« 剱・北方稜線-5 北方稜線(3)~仙人温泉 | トップページ | 剱・北方稜線-7 阿曽原温泉~欅平 »

2010年9月 6日 (月)

剱・北方稜線-6 仙人温泉~阿曽原温泉

・・・剱・北方稜線-5 北方稜線(3)~仙人温泉 より続く

仙人温泉は勿論24時間かけ流し。朝焼けの山々を眺めながら早朝spa温泉浴です。
正面に唐松岳、そこから左に不帰嶮、左端の方には白馬岳、旭岳の両ピークも見えています。
Tsurugi_h196

一人で泊っていると、意外と"小音"が気になるものでした。
Tsurugi_h197

小屋を出て仙人谷まで一下り。谷を渡ると道端に仙人湯の源泉が見えてきます。
Tsurugi_h198

少し登って行くと、仙人谷を隔てて、仙人温泉小屋がよく見えてきました。昨日は左奥に続く仙人谷沿いに下ってきたことになります。
Tsurugi_h199

仙人谷から標高差200m程登ると、尾根頂上(標高1,629mピーク)に到着。Tsurugi_h201

雲切新道名物(?)、標高差750mの劇急の始まりです。多くのハシゴ、鎖、トラロープに助けられながら、ひたすら下ります。
Tsurugi_h202

途中数か所開けた場所に出ます。黒部川の谷底まではまだまだです。
Tsurugi_h203

ひたすら続く急坂。乾いているので足元が滑りやすく要注意なのです。
Tsurugi_h204

だいぶ下ってきました。黒部川の対岸に見えているコンクリートの穴の中に黒部川第四発電所があるのです。
Tsurugi_h205

仙人谷ダムが見えてきました。
Tsurugi_h206

最後に仙人谷を渡ります。
Tsurugi_h207

ダム湖畔までの最後のハシゴ。結構"怖かった"という声を聞くハシゴですが、、、あひる的には特にどうという事も無く通過・・・
Tsurugi_h208

間もなくダムに到着です。
Tsurugi_h209

ダムの上で、下の廊下からの登山道と合流します。
Tsurugi_h210

登山者はダム施設の中を通るようになっています。
Tsurugi_h212

施設の中の通路。
Tsurugi_h213

仙人ダムの奥、ちょうど真ん中に雲切の滝が見えています。(紅葉時はこんな感じ見えるのです。。。)
Tsurugi_h214

仙人ダムの前には鉄道橋が渡されており、駅があります。(関西電力の施設なので一般人は乗れません)
Tsurugi_h215

この線路の上流方向は黒部川第四発電所に通じています。(黒四発電所の様子(見学会)をご覧になりたい方はこちらへどうそ)
Tsurugi_h216_2

反対方向はすぐに高熱隧道になっています。トンネルの入り口部分に立つだけで、激しい熱気が中から伝わってくるのです。このトロッコ列車に乗れば欅平まで30分かからないのになぁ・・・
Tsurugi_h217

登山道は更に施設の中を進んでいきます。
Tsurugi_h218

ダムの施設を過ぎ、標高差100m程の急坂を登ると、水平歩道に出ます。
Tsurugi_h219

中間部が崩壊したトンネルを通り抜け・・・
Tsurugi_h220

阿曽原温泉まで100m程下ります。この後向こう側の尾根まで100mの登り返し・・・
Tsurugi_h221

阿曽原温泉小屋に到着です。
Tsurugi_h222

剱・北方稜線-7 阿曽原温泉~欅平 へ続く・・・

|

« 剱・北方稜線-5 北方稜線(3)~仙人温泉 | トップページ | 剱・北方稜線-7 阿曽原温泉~欅平 »

コメント

露天風呂からの眺め、最高ですね
これは我が身で味合わなければ
道が険しければ険しいほど
その後褒美は大きくなるという物で
ますます実現させたくなりました

それにしても
話には聞いてましたが、凄い下りなんですね
膝が笑っちゃいそう


投稿: くに | 2010年10月25日 (月) 06時49分

お疲れ様~。ようやっと阿曽原まで来ましたね。自分たちが登ったコースを下りのアングルで見るのも、乙なものですね~。
ところで、この間下の廊下に阿曽原幕営で行ってきました。その時、阿曽原の親父さんに「小窓あたりで道間違えて、1時間迷ったとか、風の噂で聞いたぞ!」と言われちゃいましたが、きっと情報提供はあひるさんですね。
うちらのドタバタ記、そのうちUPされます。膨大な写真の整理が追いつかないから、写真なしになるかもですが。

