« 尾瀬 写真展@横浜 | トップページ | 鹿俣山スノーシュー第二弾 »

2010年1月30日 (土)

鹿俣山スノーシュー&プチスキー

今シーズン初の雪山・・・ゲレンデから行けるお手軽登山とブナ林のスノーシューイングに向かいました。スタート地点は上州たんばらスキーパーク。正面右寄りにそそり立つのは上州武尊 剣ヶ峰山。真正面に獅子ヶ鼻山。そして今日向かう鹿俣山(かのまたやま)は一番左端に緩やかに見えるピークです。
Kanomata13
(この写真は帰路に撮ったものです)

鹿俣山は、たんばらスキーパークのリフトを乗り継ぐと、歩いて登る距離は標高差50m少々。今日はブナ林を歩く&次回山行の下見が目的なので、文明の利器のお世話になることにしました。
しかし・・・スノーシューを持ってリフト乗り場に行くと「スキーとスノーボード以外は乗車不可」との御達し! 今さら歩いて登る気にもならず(既に時間は11時・・・)、お後のお楽しみにしていたスキー板を履いてリフトに乗ることとなりました。という事は・・・ずっと板を背負って歩かなくてはならない。はぁ・・・

そんなわけでリフト降り場からは板を背負ってゲレンデ脇の雪面を登り出します。
Kanomata1

ゲレンデから一歩踏み出すと一面静かなブナ林。鹿俣山まではほんの少しの急斜面を登ります。
Kanomata2

10分(^^;ほどで鹿俣山(1,636.7m)に到着。開けた山頂部分ですが南側(写真右側)は雪庇になっていました。
Kanomata3

小さな標識がありました。北側はブナ林にブロックされているので強風も無し。ゆっくり休むには良さそうな所です。
Kanomata4

山頂からの眺めは雄大です。左の小ピークが獅子ヶ鼻山(1,875m)、大きくそびえるのは剣ヶ峰山(2,020m)です。去る10月に剣ヶ峰山に行きましたが、向こうからこちらを見下ろした景色はこんな感じです。
Kanomata5

ゲレンデ側の眺めです。こちらも遮るものが無く雄大!遠くに玉原湖が見えています。帰路はこの斜面をパフパフランです。
Kanomata6

ゲレンデ西側のブナ林に向かいました。だーれもいない静寂の世界でした。
Kanomata7

途中一条のスノーシュー踏み跡を発見。
Kanomata8

途中からはスキー板に履き替え、林の間を滑ってきました。
Kanomata9

どこもきれいなブナ林です。
Kanomata10

ちょっと下り過ぎ・・・また担いで登る羽目に(-_-;
Kanomata11

ゲレンデ中間のレストハウス前に出ました。右にのピークが先程までいた鹿俣山です。
Kanomata12

今日は新幹線+送迎バスのプランで来たので、たんばら滞在時間はわずか4時間!短いながらも色々見聞出来た冬の一日でした。

おしまい。

|

« 尾瀬 写真展@横浜 | トップページ | 鹿俣山スノーシュー第二弾 »

コメント

あひる隊長
静かでよい雰囲気ですね。
関東最後のブナの原生林。
「原生林」って響きが魅力的。
「ステキなもの」が見つかりそうです。

雪も順調に積もりパフパフロングランができそうですね。
来週がとても楽しみです
よろしくお願いいたします。

投稿: むかしむかし | 2010年2月 3日 (水) 20時51分

■むかしむかしさん、こんにちは。
はい、見渡す限りの原生林・・・
(大部分)足跡も無い一面の雪景色でした。
言い換えればどこを見ても同じ景色の迷宮状態です。
「ステキなもの」は迷宮のどこにあるのでしょうねcoldsweats01

今回はブナ林に入ると少し雪が重くなりました。
しばらくは寒波が続きそうですので、きっと良い状態に
なってくれる事でしょう。
迷宮の中はきちんと場所を把握しながら進みましょうね。
今回もよろしくお願いします。

投稿: あひる | 2010年2月 4日 (木) 00時30分

あひるガイドさま
お疲れ様です。
ブナ林がとてもいい感じで、期待がもてますね。
けれど…、来週は気温が高そうで、
雪質はどうなんでしょうか…。
天気予報がハズれるといいのですが…。
当日はよろしくお願いします。

投稿: 寅次郎 | 2010年2月 5日 (金) 21時24分

■寅次郎さん、こんにちは。
緩やかな傾斜の中に広がるブナ林・・・
歩いているだけで気持ちよくなれる所でした。
乞うご期待です!
確かに天気&気温が微妙ですね・・・
この時も鹿俣山はパフパフでしたが、
ブナ林まで降りてくると結構重い雪でした。
週間予報は外れるのが常ですから期待しましょう!
こちらこそよろしくお願いします。

投稿: あひる | 2010年2月 7日 (日) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 尾瀬 写真展@横浜 | トップページ | 鹿俣山スノーシュー第二弾 »