« 謹賀新年 世界一の山 | トップページ | 雷鳥夫婦 »

2009年1月 5日 (月)

岳沢ヒュッテの廃業が決定

年末も押し詰まった12月28日の信濃毎日新聞に岳沢ヒュッテ廃業の記事が掲載されていた、との情報を今日得ました。
以前お世話になった事もあるだけに復活を期待していたのですが、なかなかそうもいかないようですね。ちょいとばかり在りし日を振り返ってみました。

2003年10月8日、穂高岳山荘からの下山時に、早着して泊まりました。日当たりの良いウッドデッキが気持よかったです。
Dakesawa20031008

ヒュッテの前には指導標がたっていました。
Dakesawa200310081

翌2004年9月大雨の奥穂高岳から下山時「カレーを食べよう」と楽しみに下って来たところ、岳沢が氾濫しておりヒュッテ側には渡れず。ヒュッテの人が身振り手振りで「×」マークを示していました。いつもは全く水の流れていない沢が氾濫した時の怖さを目の当たりにしたのもこの時でした。
Dakesawa20040905
この翌々2006年、雪害でヒュッテは崩壊しました・・・

岳沢ヒュッテ様、長い間ありがとう&御苦労様でした。

P.S.情報を下さったむかしむかしさんにも謝意!

追記(2010年7月23日)
その後、岳沢地区への山小屋再建が決まり、2010年7月23日
岳沢小屋として再スタートしました。

|

« 謹賀新年 世界一の山 | トップページ | 雷鳥夫婦 »

コメント

先日は、色々お世話になりました。
後ろ姿が、沢山載っていました。
岳沢ヒュッテは、20代の頃、2回ほど立ち寄ったことがあります。
掲載された写真とは、かなり違っている記憶がします。
2006年の小屋崩壊と経営者の事故死で、いつ再開出来るかと期待していたのですが・・・・・
残念です。
情報ありがとうございます。

投稿: かけだし | 2009年1月 6日 (火) 18時46分

■かけだしさん、こんにちは。
明けましておめでとうございます。

天狗の方はご連絡が出来ておらず失礼しました。
年末にPC中身の大掃除を行った際、オンライン
アルバム用のフォルダを消してしまい、
肝心の方がまだ完成していません・・・
こちらの方も出来次第またご連絡しますです。

岳沢ヒュッテは・・・残念でした・・・
これも一つの時の流れでしょうか・・・

またどこかでお会いしましょう!
今年もよろしくお願いします。

投稿: あひる | 2009年1月 7日 (水) 00時01分

あひるさん、ご無沙汰です&あけましておめでとうございます。
久しぶりに遊びにきて、過去の記事を一気に拝読しました。相変わらずお元気にご活躍のようですね!10月の東天狗山頂では、よくぞあれ程ドンピシャのタイミングで登ってきてくださいました。再会できて、とても嬉しかったです。
今年は、例のプランを実行しましょうよぉ。アレとアレ。(どれ??笑)楽しみにしてます。

さて、岳沢ヒュッテ廃業のニュースには本当に胸のつまる思いです。私・・・この小屋がなかったら、きっとこの世に生まれてなかった。それ程自分にとって特別な意味のある小屋なのに、実は一度も訪れたことがなかったんです。いつか行けると思っていたから・・・だから再建を心から願ってました。非力な私には何もできないのだけど・・・お嬢さんも無念でしょうね、苦渋の決断であったと想像します。本当に残念です。

投稿: 美穂高 | 2009年1月 7日 (水) 13時11分

岳沢ヒュッテ廃業のニュース、ショックでした。一度もあのルートを使わずにとっておいたので残念です。小生の読んだ記事では、岳沢の重要性から何らかの対策が必要との関係者の声が記されていたので、ヤマ関係者の参入を期待したいのですが。。。オヤジさんの遺志を継いで下さる方の現れることを小生は望んでいます。

投稿: takebow | 2009年1月 7日 (水) 17時47分

■美穂高さん、こんにちは。
明けましておめでとうございます。
こちらこそ天狗岳以降御無沙汰で、お久し振りでございます。天狗岳は、合唱団も登っているだろうなぁ、、、とは思っていましたが、それぞれ反対側から登って来てですから、タイミング良すぎでしたね。今年は、、、ご一緒する機会もきっとありそうですね。
よろしくお願いします。

岳沢ヒュッテは上高地からも近くて、ちょうど明神とか徳澤のような感じで、いつでも寄れるから、、、という感じもありました。でも無くなってしまうと、、、上高地から穂高岳山荘まで長い道のりだけが残りましたね、残念です。無くなった跡地を見るのが寂しいという感じもあり、重太郎新道方向にはこれ以降足が向いていません・・・。

投稿: あひる | 2009年1月 8日 (木) 01時01分

■takebowさん、こんにちは。
岳沢の重要性については、私もどこかの記事で読んだような気がします。救助の拠点としてもあそこが無いと長い間隔が開いてしまいますからね。支えたいと思っている人は沢山いるでしょうが、実際に再建となるとそう簡単にはいかないようですね。
今は、今まで登山者を支えてきて下さった事に感謝するのみです・・・

投稿: あひる | 2009年1月 8日 (木) 01時09分

ああ、遂に廃業ですか…。
残念ですね…。
岳沢ヒュッテは20年近く前に、休憩をさせてもらったのみなので、
どんな小屋だったか、正直言って記憶にはないんですが、なんだか寂しい感じがしますね。
岳沢ヒュッテがなくなってしまうと、奥穂〜上高地間は結構なロングコースとなってしまいますね。

投稿: 寅次郎 | 2009年1月12日 (月) 22時22分

■寅次郎さん、こんにちは。
皆さん、何かしら岳沢ヒュッテとの関わりor思いを持たれているんですね。上高地~穂高岳山荘間、この長区間に山小屋が一つでもあると安心なのですが(それを言えば新穂高~穂高岳山荘もキツイ)・・・。
何か知人を失ったような寂しさがありますね。

投稿: あひる | 2009年1月13日 (火) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謹賀新年 世界一の山 | トップページ | 雷鳥夫婦 »