« 白馬乗鞍スノーシュー&スキー | トップページ | 立山室堂-2 雷鳥探し早朝散歩 »

2010年4月24日 (土)

立山室堂-1 雪の殿堂へ

私あひるは"あひる"という位なので鳥さんの事が好き・・・。毎年必ず一回は出会っていた雷鳥さんだけれど、昨2009年度の登山では、何回も雷鳥さんの声は聞いたものの、その姿を見ることは一回も無かったのです。という訳(?)で、年度初めから雷鳥さんに会うことを目指して、雪まだ深い、立山室堂に向かう事にしました。もちろん、白銀に輝く山々に出会う事も目的デス。
扇沢を朝一番のトロリーに乗車。さぁ、雷鳥さんに出会えるかな・・・
Murodo01

黒部ダムの上を急ぎ足で渡りケーブルカーに向かいます。昨日も降ったようで雪がたっぷり。
Murodo02

黒部平、まだこの時間空いていますね。後立山連峰針ノ木岳が綺麗です。それにしても雲が多い・・・
Murodo03

立山方面を仰ぎ見ると、、、あら、大観峰は雲の中!
Murodo04

黒部ダムの上を急いで通過したのが功を奏しました。立山ロープウェイも朝一便でスムースに乗車。
Murodo05

立山トンネルトロリーを乗り継いで室堂に到着すると・・・超sun快晴。
Murodo06

まずは室堂ターミナル前の雪の回廊を通って、立山自然保護センターへ。続いて富山県立山センターで登山届を提出し、近辺の雪崩情報等をゲット。
Murodo07

今晩のお宿、みくりが池温泉に移動します。雪はグズグズでアイゼン無しでも通行に問題無し。今回同行のけろぼうず夫妻と麦酒さん(別名ビーチ君・・・)も足取り軽く歩いてきます。
Murodo08

宿に荷物を置き、早速室堂展望台へ向かいます。背後低く見えるのが室堂ターミナルですね。
Murodo09

すぐそこに浄土山(2,831m)。この晴天なら往復も出来そうです。
Murodo10

・・・と思っていたら、青空の元、何やら輝く破片がヒラヒラと。
Murodo11

はい、いきなり雪になりました。富山県の降水確率"0%"も山には関係の無いことですね。展望も無くなり、モチベーションダウン!取りあえずお茶でも飲みながら軽く食事を。
Murodo12

展望は戻りそうも無いので、少し回り道をして宿に戻る事にしました。眼下には立山・雪の大谷が見えています。
Murodo13

ほんの一瞬青空が出るのですが、すぐに雲に閉ざされます。
Murodo14

「おー!沢山人がいるー」「バスが小さく見えるー」等と話しながら見ていると・・・
Murodo15

突然雪が本降りに。
Murodo16

そこで・・・あひる始めメンバー全員「雪の大谷ウォーク」には行った事が無いので、観光をしに行く事にしました。室堂ターミナルの前まで戻ってきました。観光客側から見れば私たちは見世物状態です。
Murodo17

しかし凄い雪の量ですね。ビル丸ごとを雪が覆い尽くしています。
Murodo18

会場に来ました。楽しい観光タイムです。
Murodo19

「雪のカレンダー」:紐にマークの付いている部分が気象的なイベントが起こった所のようです。一番上のマークが「3月14日黄砂」次が「氷板」、続いて「3月5日黄砂」「2月28日黄砂」・・・と説明書きがありました。
Murodo20

それにしても高いですね。バスが小さく見えます。
Murodo21

ここが一番の最高地点。積雪量15m・・・高っ!
Murodo22

宿に戻り、温泉に入り、夕食をとり、それでも山は雲一色。しかし、ほんの少し雲間に夕焼けが見えたのですね。「絶対晴れる」と思い外でその時を待っていると、、、少しずつ視界を遮っていた雲がとれてきました。
Murodo24
昼間「こんな天気ならきっと出てくる」と思った雷鳥さんとは一回も出会う事が出来なかったのですが、この写真を撮っている時、確かに、かなり身近に雷鳥の鳴き声が聞こえました。明日は雷鳥さんに会えるかな・・・と気持ちが昂った瞬間です。

