« ジャンダルムから奥穂高岳、吊尾根経由下山掲載しました | トップページ | 九重山行記 後篇~最高峰中岳から最高所温泉を巡る »

2010年8月21日 (土)

九重山行記 前篇~主峰 久住山へ

大分県九重山・・・山群の名前としては九重(くじゅう)山。(←"八ヶ岳"みたいなもんですね) この九重(くじゅう)山は、九重(ここのえ)町と竹田市久住(くじゅう)町にまたがっています。その九重(くじゅう)山の主峰が久住(くじゅう)山。国立公園名は「阿蘇くじゅう国立公園」
・・・ 何やら頭がこんがらがりそうな呼び名ですが、その九重山に行って来ました。

眼前に迫る九重連山。まずは星生山(ほっしょうさん)に向かいます。連山の右端、日が当たっているピークが星生山です。
Kujyu01

駐車場で準備をしていると、隣の車の登山者が「今日は星生新道ですか?」と聞いて来ました。”新道”なんだ・・・。概して”新道”と付くものは激しいものが多いような気がする(笠新道、重太郎新道、南岳新道等。小池新道のように優しいものもあるけれど・・・)のでちょっとひるみました。確かに星生山への道は地図上点線だし、等高線の間隔が狭い・・・。夏は藪がきつく冬向きという事前情報もあり・・・。

指差している先に藪への入り口が見えますね。ここが入り口でした。
Kujyu02

いきなりの藪こぎ&急登です。
Kujyu03

クマザサの中をガサゴソと登っていきます。
Kujyu04

九重連山は火山のため樹林帯は少なく、直ぐに景色が開けました。振り返るとあっという間にずいぶん登った模様。
Kujyu05

それでも藪こぎは続く続く・・・よく見ないと進路すら見失いそうです。
Kujyu06

ママコナが咲いていました。
Kujyu07

毛むくじゃらはフクオウソウです。
Kujyu08

最初の急登を終え、開けた尾根に出ました。
Kujyu09

振り返った図です。先ほど駐車場で話した方が見えています。
Kujyu10

更に高度を稼ぐと、なかなかの絶景が広がって来ました。
Kujyu11

それでも藪攻撃は続きます。
Kujyu12

尾根の向こうに三俣山(1,744.7m)が見えてきました。おー、結構な迫力です。写真左端には双耳峰の由布岳も見えています。
Kujyu13

こちらには阿蘇五岳の「涅槃像(寝観音とも)」が見えています。阿蘇五岳は北外輪山から見ると御釈迦様の寝姿に見えるのです。左側 顔の部分が根子岳、中央 胸の部分が高岳(←阿蘇山の最高峰)になります。
Kujyu14

稜線に出ました。ここにはもう藪は無し!目指す星生山はすぐそこです。
Kujyu15

登って来たのとは反対側の南側斜面、眼下には西千里浜と呼ばれる一帯が広がっていました。
Kujyu16

赤いイタドリがありました。ベニイタドリとも、メイゲツソウとも言うそうです。
Kujyu17

星生山(1,762m)到着です。
Kujyu18

眼下には噴気を上げる硫黄山、その背後に(先程も書いた)三俣山の穏やかな山塊です。三俣山の右下麓に砂地の道が見えますが、その奥に小さく見えているのが、ラムサール条約にも登録されている「坊ガツル」(湿原)です。
硫黄山は1995年10月から半年程噴火活動を行ったため、ここ、星生山も有毒ガスの関係で入山規制がかかり、2003年5月に解除されたそうです。
Kujyu19

こちらは登って来た北側斜面です。
Kujyu20

これから進む方角(東側)を望むと・・・”これぞ九重山”という感じで重なる山塊が目に入ってきます。右端がこれから向かう主峰久住山、左端が九州本土の最高峰中岳です。
Kujyu21

穏やかめの岩稜帯をゆるやかにアップダウンしていきます。
Kujyu22

岩稜帯の東端は星生崎と呼ばれる所で、ここからは一気に下降します。眼下に見えている久住山避難小屋のある凹地も火口跡だそうです。
Kujyu23

下りきりました。ここからは登り返し・・・
Kujyu24

久住分れという分岐ポイントです。
Kujyu25

ガスがよく出る所なので、迷い防止のためでしょうか、ロープが一本敷設されていました。
Kujyu26

途中まで登り、北側を眺めた図です。左のピークが天狗ガ城、右のピークが九州最高峰 中岳です。昔は久住山が九州本土の最高峰とされていたそうですが、山頂部分の浸食作用等で大船山(たいせんざん)が最高峰になり、その後の再調査により、1980年から中岳が最高峰となったそうです。今は中岳1,791m、久住山1,786.5m、大船山1,786.2mと、わずかの差でひしめき合っています。
Kujyu27

久住山頂に近付いて来ました。
Kujyu28

久住山(1,786.5m)に到着です。向こう側に見えているピークが先程までいた星生山です。
Kujyu29

右側(北側)へ目を向けると、北千里浜という砂地が広がっています。
Kujyu30

ゆーっくり、食事休憩をした後、中岳に向かいました。少しガスが出てきましたね・・・
Kujyu31

上の写真に見える鞍部まで登ると、御池という池がありました。
Kujyu32

ノリウツギの花がきれいです。
Kujyu33

正面の鞍部から池沿いに歩いて来ました。青空の元、緑の中にノリウツギの白い花々がきれいです。
Kujyu34

こちらは天狗ヶ城(1,780m)。
Kujyu35

ちょうど高台になっている岩場から。この景色眺めながらぼーっとしていたいですね。
Kujyu36

目指す中岳までは一登りです。
Kujyu37

九重山行記 後篇~最高峰中岳から最高所温泉を巡る へ続く・・・

|

« ジャンダルムから奥穂高岳、吊尾根経由下山掲載しました | トップページ | 九重山行記 後篇~最高峰中岳から最高所温泉を巡る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャンダルムから奥穂高岳、吊尾根経由下山掲載しました | トップページ | 九重山行記 後篇~最高峰中岳から最高所温泉を巡る »