« 剱・北方稜線-1 室堂~剱沢 | トップページ | 剣岳にいます »

2010年9月 5日 (日)

剱・北方稜線-2 剱岳へ

・・・剱・北方稜線-1 室堂~剱沢 より続く

午前4時半過ぎ、既に剱岳に向かう登山道にはヘッドライトの列が連なっています。明りがもれている剣山荘、今晩は200名泊っていたそうな・・・途中の渋滞が予想されるため早々に出発です。
Tsurugi_h019

一服剱のピーク(2,618m)までやってきました。右下の赤い屋根が剣山荘、真ん中剱沢の向こう側に剱澤小屋 が見えています。標高差150mしか登っていないのに随分高度が上がった感じです。
Tsurugi_h020

武蔵のコルを挟んで前剱(2,813m)が屏風のように立ちはだかります。一服剱では休む事無く歩みを進めます。
Tsurugi_h021

5:25 鹿島槍ヶ岳の北側からご来光です。
Tsurugi_h022

一服剱にも朝日が当たり、一気に明るくなりました。登山道は途切れる事無く続く人、人・・・
Tsurugi_h023

前剱に向けてガレ場の急登が続きます。
Tsurugi_h024

大岩まで登ってきました。
Tsurugi_h025

前剱まであと一息。
Tsurugi_h026

前剱と平蔵の頭の間に剱岳本峰が見えてきました。
Tsurugi_h027

6:01 前剱(2,813m)到着。多くの方が食事休憩等をとっています。ここぞ前に出るチャンス!3分程でパンを食べて先に進みます。
Tsurugi_h028

眼下に"門"と呼ばれる岩場が見えてきました。架けられた細い鉄橋を渡り岩場をトラバースしていきます。
Tsurugi_h029

トラバースの岩場です。足場もしっかりしており歩きやすかったです。
Tsurugi_h030

続いて、クサリに助けられての岩場の下りです。(振り返った図です)
Tsurugi_h032

平蔵の頭までは穏やかな登山道を進みます。
Tsurugi_h031

剱岳が眼前に近付いて来ました。左からは早月尾根の岩場が山頂に突き上げています。真ん中辺りに"カニのハサミ"が見えていますね。
Tsurugi_h033

次のクサリ場を登りきると・・・
Tsurugi_h034

剱岳直下の急峻な岩場が目に入ってきました。ん?、眼下、平蔵のコルの向こうに何やら人の列が・・・
Tsurugi_h035

アップにしてみると・・・"カニのたてばい"部分が少々混雑気味です。
Tsurugi_h036

平蔵のコルに向けて岩場の下り。濡れていたら滑りやすそうです。
Tsurugi_h037

"カニのたてばい"では10分程の待ち時間。混んでいると1時間以上待つそうですね。
Tsurugi_h038

随所にこのような指導標が取り付けられていました。
Tsurugi_h039

"カニのたてばい"を登ってきました。こちら、登っているのは麦酒さん、昨日の室堂から剱岳山頂までの同行です。
Tsurugi_h040

先程越えてきた平蔵の頭です。(↑4枚上の写真参照)  こうやって見ると絶壁のようです。
Tsurugi_h041

"カニのたてばい"を越えてからも最後の急登が続きます。
Tsurugi_h042

帰路にある"カニのよこばい"を通っている人。
Tsurugi_h043

早月尾根との合流点です。山頂まではあと一歩です。
Tsurugi_h044

こちら、西方向から登ってくる早月尾根です。途中に早月小屋が見えています。ちょっと霞んでいますが、富山の街並み、日本海もすぐそこに見えています。
Tsurugi_h045

7:28 剱岳(2,999m)に到着。
Tsurugi_h047

気持ち良い眺めです。立山の向こうには、槍ヶ岳を始めとした北アルプス連山が雄大に広がっていました。
Tsurugi_h049

しかし!山頂はこの混雑ぶりです。皆さん剱澤小屋,剣山荘からのピストンでしょうか。。。軽いナップザックのようなもので来られる方が多いのにビックリしました。ちょっ軽装備過ぎないかな・・・
Tsurugi_h050

