« 劔岳~点の記 | トップページ | 上州赤城山 »

2009年2月 8日 (日)

阿蘇山(眺・・・)

阿蘇山に行って(眺めて)来ました。(といっても1月19日に・・・)
あひるにとって北海道に続く大好きな場所が阿蘇。あの雄大なカルデラは世界規模です。「山に登った・・・」なので阿蘇の最高峰「高岳」に登るつもりが・・・あっさりフツーの観光になりました。

活火山ならではの荒涼とした山頂部分です。手前は巨大な火口、正面のコルから右に向かって中岳(1,506m)、高岳(1,592m)です。
Aso1

阿蘇には7つの火口があります。こちらはもうもうと噴煙を上げるの第2火口。
Aso2

九州で標高は1,500m程といっても立派な冬山です。気温は2度。時として10m近い風が吹き付けていました。ロープウェイ乗り場の脇には火山弾避けのシェルターがものものしいです。
Aso3

阿蘇は巨大な外輪山がきれいな形で残っています。
こちらは外輪山の中でも有名な遠見ヶ鼻(大観望)。写真右側、外輪山壁が同じ標高でずーっと向こうまで続いているのが分かります。(「鼻」とは岬の意味。外輪山からカルデラの内側に岬のように突き出ている部分を「鼻」と呼ぶそうです)
Aso8

で、その他少々マイナーな所を回ってみました。いずれもテーマは「ジオ」です。

少し離れた所、黒川温泉郊外にある「すずめ地獄」
あちこちから亜硫酸ガスが噴出している所。よく小動物が死んでいるらしいです。ゴボゴボと沸いているまっ白い硫黄泉は冷泉のため湯気が出ていません。
Aso7

二つの川が南北から合流する地点に出来た「夫婦滝」
こういう景観って見たことが無いです。
閉じた空間に二つの滝音が混じるため見た目以上の迫力を感じます。川の流れと併せて癒しの空間と言えるかもしれません。
Aso5
左は男滝(15m)久住の山々から流れてきた田の原川、右は女滝(12m)阿蘇方面から流れてきた小田川。

次に行く時は高岳に登りましょう・・・おしまい。

|

« 劔岳~点の記 | トップページ | 上州赤城山 »

コメント

これはスゴイですね。やはり世界レベルの阿蘇山。九州の温泉は規模が世界レベルです。

投稿: takebow | 2009年2月10日 (火) 17時12分

う~ん、九州の山は行ったことありませんが、全然雰囲気が違いますね。ていうか、
やはり阿蘇山ならではなのでしょうか?
まだろくに本州の山も登ってませんが、
いつかは九州や四国あたりの山も登って
みたいものです。あー時間がほしい!
というより、気合の問題かな(苦笑)

投稿: kerokerobouzu | 2009年2月11日 (水) 01時30分

■takebowさん、こんにちは。
はい、阿蘇はスゴイですsign01
九州も良い温泉が沢山ありますよね。
近くにあればしょっちゅう通いたいところですcoldsweats01

投稿: あひる | 2009年2月13日 (金) 00時51分

■kerokerobouzuさん、こんにちは。
阿蘇山の雄大さは非日本的です。
カルデラ規模的には北海道屈斜路湖の方が上らしいですが、火山の規模と合わせると一番と言えるでしょう。
こんな写真載せてますが、あひるが行ったのはお気楽ロープウェイだけ、、、本州以外のヤマも2カ所(大雪山,羅臼岳)しか登った事ありません・・・なかなか長い時間と距離をかけて山に入るのは難しいですねcoldsweats01

投稿: あひる | 2009年2月13日 (金) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 劔岳~点の記 | トップページ | 上州赤城山 »