そして19時。全ての雲がとれ、立山~剱岳の全ての山が頭を揃えました。雄山、浄土山の上方には綺麗な月も昇って、ピンと冷えた空気の中、音一つない、幻想ステージの始まりです。この時、表に出ていたのは私と他にカメラマンの方が一名。ちょっとトクした気分です。
Murodo25

富山県側です。魔物のように地を這う雲。
Murodo26

夜21時。月明かりの室堂平 浄土山です。 (f4/8秒露光)
Murodo27

きっと明日はよい天気・・・

立山室堂-2 雷鳥探し早朝散歩 へ続く・・・

|

« 白馬乗鞍スノーシュー&スキー | トップページ | 立山室堂-2 雷鳥探し早朝散歩 »

コメント

何年前か、夫婦で、観光目的で室堂に行きました
雪の大谷を見て みくりが温泉にはいりました
みくりが池を見ていたとき
突然バタバタと雷鳥さんが夫婦で飛んで出てきたのです、晴れた良い天気にですよ 驚きました
当然、モデルのようにポーズをとる雷鳥の周りは
人だかりになりました
もしかしたら、それをねらって、派手に出てきたのかも知れません。
ゆっくりとカメラマン達を引き連れて、餌場に移動
日当たりの良いところのハイマツをせっせとつついてましたから。
徐々に人が減ってくると、ハイマツの中に隠れてしまいました
観光客を利用して、安全に朝食をとることを覚えたのかも知れませんね。

投稿: くに | 2010年5月 8日 (土) 07時44分

■くにさん、こんにちは。
みくりが池のそばのハイマツ帯は雷鳥さんの住処みたいですね。

人が周りにいれば、オコジョ、カラス(←最近多い
らしいです)等の天敵は襲ってこないのを知っている
のですね。流石です。
人家に巣を作るツバメと同じ発想です、、、
観光客も捨てたもんではないですねcoldsweats01

その雷鳥さんでしょうか、、、
「その2」で出演予定です。

投稿: あひる | 2010年5月 8日 (土) 13時49分

あひるさん、その節はありがとうございました!いや~しかし今考えても夢のようです~雷鳥も初めて会うことができました!
\(^o^)/
惜しむらくは2日目、一の越まで行った方が良かったかな~?ということですかね。まさかあひるさんがあれほど早く戻ってくるとはビックリ。結局早く上がった我々と同じできたから…う~む…しかしその帰途全く偶然光城址というところに寄り、桜と北アルプスという絶景を拝むことができました。これも不思議な巡りあわせでした。今回やり残した宿題は、また次回夏にでも行く口実にしたいですね。

投稿: けろぼうず | 2010年5月10日 (月) 22時47分

■けろぼうずさん、こんにちは。
多少の降雪はありましたが、概ね良い天気に恵まれて良かったです。最初の室堂で山も雷鳥も見れてラッキーでしたね!
2日目・・・はい、ゼッタイ行くべきでした。
それは、、、Blogの続きにご期待を・・・wink
早く戻れたのは下りを少々飛ばしたからですが(室堂展望台→みくりが池30分程)、けろぼうずさんなら充分平気だったと思いますよ。
というわけで、是非、また室堂へ。
夏は夏で気持ち良いですよー

投稿: あひる | 2010年5月11日 (火) 23時28分

あひるさん
立山ではお世話になりました。
けろぼうずさん同様、帰りの混雑を避けるべく
一の越に行かなかったことが残念デス。
直前まで悩んだのですが....
温泉もサイコーだったし、是非リベンジしたいものです。
また、体調不良でご迷惑お掛けしました。

次回、夏山でご一緒させて下さい。

投稿: 麦酒(改めビーチ君?) | 2010年5月12日 (水) 01時46分

■麦酒さん、こんにちは。
立山お疲れ様でした。
一の越・・・では無くて、室堂展望台ですね。
二日目も、一日目と同じ場所に行ったのです。
はい、申し訳ない位、良い眺めでしたよーgood
あそこまで悩んだら行かなくちゃ。
室堂は良い所ですので、また行きましょうね。

夏山、、、今年はどこに行きますかの?

投稿: あひる | 2010年5月15日 (土) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白馬乗鞍スノーシュー&スキー | トップページ | 立山室堂-2 雷鳥探し早朝散歩 »