投稿: カメコの連れ | 2010年10月31日 (日) 23時09分

■くにさん、こんにちは。
コメント遅れて失礼しました。
ここは高天ヶ原温泉と同じくらいの奥地にあり
ながら、部屋のすぐそばに露天風呂がある、
という所が素晴らしいです。
北方稜線に行かずとも、お勧めですよgood

雲切新道は噂通りの下りでしたが、
他より格段に凄いか、というと、うーんbearing・・・
南岳新道も中間部はスゴイですからね。。。

それよりも、劔岳→欅平まで下りの標高差は
累計3,000mを越えます。
こちらの方がキツかったですね。
未だに膝が痛い位です。

投稿: あひる→くにさん | 2010年11月 1日 (月) 01時08分

■カメコの連れさん、こんにちは。
はい、超ゆっくり掲載しています。
季節が二つ進んでしまいますね。
あと一話、欅平までお付き合い下さい。

>風の噂で聞いたぞ!

ははcoldsweats01、そんな会話がありました。
どの小屋でも「どの辺りですれ違った?」と聞かれるのです。
小窓の王を巻く基部、昼前、と来ると、
どこかで時間がかかった??
という会話になるのです。

>ドタバタ記

時々拝見しに行っているのですが、
なかなかリンクが現れません。
欅平に着くのと、劔岳を越えるのと、
どちらが早いかsign02

投稿: あひる→カメコの連れさん | 2010年11月 1日 (月) 01時19分

こんばんは。

お久しぶりです。
仙人温泉は、温泉にはいりながら景色を楽しめますね。時間によって、男女分けるのですか?阿曽原温泉と違って、温泉前後の階段の上り下りもなくいいですね。

逆コースをいつか歩いてみたいですね。

ラスト楽しみにしていますね。

投稿: カメコ | 2010年11月 8日 (月) 20時36分

■カメコさん、こんにちは。
だいぶ山から遠ざかっているあひるです。

写真にある仙人温泉の露天ぶろは混浴です。
女性用には目隠し付露天風呂が別にあるそうです。
ただ、、、目隠しがあると山は見えなくなっちゃいますね。

阿曽原温泉は結構長く下りますらね。
その点仙人温泉は部屋から数歩で露天風呂なのが
ウレシイですgood

あと一話、、、
早く載せなければ冬になってしまう・・・coldsweats01

投稿: あひる→カメコさん | 2010年11月 9日 (火) 00時44分

金曜はご馳走様でした。
早速お邪魔させて頂きましたが、
北方稜線の雄大さと奥深さに魅了されると同時に、
あひるさんのレベルの高さに感嘆させられました。

初心者の自分のレベルにあった山で
少しづつスキルアップしながら、山を楽しんでいこうと思います。

海外旅行も好きなので、別サイトも楽しく拝見させて頂きますhappy01

投稿: 山ガール初心者I | 2011年7月23日 (土) 23時14分

■山ガール初心者Iさん、こんにちは。
こちらでは初めましてですね。
早速からコメント遅れて失礼しました。
北方稜線はとても雄大で荒々しいルートです。
そのルートに魅了されたという事は、、、
う~ん、これからの山行が楽しみですねgood

私も最初の頃は何も分からずに山を歩いていました。
でも少しずつ色々経験しながら学べる事も多いです。
(仕事と違って納期が無いのがうれしいです。)
是非是非、北方稜線sign01目指してステップアップして下さい。

海外旅行サイトは、、、
全然更新されてなくてスミマセン。
過去ネタばかりですがお楽しみ下さいね。

またこちらにもお立ち寄り下さい。

投稿: あひる→山ガール初心者Iさん | 2011年7月30日 (土) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 剱・北方稜線-5 北方稜線(3)~仙人温泉 | トップページ | 剱・北方稜線-7 阿曽原温泉~欅平 »