« 表妙義 茨尾根~相馬岳 | トップページ | 立山室堂-1 雪の殿堂へ »

2010年4月10日 (土)

白馬乗鞍スノーシュー&スキー

里では春の声が聞こえる頃、白馬乗鞍岳にスノーシュー&スキーに行きました。ピンポイントで4月10日快晴に恵まれました。
広々とした白馬乗鞍岳の山頂付近。背後には小蓮華山(2,766m)が聳えます。
Hakunori14

一泊二日の予定で白馬に来ましたが、明日は悪天の予報。早速栂池からゴンドラ&ロープウェイを乗り継いで山頂を目指します。
Hakunori01

今日のメンバーは、たけ夫妻と美穂高さん。ご夫妻は山スキーで、美穂高さんはスノーシューで、私は山頂往復はスノーシュー、栂池高原までの下りはスキーという装備です。
Hakunori02

気持のよい樹林帯を登っていきます。
Hakunori03

トラバースはなかなか手強い。
Hakunori04

前方に天狗原が見えてきました。
Hakunori05

登る登る・・・
Hakunori06

すぐ眼下に栂池自然園。はーるか彼方に栂池高原の駐車場が見えます。ゴンドラとロープウェイで標高差1,000mを稼がせて頂いているので大変助かります。
Hakunori07

とても気持ち良い天気ですが、ジワッと巻雲が広がって来ています。今日は夕刻まで天気もちそうですが、明日は確かに希望薄です。
Hakunori08

北アルプスの山並みが立派です。
Hakunori09

白馬の大雪渓・・・恐怖の滑り台といった様相です。
Hakunori10

天狗原から白馬乗鞍岳山頂まではもうひと登りです。
Hakunori11

山スキー靴にスノーシューなので歩きにくくはないのですが、ベロの部分をスキー用のままで来てしまいました。なので高いベロがスネに当たって痛い痛い・・・
Hakunori12

白馬乗鞍岳のあたりは雷鳥が生息しているのです。しかし残念ながら会えず・・・
Hakunori13

山頂に着きました。ほとんど無風で快適!
Hakunori15

Hakunori18

お隣の小蓮華山。眩しい白さです。
Hakunori16

あっちは妙高かな、、、暫し大展望を満喫。
Hakunori17

稜線から一気に尻セードで滑り下りました。(ツルッツルに見えますが、実はかなりのグズグズ雪・・・ちょうど良い滑り台位のスピードでした。)
Hakunori19

振り返ると美穂高さんが真ん中辺りに、、、後方からはたけ夫妻がスキーで滑降中。スキー気持ちよさそうだなぁ・・・
Hakunori20

天狗原の平坦地を進む。こんな山並みを横目に歩けるなんて最高ですね。
Hakunori21

天狗原の祠。
Hakunori22

夏山と違って、"楽しい"下り。
Hakunori23

また尻セード・・・ここまでグズグズだと漕がないと進まないのです。
Hakunori24

それでも懲りずに・・・(^^;
Hakunori25

どこでも自由に歩けるのは冬ならでは、いいですねー。
Hakunori26

周りを見回すと、雪崩でへし折られたと思しき幹が多数。時期によっては怖い所なのだなぁと実感します。
Hakunori27
栂池自然園ロープウェイ降り場からは、スキーに履き替え、たけ夫妻と供に下りました。しばらくぶりに今年スキーを再開したあひるですが・・・楽しかったー。標高差1,000m、約7キロを30分程。。。スキーってスバラシイ。

当日は美穂高さんが予約して下さったアンシャンテに宿泊。とてもお料理が美味しく、アットホームなプチホテルなのでした。
Hakunori28

■おまけ 4月11日■
予報通りの悪天候。夜半から屋根を叩くかなりの雨になりました。
Hakunori29

白馬からは早々に退散し、更埴であんずの里を見物しました。あんずの花が満開。
Hakunori30

山の格好であんず畑を歩く人々。
Hakunori31

菜の花もきれいでした。
Hakunori32

皆さん写真家と化す。
Hakunori33

のんびりとあんずの里を見物し、帰路についたのでした。
Hakunori34
たけご夫妻、美穂高さん、お世話になりました。また是非ご一緒しましょう。

おしまい。

|

« 表妙義 茨尾根~相馬岳 | トップページ | 立山室堂-1 雪の殿堂へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 表妙義 茨尾根~相馬岳 | トップページ | 立山室堂-1 雪の殿堂へ »