« 立山室堂-雷鳥探し早朝散歩~天上の別天地掲載 | トップページ | 昨夏 北→奥→西穂高縦走記 北穂→奥穂 掲載しました »

2010年6月10日 (木)

シャーフベルク山にいます

シャーフベルク山にいます
オーストリア ザルツブルク郊外のシャーフベルク山頂(1,7836m→1,783m(*))です。
登山電車で登っただけですが・・・
(*)携帯からの投稿で打ち間違いました(^_^; むかしむかしさんご指摘多謝です。(6/13追記)

帰国後追加↓ 本当にキレイなところでした。
Austria00

|

« 立山室堂-雷鳥探し早朝散歩~天上の別天地掲載 | トップページ | 昨夏 北→奥→西穂高縦走記 北穂→奥穂 掲載しました »

コメント

え、ちょっと待ってこれは何?
夢?妄想?それとも本当にいるの?

いいな、いいなぁ~~~~~~!!!
「サウンド・オブ・ミュージック」を何度観たかわからんほど観てます。
あの映画で育ったと言ってもいいかも。
なのにオーストリアにもチロル地方にも行ったことがありません。(泣!)
「死ぬまでに1度は行かねばならぬ所」リストの筆頭に入ってます。行きたいよぉ~。
教会の鐘が遠くに聞こえる丘で、アルプスを眺めながらジュリーアンドリュースよろしく声高らかに歌うのが夢です!
(変なジャパニーズにならないようにしないとね!笑)

投稿: 美穂高 | 2010年6月10日 (木) 13時09分

素晴らしいところにいるのですね
あこがれの登山電車 そして・・・
帰国後が楽しみですね

投稿: くに | 2010年6月13日 (日) 06時19分

シャーフベルク懐かしいです。
10数年前の夏に行きました。
可愛い赤い列車に乗り頂上まで行き、
帰りはのんびりと歩いて下りました。
街まではこれまたのんびり馬車。
とてもとてものんびりしてよいところでした。
私が行ったところは
17836mではなく1783mですけどねbleah

投稿: むかしむかし | 2010年6月13日 (日) 21時10分

■美穂高さん、こんにちは。
はい、本当におりましたcoldsweats01
オーストリア、チェコ辺りを徘徊していました。
確かにシャーフベルグ登山鉄道はサウンド・オブ・
ミュージックで一躍有名になりましたね。
今も新しい車両を新造する時はSLという程の気合いの
入れようで、そのイメージは映画と変わっていないと思います。

歌好きの親父集団が酒を片手に歌っている姿を随所で
見かけましたから(ここ以外の街中でも船上でも・・・)
美穂高さんもきっとnotesオッケーですgood
是非sign03

投稿: あひる | 2010年6月14日 (月) 00時23分

■くにさん、こんにちは。
天候に恵まれましたのでオーストリアアルプス
3000m峰の山並までキレイに見えていました。
ヨーロッパは景色の良さそうなピークには(かなり無理
そうな所にも)ロープウェイとか登山電車を通していますので、
結構楽してこの景色に出会えます。
帰国後・・・まずは写真の整理がいつまでかかるやら・・・coldsweats01

投稿: あひる | 2010年6月14日 (月) 00時25分

■むかしむかしさん、こんにちは。
標高の誤字、ご指摘ありがとうございました。
勝手に世界最高峰を作ってしまっていましたcoldsweats01

むかしむかしさんもこの登山電車に乗られていたのですか!
本当に素晴らしい所でしたね。
こんな手軽に標高差1200mを稼いでくれ、
気軽にこの大展望に出会えるなんて・・・confident
中房温泉から燕山荘前行きの登山電車が走っている
ようなものですね。(比較がベタかな・・・?)

投稿: あひる | 2010年6月14日 (月) 00時44分

あ、ど~もおかえりなさいマセ!
現地からは生写メレポートありがとうございました。いい旅してますねぇ~~、目に毒です。特にあの濃厚そうなザッハトルテは、悩殺的でした。あ~羨ましい・・・lovely

登山列車、ずいぶんと観光用に可愛らしくなっていたようだけど、映画のあの登山列車なのね。子供たちがカーテンの生地で作ったお洋服を着て初めてお山に出掛けるシーン。「ドレミの歌」が響きます。本当に楽しそうな子供たちの活き活きとした表情に、何度観てもこちらまで楽しくなって歌い出しちゃう!(笑)

けどさ、酔っ払いのオジ様たちと一緒のカテゴリーに入れないでよねっ、こっちはマリアなんだから。angry

投稿: 美穂高 | 2010年6月15日 (火) 21時12分

■美穂高さん、こんにちは。
写真を見ると爽やかそうですが暑いのなんの・・・sweat01
連日真夏のようなsun日々でしたcoldsweats01
温暖化対策なのか、室内、車内も温度が高く、
夏山縦走後のように体力を消耗したのです。。。
この時期のザルツブルグはまだ冷えるというのは
今回に関しては全然当てはまりませんでした。

登山電車の形は映画のまま、、、
煙を出しながら急坂を登っていました。
草原とその向こうに見える湖は絶景でした。
是非是非行かれて、素晴らしいnotes歌声で
オジ様達を駆逐して下さいgood

投稿: あひる | 2010年6月17日 (木) 01時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立山室堂-雷鳥探し早朝散歩~天上の別天地掲載 | トップページ | 昨夏 北→奥→西穂高縦走記 北穂→奥穂 掲載しました »