2004年にヘリコプターにより運びあげられた三等三角点柱石にタッチ。三等三角点「剱岳」2,997.1mです。剱岳の最高点は祠の後ろで2,999mになります。ちなみに、国土地理院の剱岳三等三角点の記を見ると、選点日が四等三角点が設置された"明治40年7月13日"となっており、選点者が映画劔岳点の記に出ていた柴崎芳太郎になっているのが興味深いところです。これだけの方が山頂にいましたが、この(ある意味歴史的な)三角点に気付いている人は殆んどいなかったのではないかな・・・
Tsurugi_h051

山頂では朝食を食べて、景色を堪能して45分の大休憩。そしてこれからが今日の本番、こちら北方稜線に向かいます。
Tsurugi_h048

剱・北方稜線-3 北方稜線(1) へ 続く・・・

|

« 剱・北方稜線-1 室堂~剱沢 | トップページ | 剣岳にいます »

コメント

天気に恵まれ、素晴らしい展望ですね
それにしても人が多い 
映画の影響はまだまだ続くのかな?

この先が、あひるさんの本領発揮ですね 楽しみ

当方は、来年行こうと計画中
立山もまだ歩いてないので
雄山からぐるっと回って テント泊と考えてます
小屋の混雑避けたいので

投稿: くに | 2010年9月17日 (金) 06時34分

■くにさん、こんにちは。
映画以外にも、色々な雑誌が剱岳特集等しているので
まだまだ人気は続くのかもしれませんcoldsweats01
私が往路のバスで一緒だった方は、雄山経由で
剱澤のテン場に来られていましたよ。

剱澤小屋は定員制なので詰め込みの心配は無いと思います。
夕食も絶品ですし、シャワーもあるので快適ですgood

投稿: あひる | 2010年9月18日 (土) 14時11分

こんばんは。
北方稜線であった某山岳会の赤ヘルメットです。
今回、自分たちは逆ルートで行きましたが、池の谷ガリーからはガスの中でした。朝はこんなに綺麗な景色が見えていたのですね。残念…。それにしても、やはり人気の山、すごい人ですね。14時45分に山頂に着きましたが、誰もいなく、これもまた貴重な時間でしたよ。

投稿: カメコ | 2010年10月 1日 (金) 00時07分

■カメコさん、こんにちは。
ようこそお越し下さいました。
北方稜線お疲れさまでした。
お会いした後、どんどんガスが湧いてきましたね。
当日は"午後ガスが出る"と剱澤小屋の主も言って
いました・・・次は是非逆ルートで稜線漫歩をgood

誰もいない山頂とは、、、
朝の大混雑からは想像がつきませんcoldsweats01
でも朝の方が異常だったのでしょうね、きっと。
レポアップお待ちしていますね!

投稿: あひる | 2010年10月 3日 (日) 08時49分

こんにちは。剣岳への写真すべてが私の眼に焼き付いたショットで、思わず見入ってしまいました。2年前の2009/9.6に、憧れの剣岳へチャレンジしました。前日は立山から大汝山、別山縦走で剣山荘に泊まり、am4時前に出発しましたが、すでにライトの列が・・、頂上で50分程過ごし同ルートを下る時には、登る方は大渋滞でした。映画放映も影響してたのでしょうね!                あひるさんの気にされていた軽装ザックですが、私も山荘に荷物を置いて、アタックザックのみでピストンしました。縦走される方々には申し訳ない位でした。。      北方稜線行きも楽しみに拝見させていただきます。            

投稿: hirara | 2011年6月14日 (火) 13時01分

■hiraraさん、こんにちは。
剣岳には行きたい行きたいと思いつつ、なかなか
行く機会を得ないままに「点の記」が公開、
更に混雑してしまいました。
私もウワサには聞いていましたが、あの険しい山に
あれだけの人々が来ているのには驚きました。
でも"名峰"というのが分かる岩山でしたね。
あの迫力と景観は素晴らしかったです。
軽装ザックは・・・あれだけ人がいれば何かあっても
助けてくれる人が必ずいそうでもありますが・・・
周りに人がいなくなった時ですと怖いですね。

投稿: あひる→hiraraさん | 2011年6月18日 (土) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 剱・北方稜線-1 室堂~剱沢 | トップページ | 剣岳にいます »