« 笠ヶ岳-2 稜線を笠ヶ岳へ | トップページ | 笠ヶ岳-4 鏡平を越えて »

2009年9月 6日 (日)

笠ヶ岳-3 裏銀座稜線漫歩

・・・笠ヶ岳-2 稜線を笠ヶ岳へ より続く

明けて6日、ご来光を拝みに再度山頂へ・・・
午前5時 満月が西の空で輝いていました。
Kasa104

太陽を迎える東の稜線は影絵のようです。
Kasa077

そろそろ日の出時間ですが、3,000mの稜線からはなかなか太陽が昇って来ません。
Kasa105

中岳の南側から太陽が昇って来ました。今日も良い日になりそうです。
Kasa106

だいぶダラダラ準備をして6:40山荘を出発です。Kasa082

朝日が眩しいです。
Kasa083

テン場を過ぎた辺り。今日は真っ青な空です。
Kasa084

笠ヶ岳の東側斜面下は播隆平、小さな池がポツンとあります。Kasa085

遠く立山の背後には劔岳がちょこんと頭をのぞかせていました。
Kasa086

チングルマの穂がなびくようになると秋を感じますね。Kasa087

笠ヶ岳と、肩にある笠ヶ岳山荘を振り返ります。お世話になりました。
Kasa088_2

抜戸岳を通り過ぎた辺り、山頂から稜線通しに人が下って来ました。このルートでも良かったかも・・・
Kasa089

秋らしい空です。
Kasa090_2

今日もほぼ無風。人もまばらな登山道、随所で写真を撮りながらユルユルと進みます。
Kasa091

正面には雄大な西鎌尾根、眼下には緑の絨毯を敷いたような秩父平が見えてきました。ここからはしばし大きなアップダウンが続きます。
Kasa092

遠くには小さく赤い屋根の黒部五郎小舎が見えています。背後は緑の森雲ノ平と雄大な薬師岳です。
Kasa093
ちなみに・・・雲ノ平側からみると、こちらの稜線はこんな風に見えているのです(2006.9.23 雲ノ平にて撮影)。

