« 荒れる海~城ケ島 | トップページ | 表妙義 茨尾根~相馬岳 »

2010年3月27日 (土)

鹿俣山スノーシュー第三弾

1月2月に続いて、3月も鹿俣山に行きました。メンバーは2月に続いてむかしむかしさんと寅次郎さん。そして今回は朝から見事なsun快晴ゲットです。
Kano3_01

ブランコが吊るされているブナの木がありました。前に来た時には気付かなかった・・・
ブランコに座ってブナの木と会話しているような図です。気持よさそうです・・・
Kano3_02

眩しい程の快晴です。
Kano3_03

まだ歩きだしたばかりですが、、、早速休憩タイムです。
Kano3_04

鉛筆の先っぽみたいです。雪が降ったばかりのようです。
Kano3_05

足取りも軽く広大なブナ林を進んでいきます。
Kano3_06

この時期の雪なのでかなり重めなのですが、急斜面では足元が崩れてなかなか登りにくいものでした。
Kano3_07

寅次郎さんも迂回中。
Kano3_08

ノートラックの雪面をランするむかしむかしさんと寅次郎さん。
Kano3_09

先月は寒そうだったシャクナゲも今日はイキイキしているように見えました。
Kano3_10

あっちの山は・・・赤城山? 天候が良いと会話も弾みます。
Kano3_11

地形図に現れない急斜面を後ろ向きに下るむかしむかしさん。
Kano3_12

歩いていて思わず笑みがこぼれてしまうような晴天です。
Kano3_13

稜線に出て山頂直下の急斜面に進みます。ちょっとラッセル状態です。
Kano3_14

谷川岳を始めとした上越国境の山々が遠くに広がっています。
Kano3_15

鹿俣山頂到着。正面には上州武尊が聳えています。左側のピークが武尊山(沖武尊)、中央のピークが剣ヶ峰山です。
Kano3_16

今日はキモチ良い晴天の中での昼食となりました。
Kano3_17

今回もむかしむかしさんに鍋を準備頂きました。いつもありがとうございます。
Kano3_18

そして今日は・・・いつも皆の誕生日祝いをして下さったむかしむかしさんのBirthday祝いです。おめでとうございます。
Kano3_19

昼寝の図・・・(って、本気で寝ていたのはワタシだけだったのですが・・・)今日の昼食タイムは何と2時間半!! 通常の冬山ではあり得ない程の長い昼休みでありました。
Kano3_20

はるか眼下に玉原スキー場駐車場と玉原湖が見えています。
Kano3_21

広々とした鹿俣山頂。午後になりだいぶ雲が出てきました。
Kano3_22

予想以上に長い時間鹿俣山に滞在したので、周回せずに往路を戻る事にしました。
Kano3_23

パフパフというには程遠い重さですが、気合いを入れて駆けおりました。ボスボスランという感じですね。
Kano3_24

シャクナゲ群生地の辺りは細い稜線沿いに進みます。
Kano3_25

山頂から1時間20分程下った頃、雪が舞ってきました。
Kano3_26

むかしむかしさん、寅次郎さん、今年も冬山にお付き合い頂きありがとうございました。そろそろ春山かな・・・?

恒例、、、寅次郎さん目線の記事もお楽しみください。

おしまい。

|

« 荒れる海~城ケ島 | トップページ | 表妙義 茨尾根~相馬岳 »

コメント

あひるさま
夏日なこの頃、冬の楽しい時間を思い出しました(笑)
この日は本当によいお天気でしたね。
頂上では溢れる陽射しに
気温の低さと時間を忘れました。
昼休み2時間半はやはりダメでしょう(笑)

雪山で、青空で、ケーキで、シャンパンで…
最高のシチュエーションでの誕生祝い
心より感謝いたします。

素晴らしい時間をありがとうございました。


投稿: むかしむかし | 2010年5月 6日 (木) 23時10分

■むかしむかしさん、こんにちは。
掲載が大変遅れ失礼しました。
当日はお疲れさまでした。

大変良い天気+ほぼ無風に恵まれて良かったですね。
山頂Birthdayシリーズも"真打"登場を晴天で締めくくれて、
また、お楽しみ頂けたようで良かったです。

昼休み2時間半はそうそう出来るものではありませんね。
これも良き日(誕生祝い)の思い出のヒトツとして下さいcoldsweats01

投稿: あひる | 2010年5月 8日 (土) 01時29分

その節もどうもありがとうございました。
本当にいい天気で、今迄の自分の少ない雪山経験の中でも、一番いい日だったかもしれません。
料理もデザートも最高でしたし、本当に楽しい雪山でした。
欲を言えば、パウダー・スノーだったなら…。
(↑って、贅沢言い過ぎですか?笑)

投稿: 寅次郎 | 2010年5月 9日 (日) 21時19分

■寅次郎さん、こんにちは。
本当に良い天気に恵まれましたね。
リベンジ達成でした。
あの位の天候(おまけにすぐそばにゲレンデ・・・)
ならば安心してゆっくり出来ましたね。
パウダー・・・贅沢なんかでは無いですよ。
せっかくならばスノーシューwithパウダーの浮遊感を
味わって欲しかったデス。
来年は是非!(←超早過ぎ)

ところで・・・
D.D.Queen with Dancersはその後・・・happy02

投稿: あひる | 2010年5月11日 (火) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荒れる海~城ケ島 | トップページ | 表妙義 茨尾根~相馬岳 »