« 立山室堂-3 天上の別天地 | トップページ | 岩殿山 超プチ縦走 »

2010年5月 9日 (日)

初めての筑波山

筑波山・・・近くにあるのに何故か行く機会が無い・・・を歩く企画の声がかかりました。主催者は上州転じて常州を拠点に構えるむかしむかしさん。そしてそれ以外の参加者(久しぶりに"高い"山に挑むひゃあひゃあ一家、たけ夫妻、美穂高さん、ももちゃん、私あひる)全員が皆さん筑波山初めて! やはり近くて遠い山だったのですね。。。

スタート地点は筑波山神社。今回は超若手新入部員の参加があるので、背負役のリスクを考え、距離は長いが緩やかな登りをコースにとることにしました。「筑波山神社→つつじヶ丘→女体山→男体山→筑波山神社」の周回コースです。
Tsukuba01

出だしは白雲橋コース、途中の酒迎場から迎場コースに入り、つつじヶ丘に向かいます。
道にも親切に「←お山」の表示。
Tsukuba02

つつじヶ丘までは樹林帯の緩やかな登りでしたが、そこを超えてからは日差しの照りつける尾根線の登りになりました。ひたすら続く階段攻撃・・
Tsukuba03

途中のつつじヶ丘高原近辺です。 その名の通り、つつじが満開です。
Tsukuba04

ニリンソウも満開でした。
Tsukuba05

弁慶茶屋跡を過ぎると奇岩怪石群が現れます。これは「弁慶七戻り」。怖いもの知らずの弁慶も通過をためらったからとか・・・。よくこんな不安定な状態で止まっていますね・・・
Tsukuba06

「母の胎内くぐり」。安産祈願の他、自分自身が生まれ変われるそうです。
Tsukuba07

登山道らしくなってきました。
Tsukuba08

「北斗岩」。大きい・・・。
Tsukuba09

黙々と(でも無かったでしょうか・・・)登る一行。先頭masterの背中の超若手新入部員は既にお休み中の模様(^^;
Tsukuba10

「大仏岩」。確かに大仏さんに見えますね。このコース、歩いていて意外と楽しい・・・Tsukuba11

女体山頂に着きました。このすぐそばまでロープウェイでも来れるだけあってなかなか賑わっています。
Tsukuba12

山頂からは大変雄大な眺めです。中腹に見えるのがつつじヶ丘のロープウェイ乗り場ですね。遠くには霞ケ浦が見えています。
Tsukuba13

これから向かう男体山です。こちら女体山より6m低いのです。
Tsukuba14

眼前が関東平野だけあって、足がすくむような高度感です。
Tsukuba15

ちょうどこの3日前、飛行機で筑波山上空を飛びました(勿論乗客で・・・)。筑波山を上から見たのは初めてでしたが、この一帯のみ立派な山岳地帯になっているのですね。今日行った地名を書き込んでみました。(写真をクリックすると、これのみ他の写真より大きめに開きます)
Tsukuba_99

女体山御本殿です。
Tsukuba16

少し下った広場で昼食タイムです。ハイキング客ななどで大賑わい。
Tsukuba17

食後は男体山に向かいます。稜線部にいることを忘れるような穏やかなところです。
Tsukuba18

ケーブルカー山頂付近はとても開けていて観光地ムード満点。
Tsukuba19

続いて男体山への登りです。
Tsukuba20

10分ほどで山頂に到着しました。
Tsukuba21

男体山御本殿にお参り中の図。
Tsukuba22

恒例(?)、Blog用後ろ向き記念写真。超若手新入部員のみ顔出しオーケーの許可が出ました。(本人の意思は不明ですが・・・)
Tsukuba23

帰路につきます。今日は一日良い天気です。
Tsukuba24

途中に展望台がありました。良い眺めです。
Tsukuba25

ちょっとした岩場を通過し・・・
Tsukuba26

超若手新入部員は初本格的(?)登山でお疲れ気味。ひゃあひゃあ一家はケーブルカーで下る事になりました。
Tsukuba27

帰路はケーブルカー沿いに下る「御幸ヶ原コース」。下り始めは長ーい階段。Tsukuba28

筑波山は信仰の山だけあって、植生も多種多様。奇岩ならぬ奇樹も多くありました。中でも一同が注目した樹。「枝から幹が生える樹」。トリックみたいですね。(反対側から見ると一本の樹である事がわかります)
Tsukuba29

