« 岳沢紀行-2 天狗沢からジャンダルムへ | トップページ | ジャンダルムから奥穂高岳、吊尾根経由下山掲載しました »

2010年8月 1日 (日)

岳沢紀行-3 .奥穂高岳を経て上高地へ

・・・岳沢紀行-2 天狗沢からジャンダルムへ より続く

予定より早めに着いたので、しばしの寛ぎタイムです。槍ヶ岳まで見えていますが、結構高い位置までガスが上がって来ています。
Gens054

奥穂高岳から西穂高岳に下る人々は既に通り過ぎ、この時間にジャンダルムに到着するのは西穂山荘を早朝に出た方々のみ。誰もいなくなった狭い山頂独り占めです。
Gens055

吊尾根の向こうに前穂高岳から明神岳への山並みが続きます。雲の海に浮かぶ急峻な島のようです。
Gens056

これから向かう奥穂高岳です。右下に見えているロバの耳のピークに二人見えています。少し前にジャンダルムを出発したパーティのようです。ワタシもロバの耳の山頂に寄ってみよう・・・
Gens057

と、言う訳で、ロバの耳までやってきました。過去2回は奥穂高岳から南下ルートをとっていたので、ロバの耳への登り口がある事すら気付いていませんでした。上の写真を撮ったジャンダルムを振り返った図です。この角度から見るとスゴイ山容です。
Gens058

ロバの耳ピークには古い道標(遭難碑(?))が設置されていました。
Gens059

ロバの耳からは一旦100m近く下り、向かいに見える急斜面を登る事になります。真ん中辺りに先ほどの二人が取り付いていますが・・・よく判らないかな・・・
Gens060

上の斜面を登りながらロバの耳(左ピーク)とジャンダルム(中央ピーク)を振り返ってみました。
Gens061

続いて「馬の背」というナイフリッジの通過。手前の三角錐部分の左側を登ります。(奥のピークは奥穂高岳です)
Gens062

眼前で見るとこんな感じ。
Gens063

奥穂高岳(3,190m)に着きました。こちらはメジャーな縦走路だけあって人・人・人・・・
Gens064

槍~穂の稜線にだいぶガスがかかって来ました。
Gens065

早々に吊尾根に向かいます。
Gens066

南稜の頭を通過。
Gens067

向かう吊尾根にもガスが這いあがって来ました。
Gens068

奥穂高岳山頂一帯はまだまだ快晴です。
Gens069

イワキギョウが咲いていました。
Gens070

こちらはヨツバシオガマ。
Gens071

途中からガスに突入しました。
Gens072

ガスが出ると、足元の花々に一層目がいくようになります。ウサギギクが元気に咲いていました。
Gens073

こちらのヤマハハコは咲いていました。
Gens074

タカネヤハズハハコも開花中・・・
Gens075

こちらはオンタデですね。
Gens076

そして、、、ガスが出ているという事は・・・おぉっ!期待通り雷鳥のヒナ発見。ずいぶん大きくなっていますね。
Gens077

こちらお母さん。数羽のヒナの動きに注意を払っていました。今回も雷鳥さんに会えて良かったです。4月の雷鳥さんはこんなに白かったのに・・・
Gens078

ちょっとした岩場を通り過ぎると間もなく紀美子平です。
Gens079

紀美子平到着。ガスが飛んで前穂高岳の稜線まで晴れ渡りました。
Gens080

30分程食事&休憩しているとまたガスが出てきました。
Gens081

お腹も一杯になり、重太郎新道の下り開始。
Gens082

ガスが出ているので暑さがだいぶ和らぎます。日差しが無いお陰でかなり楽に歩けました。
Gens083

雷鳥広場通過。
Gens084

チシマキギョウが沢山咲いていました。
Gens086

イワキギョウとそっくりですが、花びらに白い毛が生えているのがチシマキギョウの特徴です。
Gens087

ミヤマアキノキリンソウ。
Gens088

ゴゼンタチバナ。
Gens089

岳沢パノラマもガスの中。ちなみに、、、晴れているとこんな感じの展望なのです(2003年10月8日に撮影したものです。眼下に見えているのは(今は無き)岳沢ヒュッテです)
Gens090

カモシカの立場通過。
Gens092

おや・・・真っ赤なナナカマドがありました。
Gens093

長ーい鉄梯子を下り・・・
Gens094

岳沢小屋が見えてきました。ガスの重太郎新道は飛ばして1時間18分で降り切りました。
Gens095

岳沢小屋到着!今朝小屋を出て8時間19分で周回して戻って来れました。ふぅ、疲れた・・・スイカを頂き飲み物を飲んで大休止です。スイカの甘くて美味しい事sign01
Gens096

