から見る岳沢+奥穂高岳、新鮮です。
Roppyaku11

中畠沢南側の尾根上まで、少々よろしくない所を登ってしまったようで、うるさい藪に難渋しました。
Roppyaku12

しばらく登って尾根上に着くと確かな踏み跡、さらに少し登ると赤テープがありました。
Roppyaku13

南側には今日の下りに使う予定の八右衛門沢が見えてきました。あちらもまだ雪がつながっている模様です。雪渓が稜線まで出ている部分の左側がK2ピークです。
Roppyaku14

ここからは急な岩場の登りとなりました。ここも顔を上げると・・・
Roppyaku15

焼岳と上高地の雄大な眺めです。すごい!
Roppyaku16

左側の三角ピークの直下にオレンジ色のウェアの方が見えています(写真をクリックすると大きな写真が開くので判りやすいと思います)。先発している方々のようです。ここからはさらに急登の始まりです。
Roppyaku17

最初は灌木混じりの草付きをジグザグに登って行きます。
Roppyaku18

西穂高岳の稜線の向こうに笠ヶ岳が見えてきました。眼下の上高地が箱庭のようです。右下の赤い屋根は河童橋脇の白樺荘、その手前に河童橋も見えていますね。左下は帝国ホテルの赤い屋根ですね。
Roppyaku19

岩場を攀じり、どんどん高度を稼いでいきます。
Roppyaku20

登っている時は岩との向き合いですが、止まって振り返るたびにこの景色は素晴らしいです。
Roppyaku21

一か所、行く手を岩壁に阻まれた所がありましたが、北側を回り込むとすぐに直上する踏み跡を発見。この辺りが垂直に近い感じの登りになる部分です。灌木等助けになるものが多いので結構楽に登れました。
Roppyaku22

言葉を失う絶景。
Roppyaku23

あと少しかな、と尾根を回り込むと・・・うわっ・・・ピークまでハイマツ漕ぎの模様。
Roppyaku24

焼岳の向こうに乗鞍岳も見えてきました。たけ夫妻は身長程もあるハイマツと格闘中。
Roppyaku25

この辺り、ハイマツの中を覗いてみると踏み跡はしっかり出来ているので、そこを辿ればハイマツの根を傷つける事無く進めます。とはいうものの、縦横に出ているハイマツの枝をかき分けながら進むのはかなりの労力でした。
Roppyaku26

ハイマツ帯から飛び出すと六百山 山頂に到着。
Roppyaku27

ここからの穂高の眺めは最高です!
上高地のすぐそばにこんな絶景ポイントがあるとは・・・。と言っても上高地から4時間かかる厳しい道のりでしたが・・・
Roppyaku28
向かい側にある明神岳から眺めた六百山はこんな感じです。立派なり・・・

いつまでも見ていたい上高地と山々の眺めです。
Roppyaku29

霞沢岳まではまだまだ長い行程なので早々に出発です。ここからは再度アイゼンを装着して雪上歩きです。右奥のピークが先程も見えていたK2、その左側きれいな三角錐がK1ピークです。
Roppyaku30

涸沢方面との行き来でいつも歩いている梓川流域の眺めです。こちらも新鮮な眺め。中央奥のピークは常念岳ですね。
Roppyaku31

稜線はだいぶ雪が減っており、時々ハイマツ帯の横断がありました。
Roppyaku32

青空が気持ち良いです。
Roppyaku33

歩きながら北側の眺めです。真ん中のこんもりがジャンクションピーク、左側の鞍部には徳本峠小屋の真新しい赤い屋根が見えました。
Roppyaku34

気持ち良い稜線漫歩です。
Roppyaku35

K1ピークまでは近そうに見えるのですが、なかなか近付きません。この少し先に三本槍(1998年の上高地群発地震により真ん中の一本の半分が崩れて今は二本槍)があるハズなのですが、稜線に雪がついておらずトラバースで進んだため見逃しました。
Roppyaku36

緩んでいる雪のアップダウンで結構疲れます。
Roppyaku37

ひたすら続くトラバース・・・
Roppyaku38

途中でハイマツ帯を横断して稜線に戻ると、眼前に立派な3つの岩峰。一番右が地図に記載されている2,514ピークです。(ここを三本槍を勘違いするケースが多いみたいです。)穂高の峰々をバックに迫力の岩峰。上高地のすぐ上にこんな世界があったとは驚きです。
Roppyaku39

ここからK1ピークまでは、穂高らしい(?)岩稜帯に入ります。上高地側は鋭く切れ落ちている稜線をハイマツに助けられながら直上したり・・・慎重に進みます。なんか北鎌尾根の稜線歩きを彷彿とします。
Roppyaku40

細い稜線の向こうはK1ピーク。もう一息です。
Roppyaku41

六百山~霞沢岳縦走 後篇 へ続く・・・

|

« 明神岳コンテンツリニューアル | トップページ | 六百山~霞沢岳縦走 後篇 »

コメント

結構、キツイところですね。
直登も大変だし、徳本峠から入っても
結構しんどそうですね。
でも登ってみたくなりました。
後編期待しています。

投稿: しおしお | 2011年6月13日 (月) 21時53分

高度感あり、凄い道ですね(道はないか)
素晴らしい写真楽しませていただきました
改めて、アヒルさん すごい!!

投稿: くに | 2011年6月14日 (火) 06時57分

目まぐるしく表情の変わるルート!?に、
めまぐるしく表情の変わる風景。
あひるさんの写真と文章で、
たっぷりと堪能させていただきました。
上高地からすぐで、こんな世界があるとは思えませんよね。
後篇も楽しみにしております。

投稿: 寅次郎 | 2011年6月16日 (木) 21時47分

■しおしおさん、こんにちは。
徳本峠を回らないと距離は10キロもありませんので、
その分アップダウンが厳しくキツかったですbearing
でもコースは変化に富んでいて、
歩いていて楽しかったですよ。
きっとしおしおさん好みのコースだと思いますgood

投稿: あひる→しおしおさん | 2011年6月18日 (土) 13時36分

■くにさん、こんにちは。
上高地が眼下に見えるので尚更高度感があると思います。
ワタシなどは他の人の情報聞きながら、比較的
歩きやすい季節に行ったので全然スゴくないですよ・・・coldsweats01
先人達に感謝感謝です。

投稿: あひる→くにさん | 2011年6月18日 (土) 13時38分

■寅次郎さん、こんにちは。
コースの雰囲気が伝わったようで良かったです。
確かに最初から最後まで変化に富んでいました。
とっても歩き甲斐がありヘトヘトになります。
でも、北アルプスで、「日帰り」でこれだけを
堪能出来るコースはそんなには無いと思えました。
是非good

投稿: あひる→寅次郎さん | 2011年6月18日 (土) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明神岳コンテンツリニューアル | トップページ | 六百山~霞沢岳縦走 後篇 »