途中、ケーブルカーのすれ違い場所で見入る人々・・・
Tsukuba31

シャガの花もキレイでした。
Tsukuba32

無事下山。筑波山神社に安全登山のお礼をして今日の山歩きも終了です。
Tsukuba33

<おまけ>
筑波山に行く途中の沼田屋さん。ここの「かりんとう饅頭」大変美味しかったです。最後に皆でお買いもの。
Tsukuba34

筑波山は歩いてよし、見てよし、のなかなか良い山でした。また季節を変えて歩いてみたいと思いました。ご一緒した皆様、お疲れ様でした。

おしまい。

|

« 立山室堂-3 天上の別天地 | トップページ | 岩殿山 超プチ縦走 »

コメント

ようこそ筑波山へ
大変楽しい時間を過ごさせていただきました。

あひる隊長の「お父さん姿」は
なかなか「サマ」になっていました。


「母の胎内めぐり」では逆コースを案内してしまい
申し訳ありませんでした。
「胎内に戻って穢れを落とす」ハズでしたが、
各自酸いも甘いも噛み分けて
立派な大人になりましょう。

植林帯のない低山は関東周辺では珍しい感じです。
また季節を変えてお出かけ下さい。

投稿: むかしむかし | 2010年5月16日 (日) 21時53分

■むかしむかしさん、こんにちは。
筑波山企画ありがとうございました。
あんなに奥が深い所とは思いませんでした。
食わず嫌いはイケマセンねcoldsweats01
(↑別にキライな訳では無いけれど・・・)

胎内めぐりは逆だったのですね・・・
写真を見ると、説明書きがあるのが下側だったので、
それで正しいのかと思ってました。
逆・・・前世に戻る感じでしょうか・・・

丹沢辺りも当たり前のように杉の植林地帯ですから、
麓近くまで自然林の筑波山は素晴らしいと思えました。

真冬にも行ってみたいですね。
その節はまたよろしくお願いします。

投稿: あひる | 2010年5月17日 (月) 01時27分

先日、おんぶ券を使わせていただいた者です(笑)。
筑波山いい山でしたねー。
女体山の山頂はかなりの高度感で
誤って足でも滑らせたら親子ともども
滑落するなと思い、早々に引き上げました。
むかしむかしさんがおっしゃるように
季節を変えてまた登ってみたいです。

投稿: master | 2010年5月17日 (月) 23時33分

■masterさん、こんにちは。
その節はお世話になりました・・・
"父の重責"を背中で感じたひと時でありました。

筑波山は
「今まで足を向けていなくて御免なさい」
という感じでしたね。
体調により、往路、帰路のどちらでも動力に頼れる
所も魅力ですね(←勿論往復もありです・・・)
また是非ご一緒しましょうね。

投稿: あひる | 2010年5月18日 (火) 00時45分

うぎゃ〜!行きたかった〜!!(涙)
みんなに会いたかった〜!!(涙)

標高はそれほどでもないですが、
結構高度感があるんですね!

次回こそ、参加させていただきます!

投稿: 寅次郎 | 2010年5月18日 (火) 21時46分

■寅次郎さん、こんにちは。
是非いらして欲しかったです!
何故って・・・おんぶ券が(笑)

筑波山はスリリングな所はありませんが、
なかなかどうして素晴らしい所でしたよ。

>次回

はい、きっと"常州企画"が継続開催されるものと思います。
次回は是非ご一緒しましょうね。

投稿: あひる | 2010年5月20日 (木) 23時48分

あひるさん、むかしむかしさん始め皆さま、
ご挨拶が遅くなりましたが、この度はお疲れさまでした&楽しいハイキングにお誘いいただきありがとうございました!

