« 剱・北方稜線 プロローグ | トップページ | 謹賀新年 »

2010年9月27日 (月)

黒部ルート見学会~歩かない下の廊下

ずいぶん前の見学会ですが、、、北方稜線~欅平ルートに関わるコンテンツなので、ちょいと作成してみました。この見学会、勿論今も行われています。

1999年11月3日、関西電力の企画している「黒部ルート見学会」に行ってきました。立山黒部アルペンルートの黒部ダム(黒部川第四発電所の水を貯えているいるので黒四ダムとも)から黒部川第四発電所を見学し、高熱隧道を通って欅平に"歩かずに"抜ける見学会です。

まずは扇沢からのトロリーバスで黒部ダムに到着。ここから関西電力の専用バスに乗り換えて、黒部トンネルを10キロ(!)程下流に進みます。途中、外に出れる部分があり、バスから降りてトンネルを出て、景観を眺められます。紅葉が目に眩しかったです。
Kuroyon02

ここからの眺めです。真ん中奥に切れ込んでいっているのは剱沢になります。
Kuroyon01

正面の雪山部分をアップにしてみると・・・小窓の王とその左側に三の窓、雪渓が見えています。剱岳の山頂は雲に隠れてしまっています。
Kuroyon00

再度バスに乗り込み黒四発電所方面に向かいます。
Kuroyon03

作廊谷という所で、インクライン(旅客営業が目的のケーブルカーに対し、産業用の鋼索鉄道の事を指します)に乗り換えます。標高差450mの巨大トンネル・・・吸い込まれそうです。
Kuroyon04

これが関西電力のインクラインです。大きな会議室が部屋ごとケーブルカーに乗っかっています。とにかく大きい・・・
Kuroyon05

黒部川第四発電所に到着しました。大きな発電機が4機設置されていました。黒四ダムと黒四発電所は10キロ以上離れた所にあるのです。とても地下にあるとは思えない巨大施設です。
Kuroyon06

地下発電所の全体模型がありました。左上から下っている透明な管がインクライン、右に抜けている透明な管が上部専用鉄道。上に二つある三角形のおにぎりみたいな部分が外に送電線を出す口ですね。この部分は下の廊下登山道から見るとこのように見えています。
Kuroyon07

黒部川第四発電所前駅
Kuroyon08

ここから上部専用鉄道のバッテリートロッコ列車で欅平まで向かいます。このトンネル、以前紅白歌合戦で中島みゆきが生放送中継した場所なのです。
Kuroyon09

途中仙人谷駅で停車し、仙人谷ダムと紅葉見物。ここに貯えられている水は、欅平そばの黒部川第三発電所で使われています。トロッコ列車は、この仙人谷駅以外は全てトンネルの中を走ります。  昭文社の山と高原地図にも、下の廊下,水平歩道沿いに点線でこの路線が書かれています。
Kuroyon10
仙人谷を出ると、有名な高熱隧道に差し掛かります。硫黄臭と暑さで、小さな車内はひと時息苦しくなりました。

欅平上部駅に着きました。黒四発電所から6.5km、わずか32分で到着です。水平歩道を歩くと6時間位かかるのに・・・早い・・・bearing
Kuroyon11

駅に到着したトロッコ列車。
Kuroyon12

ちゃんと時刻表もあります。
Kuroyon13

欅平上部駅から欅平下部まではエレベーターで標高差200m程を下ります。このエレベーターは先程の専用軌道用のトロッコ車両も積み込めるよう、中まで線路が敷かれていました。
Kuroyon14

欅平下部から少し歩きトンネルを抜けると・・・
Kuroyon15

そこは見慣れた黒部峡谷鉄道「欅平」駅なのでした。
Kuroyon16
黒部ダム、仙人谷ダム以外は、全て地下に作られた黒四発電所とそれに関わる施設群。驚きの連続の見学会なのでした。ヒトの力って凄い・・・

おしまい。

|

« 剱・北方稜線 プロローグ | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

おもしろいですね
こんな見学会があるんだ
と共に、凄い事業だったんだ
と改めて感心しちゃいました

投稿: くに | 2010年9月27日 (月) 19時22分

■くにさん、こんにちは。
そうなんですよ!
水平歩道も凄いですが、
この土木技術も凄いです。
まさか山の中に発電所があるとは・・・
ビックリですhappy02

投稿: あひる | 2010年9月29日 (水) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 剱・北方稜線 プロローグ | トップページ | 謹賀新年 »