秩父平への下降点です。
Kasa094

秩父平までは標高差120m程の下りです。Kasa095_2

クロトウヒレン(黒唐飛廉)
Kasa096

ミヤマアキノキリンソウ(深山秋麒麟草)(別名 コガネギク)が満開でした。Kasa097

秩父平はお花畑!
Kasa098

険しい秩父岩とお花畑の対比が印象的です。
Kasa099

笠から来た人、笠に向かう人、皆さん秩父平で一息いれられていました。
Kasa101

秩父平の最低鞍部です。双六岳が眼前に迫ります。
Kasa102

穂高をの山並みをバックにミヤマシシウド(深山猪独活)。
Kasa104

左最上部から稜線を下り、最低鞍部から写真右下の秩父平に下るように登山道はつけられています。
Kasa105

オンタデ(御蓼)
Kasa106

ミヤマコゴメグサ(深山小米草)
Kasa107

秩父平から登りきると、大ノマ岳(2662m)手前のピークに着きました。なかなか眺めの良い所です。
Kasa108

双六岳と樅沢岳の鞍部には双六小屋が見えています。背後に大きく見えるのは真砂岳ですね。
Kasa109_2

槍ヶ岳が近付いてきました。北鎌尾根西鎌尾根槍穂稜線が槍ヶ岳で合流している様が実によく分かります。
Kasa110

チングルマ(稚児車)と槍ヶ岳
Kasa112

ハクサンボウフウ(白山防風)でしょうか・・・?
Kasa113

ミヤマリンドウ(深山竜胆)
Kasa114

ハクサンフウロ(白山風露)
Kasa115

モミジカラマツ(紅葉唐松)
Kasa116

沢山の花を足元に見、雄々しい北アルプスを眺め、、、歩みは遅々として進みません(^^;。
弓折岳が見えてきましたが、、、また登り返しです・・・
Kasa117_2

ミヤマトリカブト(深山鳥兜)
Kasa118

目指す左俣谷ははるか下・・・暑くならない事を祈るばかりです。Kasa119

弓折岳までの登りは予想外に急登でした。距離は短いですが、笠新道よりキツかったかも・・・
Kasa120

この辺りはタテヤマアザミ(立山薊)が群生していました。Kasa121

歩いてきた大ノマ岳を振り返りました。眼下に見える小さな広場が大ノマ乗越ですね。
Kasa122

登りきった所に弓折岳の指導標がありました。これで今日の「登り」は終了です。Kasa123

笠ヶ岳-4 鏡平を越えて へ続く・・・

|

« 笠ヶ岳-2 稜線を笠ヶ岳へ | トップページ | 笠ヶ岳-4 鏡平を越えて »

コメント

あひるさん、こんにちは。チングルマの穂達が
大合唱しているようで可愛いですね。
さて、私は21日快晴の下、涸沢ヒュッテでスイカとリンゴを食べながら涸沢の紅葉を満喫した後、渋滞の涸沢岳→穂高岳山荘へ。
穂高岳山荘は沢山の人でごったがえしており、私が当たったのは乾燥室。食堂組も沢山!記念すべき山小屋となりました。
22日は朝からものすご~いガス!奥穂への渋滞を待つ間に雨と風も加わり寒~い。あたり一面のガスで何処を歩いているのやらさっぱり分らず、紀美子平まで来て初めて自分が何処にいるのか分る有様。(ジャンダルムを近くから見たかったのに)
とりあえず歩いたというだけに終わった奥穂~岳沢ルートでした。
あひるさんのようになかなか「絶景」に恵まれないで~す。

投稿: 緑のそよ風 | 2009年9月23日 (水) 15時25分

■緑のそよ風さん、こんにちは。
大混雑の涸沢~奥穂ルート、お疲れ様でした。寝床は乾燥室でしたか・・・夕食は何時頃になりましたか?

いえいえ、記録を載せているのは晴天の山行からですので、、、私も風雨の奥穂~吊尾根(濁流で岳沢が渡れなかった・・・)、強風雨の槍ヶ岳~南岳&大キレット、雨&雷の北穂~奥穂等、絶景とは程遠い稜線歩きbearingは何回もありますので。。。
緑のそよ風さんも、次に奥穂に行く時はきっとジャンダルムの威容を見る事が出来ますよgood

投稿: あひる | 2009年9月23日 (水) 23時26分

いや~実に良い眺めを見ての山旅ですね
益々行きたくなりましたよ
同じ日の、全く反対側からの槍~穂を
見せて頂き、感激です

続き、鏡池の写真も楽しみです

投稿: くに | 2009年9月24日 (木) 07時27分

■くにさん、こんにちは。
笠は槍穂とは違う経歴で生まれてきた山塊みたいですから、歩いた雰囲気が全く違いました。
また前穂等が見えないので蝶から見るのとは違って広がりのある眺めだと感じました。薬師等が近くに見えるのも表銀座とは違った感じで新鮮でしたよ。

投稿: あひる | 2009年9月27日 (日) 08時22分

あひるさん、どうもです。
その節は情報提供ありがとうゴザイマス。

ホントに素晴らしい場所でした。
稜線歩いている時など、冗談でなく
天国かと思いましたよ。

ワタシより2週間前で、まだこれだけ花が
咲いていたんですね。
ワタシの時は、花はほとんど終わっていて、既に紅葉が始まってました。

ワタシとは全く逆のコース取りなので、
これまた楽しめます。
鏡池編も楽しみにしております。


投稿: けろぼうず | 2009年9月27日 (日) 20時22分

■けろぼうずさん、こんにちは。
天候に恵まれて良かったですね。
混んでいても景色が良ければ
気分も上向きますからね。

北アルプスは一気に秋への衣替えが
進んでいるようですね。
目覚めた(?)裏銀座へまた是非行ってみて
下さい。今度は西鎌尾根かな?

投稿: あひる | 2009年9月29日 (火) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笠ヶ岳-2 稜線を笠ヶ岳へ | トップページ | 笠ヶ岳-4 鏡平を越えて »