筑波山、こんな機会でもなければ行くことはなかったろうなぁ。参加させていただいて良かったです。happy01
なんと言っても女体山頂からの展望はサイコ~!高いだけじゃなくて、広く開けたあのような展望は、「そこだけ」そして「急に」隆起してないと得られないですもんね。あひるさんの空撮を見ると、その様子がとてもよくわかります。いやいや、気分爽快!でした。
(あの空撮を見て、逆ルートを取らなくて正解だったと改めて思うよね。coldsweats01

小さな姫君にも大変癒されました。あの笑顔に、すっかりファンです。ご一緒している面子が面子ですから、北アルプスデビューもそう遠い話ではないのでは?(笑)皆さんに見守られて、すくすくと健やかに大きくな~れ!

またご一緒できる日を楽しみにしております!

【追伸】
「かりんとう饅頭」、某チームとのニリンソウキャンプで網で焼いてご提供したところ、「美味しいっ!」と喜んでいただけました。ありがとうございました。

投稿: 美穂高 | 2010年5月21日 (金) 13時15分

つくばでは大変お世話になりました。
ももです。あ、モモンガです。

かりんとう饅頭ですが、群馬にもあるんです。
どちらが元祖かわかりませんが、ハッキリ言うと群馬のかりんとう饅頭よりつくばのほうが美味しかったです。
グルメ寅次郎さんに食べ比べてもらいたかった‼
次回、皆さんにお会いする時は群馬産を持参したいと思います。

投稿: モモンガ | 2010年5月21日 (金) 14時01分

■美穂高さん、こんにちは。
筑波山楽しかったですね。
私もこの機会が無かったら当分行く事は無かったかも
しれません。あの眺めは絶賛ものでしたねsign01
直前の出張でちょうど筑波山の上が見れたのも
何かの思し召しでしょうか。。

姫君の北アルプスデビューですか?
では、15kgを"越えてから"がよろしいですねcoldsweats01

"たけさん&美穂高プレゼンツ!"も期待しております。

P.S.
「かりんとう饅頭」、一つ焼かずに食べてしまいましたが、
焼くと焼かないとで味大違いでした・・・
やっぱり焼かなきゃ!

投稿: あひる | 2010年5月23日 (日) 20時41分

■モモンガさん、こんにちは。
遠路はるばるお疲れさまでした。
ついにハンドルネームを使い出しましたね。

かりんとう饅頭、群馬産もあるのですか・・・
でもつくば産の方が美味しかったとの事、
では次回筑波山企画では沢山買い込んで帰りましょうhappy02

ところで、、、肝心の"筑波山"は楽しめましたかcoldsweats01

投稿: あひる | 2010年5月23日 (日) 20時47分

あひるさん、ご参加の皆さん
先日はありがとうございました!
筑波山、思った以上にステキな山でとっても楽しかったです。
天気もよく女体山からの眺めは最高でしたね~、のんびりでき、ホント至福のひと時でした。
かえりに行った沼田屋さんのかりんとう饅頭最高でした!
むかしむかしさん、おいしいお菓子を紹介いただきありがとうございました。
かりんとう饅頭買いにまた筑波山に行きたいです。
また近いうちに皆様と歩ける日を楽しみにしています。
次回はぜひ寅次郎さんもご一緒に!!

投稿: たけ | 2010年5月26日 (水) 00時11分

「初めてのかりんとう饅頭」に
タイトル変更していただきましょうか?(笑)

みなさまに喜んでいただけて嬉しい限りですhappy01
また「かりんとう饅頭」を買いに来てください。
で、ちょっと足を伸ばしてまた筑波山に行きましょう。

投稿: むかしむかし | 2010年5月26日 (水) 13時08分

■たけさん、こんにちは。
筑波山楽しかったですね。
お気楽山かと思いきや、景色、植生、歩きとも充分満足出来ました。
かりんとう饅頭も美味でしたねー。
筑波山企画は(涼しくなった頃(?))きっと再企画されることでしょう。
寅次郎さん、次回はよろしくです。

投稿: あひる | 2010年5月27日 (木) 01時09分

■むかしむかしさん、再びこんにちは。
話題がお菓子系にシフトしていますねcoldsweats01
では、次回(?)企画は
「常州vs上州 かりんとう饅頭対決 with筑波山」
という事でお願いします。

投稿: あひる | 2010年5月27日 (木) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立山室堂-3 天上の別天地 | トップページ | 岩殿山 超プチ縦走 »