« 涸沢 | トップページ | 北→奥→西穂高縦走-2 北穂東稜 »

2009年8月 7日 (金)

北→奥→西穂高縦走-1 雨の中涸沢へ

上高地から涸沢に入り、北穂高岳経由で奥穂高~西穂高縦走、新穂高温泉に下る山行に行きました。涸沢から北穂高岳は東稜のバリエーションルートを経由する計画です。メンバーは穂高岳デビューのけろぼうず夫妻と麦酒さんと、途中離合しながらご一緒しました。
出だしの上高地は・・・rain・・・明日以降に晴れる事を期待し、まずは涸沢に向かいます。
Kitaho001

しばらくは傘をさして歩いていましたが、雨も上がり、道端の植物を愛でながら進みます。雨に濡れた植物たちは活き活きしてみえます。
Kitaho002

横尾からは本格雨の気配で雨天装備に変更。本谷橋に着くころは完全な本降りになりました。
Kitaho003

雨が降るは降るは・・・"話が違う"と言いたい位で、本谷橋から涸沢への登山道はまるで沢を遡行しているかのように水が流れていました。
まだまだこの時期は涸沢までは雪渓歩きですが、この写真の通り、随所に穴が開き、激しく水が流れていました。雨もザーザー降り・・・修行です・・・
Kitaho004

今日の宿は涸沢小屋ですが、小屋の中はあちこちに雨具が干され野戦病院状態。それでもしばらくすると北穂高~涸沢岳稜線が見えてきました。
Kitaho005

気温の変化で雪渓上から一面ガスが立ち込めたかと思うと・・・
Kitaho006

一気にガスが飛びました。
こちらは前穂高岳(一番右端)北尾根の稜線です。
Kitaho008

空は一面雲に覆われていますが、明日は晴れてくれるのかどうか・・・
Kitaho009

もっと詳細に書かれているけろぼうずさんのBlogも是非ご覧下さい。

北→奥→西穂高縦走-2 北穂東稜 へ続く・・・

|

« 涸沢 | トップページ | 北→奥→西穂高縦走-2 北穂東稜 »

コメント

出たっ!涸沢ショック!

大雨、川のような登山道、全身濡れネズミ、ぐちょぐちょの登山靴、湿度100%の山小屋(野戦病院とは言い得て妙)・・・
いや~思い出しますね~
不思議なのは、不快な思い出ではなく、
むしろ清清しい印象を伴っていること。

素晴らしい山行きでした。
続編楽しみです。

投稿: けろぼうず | 2010年5月29日 (土) 03時15分

■けろぼうずさん、こんにちは。
大変お待たせしました。もう忘れちゃってましたか?
でもあのrain大雨は忘れませんねcoldsweats01

”清清しい”とは素晴らしいですhappy02
雨の後は装備類の片付けとかが嫌なので、
ワタシはやっぱり嫌だったなぁ。
でも翌日の稜線の眺めにつながったからマルですね。
続きもお楽しみに・・・
けろぼうずさんBlogの方にもリンク追加させて頂きました。

投稿: あひる | 2010年5月30日 (日) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 涸沢 | トップページ | 北→奥→西穂高縦走-2 北穂東稜 »