30分程休憩の後、岳沢小屋に別れを告げて上高地に向かいます。
Gens097

ハクサンシャクナゲがありました。
Gens098

こちらはクガイソウ。今日は朝から本当に沢山のお花に出会えました。Gens099

目指す河童橋はまだまだ先です。
Gens100

岳沢沿いを離れて樹林帯に入ります。
Gens101

ヤマホタルブクロも沢山ありました。
Gens102

天然のクーラー「風穴」で小休止。湿度のある樹林帯の下りだけに、ここのクーラーはとてもありがたいのです。出てくる風は10度程なのです。
Gens103

明神南沢雪崩跡です。
Gens104

凄まじい雪崩の破壊力を痛感します。
Gens105

登山道出口に到着。無事に下山出来た事に感謝です。
Gens106

昨日は人が鈴なりだった河童橋も今日は静かです。
Gens107

おまけ・・・
新島々駅に着くと、峠の釜めしを売っていました。松本電鉄創立90周年記念での販売だとか・・・。お腹も空いてきたので一つ購入。あずさの中で釜めしを食べるのはなかなか斬新な経験でした。
Gens108
↑2010年9月5日まで売っているらしいです。

おしまい。

|

« 岳沢紀行-2 天狗沢からジャンダルムへ | トップページ | ジャンダルムから奥穂高岳、吊尾根経由下山掲載しました »

コメント

今回も素晴らしい写真の数々、堪能させて頂きました。特に後半は小生も共有できるはずだった?場所なので、写真を拝見できて良かったです。

投稿: takebow | 2010年8月17日 (火) 10時15分

■takebowさん、こんにちは。
お楽しみ頂けましたでしょうか?
後半部分も一般路とはいえ、雄大なアルプスが
味わえる良いコースだと思います。
是非足をお運び下さい。

投稿: あひる | 2010年8月18日 (水) 00時43分

ロバの耳に登れたのですね
わからずに通過してしまったのを悔やんでます
ロバの耳から見たジャンダルムの写真は凄いですね
あんな処歩いたんだ と今更ながら驚きです

これはなおさら、このコースを私も楽しまなければ
と 興奮しながら楽しませて貰いました

投稿: くに | 2010年8月18日 (水) 06時43分

この周回コースは、やはり、とても楽しそうですね。
正直言って、今迄あまり興味ありませんでしたが、
あひるさんのブログを拝見して、俄然興味が沸いてきました。
奥穂〜西穂ふたたび!もいいですが、こちらも歩いてみたくなりました。(笑)

投稿: 寅次郎 | 2010年8月18日 (水) 22時17分

■くにさん、こんにちは。
ロバの耳に簡単に登れる事、私も今回行って初めて
知りました。写真に写っているお二人がいますが、
その前に行ったお一人が登っているのを見て、
このお二人も行かれたようです。
所要時間はほんの1~2分なのでした。
是非また行かれて下さい!

投稿: あひる | 2010年8月19日 (木) 06時15分

■寅次郎さん、こんにちは。
はい、きっと寅次郎さんは気に入るコースだと思います。
(吊尾根はちょっと人が多いけれど・・・)
往復は急な登り下りも多いですが、その分、
麓のダラダラ歩きもなく一気に稜線に向かえますし。
短い日程で行けるところも良いですね。
"ハード好み"(?)な寅次郎さんにはおススメですcoldsweats01

投稿: あひる | 2010年8月19日 (木) 07時10分

日記とは関係ない話しですみません
10月はじめに、以前あひるさんたちが歩いた同じコースで武尊を歩こうと思ってます
(以前の日記を振り返ってみましたよ)
前日車中泊して日帰りの予定
武尊神社の駐車場にトイレはありましたか?
剣が峰山までの直登コース 迷いそうな処ありましたか? 山行までに教えて頂ければ幸いです

投稿: くに | 2010年8月21日 (土) 06時54分

迫力のあるジャンダルムに、可愛い雷鳥のヒナ、数々の高原植物と魅力満載の素晴らしい山行きですね!この周回コースで8時間あまりということは、上高地までで10時間超ですか。一般の人なら15時間くらいかかりそう…ていうか普通無理ですな…さすがあひるさん。峠の釜飯、さぞかし旨かったことでしょうね(*゚ー゚)v

投稿: けろぼうず | 2010年8月22日 (日) 16時35分

■くにさん、こんにちは。
・武尊神社の駐車場にはキレイなトイレがありました。紙付き水洗でしたよ。
・剣が峰までは、急斜面で登山道が荒れている所はありましたが、迷いそうな所は無かったと思います。秋だから人も多く歩いていると思いますよ。

投稿: あひる | 2010年8月22日 (日) 20時39分

■けろぼうずさん、こんにちは。
一日のコースでこれ程変化があると歩いていて飽きません。(最後の上高地までの下りはちょっとダレましたが・・・) 一般の人でもそんなにはかからないと思いマスよ。(というかワタシも一般の人coldsweats01・・・) けろぼうずさんも是非!
釜めしは旨かったですね。普段のあずさではフツウの駅弁だけですから少し得した気分になれました。

投稿: あひる | 2010年8月23日 (月) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岳沢紀行-2 天狗沢からジャンダルムへ | トップページ | ジャンダルムから奥穂高岳、吊尾根経由下山掲載しました »