« わた志賀ツアー-1~石の湯裏山歩き | トップページ | 三浦アルプス縦走 »

2009年3月21日 (土)

わた志賀ツアー-2~志賀から万座へ向けて

・・・わた志賀ツアー-1~石の湯裏山歩き より続く

万座に向けてのツアー日、最高の天気となりました。
リフトを乗り継いで正面に見える横手山まで向かいます。
山の向こうはどんな景色なのかな・・・
Shigamanza13

リフトには前後両方にびっしりエビの尻尾。昨日は寒かったんだなぁ、と実感します。
と、言うことは良いユキが期待出来るということ?
Shigamanza14

巨大な無線中継所のある横手山に着きました。ここに来たのは23年ぶりcoldsweats01です。
Shigamanza15

リフト降り場上の展望台に上がりました。穏やかそうに見えますがキョーレツな風でした。
Shigamanza17

北アルプス連山の眺めも素晴らしいsign03
Shigamanza18

早速ちょっと寄り道、横手山頂ヒュッテには日本一高いところのパン屋さんがあります。美味しそう。。。
Shigamanza16

さぁ、出発ですsign01
Shigamanza19

まずは渋峠スキー場のゲレンデ脇を下ります。
Shigamanza20

そこからは「私をスキーに連れてって」の世界に突入。素直に国道沿いに行ってもつまらないので、池ノ塔山(2,217m)経由にコースをとります。今日はガイドさん+スノーシュー3人+山スキー2名の6名構成です。
Shigamanza21

池ノ塔山から少し下ると日本国道最高地点(2,172m)の標識がありました。
Shigamanza22

今日向かう方角・・・中央部の緩やかなピーク「白根山」右下の鞍部を越えていきます。純白の世界が広がっています。
Shigamanza23

行程の多くの部分は、雪に埋もれた国道沿いを行きます。
Shigamanza24

山スキー班はスイーっと先行中。山スキーも魅了的だなぁ、と思います。
Shigamanza25

スノーシュー班は国道をはずれてノートレースの尾根伝いに進みます。
Shigamanza26

この時期とは思えない程のパフパフの雪。随所で雪遊びが繰り広げられました。
Shigamanza27

誰の足跡も無い所を進むのは気持ち良いものですね。
Shigamanza28

しばしのパフパフダウンヒル!
Shigamanza29

山田峠(2,048m)の避難小屋です。
Shigamanza30

国道は斜面をトラバースするため雪崩の危険大。一旦南西方向の尾根に取りつきます。天に向かう感じの登りです。
Shigamanza31

正面に白根山です。中腹に見える無人通信設備(?)辺りでランチにすることとしました。
Shigamanza32

「最高ー」という声が聞こえてきそうな天候&雪です。
右端に見えるピークが出発点、横手山リフト降り場になります。
Shigamanza33

ランチタイム、ガイドさんがチーズフォンデュを作ってくれました、美味!
持参した「ipod+ミニスピーカー」でユーミンをかけて気分を盛り上げます(←「私スキ・・・」のお約束ですから・・・)
Shigamanza34

荷物をデポして隣の白根山に登ることにしました。
Shigamanza35

有名な湯釜は角度的に見えませんが、雄大な景色です。
Shigamanza36

万座温泉スキー場まではもう一息です。
Shigamanza37

尾根の反対側には、草津万座分岐の交差点が見えてきました。
Shigamanza38

これだけ良いコンディションですと、もっと歩いていたくなります。
うう、、、やっぱりスキーはいいなぁ・・・・・・
Shigamanza39

突然万座温泉スキー場朝日山ゲレンデ最上部に到着しました。
Shigamanza40

最後はスキー場ゲレンデ脇を下ります。駆けたり、ソリで滑ったり、、、リフトに乗るスキーヤーの奇異な視線が印象的だったこと・・・
Shigamanza41

ガスの立ち上る万座温泉に到着して志賀~万座ルート終了です。
Shigamanza42
あひるは2日間参加でしたので、皆さんとお別れして吾妻線で帰還となりました。

おしまい。

|

« わた志賀ツアー-1~石の湯裏山歩き | トップページ | 三浦アルプス縦走 »

コメント

あひるさま

2日間お世話になりました。
ワタスキDayは本当に良い天気!
北アルプスの銀嶺の壁から群馬、栃木の山までの
広~い景色はホント日本離れしていました。
が、ワタスキの知世ちゃんのコースとは全然違いますね。
あっと言う間に着くし、登りもあるし…

そして、奇異な目を向けられてもソリは楽しい!!
「私をソリに連れてって」???

前日の石の湯裏山の若いカンバ林は
方向感覚のなくなるような不思議な空間でした。
状況次第では怖い場所ですが、
ゆっくり過ごしてみたい空間でした。

と・り・あ・え・ず
「ワタスキ」をもう一度観よう。
復習、復習。


投稿: むかしむかし | 2009年3月30日 (月) 08時18分

■むかしむかしさん、こんにちは。
お疲れさまでしたー
sun天気に恵まれて良かったですね!
前日の幻想的な世界、、、あれはあれで
なかなか面白かったです。きっと近所に
道路があったでしょうから、あの天気で
見えなくて良かったのだと思います。

ワタスキコースは確かに映画と違い雄大過ぎ???
志賀万座辺りにあんな雄大な空間があるとは
予想外でした。。。
トモヨちゃんは、登り避けてトラバースに
突入していたら雪崩のピンチでしたね、きっと。

ソリは、、、あの値段なら買っても良かったかなぁ、
と少々後悔しました。
来年(←早過ぎ?)もマイソリ持って雪野原に
遊びに行きましょうgood

復習、、、私もしようかなcoldsweats01

投稿: あひる | 2009年3月31日 (火) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わた志賀ツアー-1~石の湯裏山歩き | トップページ | 三浦アルプス縦走 »