« 池巡り-5 天狗池 | トップページ | 秋八ヶ岳-1 オーレン小屋から硫黄岳 »

2008年9月16日 (火)

北アルプス「池」巡り

9月12~15日 北アルプス「池」巡りに行ってきました。
南部北アルプスに点在する、ひょうたん池,奥又白池,北穂池,天狗池の4池。
8月の明神岳でひょうたん池には行ったので、今回は残りの3池を縦走することにしました。8月お盆明けからの不安定な天気続き・・・1週間延期しての実施でした。
詳細レポはそれぞれのページをご覧下さい。

1 奥又白池へ
2 五・六のコルを越えて
3 北穂池(1)
4 北穂池(2) 南岳へ
5_天狗池

|

« 池巡り-5 天狗池 | トップページ | 秋八ヶ岳-1 オーレン小屋から硫黄岳 »

コメント

あらあら・・速い更新ですねー
今年の 私の目標も 同じく池巡りの旅です
奥又白池は 水面が少し汚れていて残念でした
でも 6峰から見た水面は青く輝き 美しかったです!

今週末の 北穂池は 所要で行けなくなりましたけど 10月に訪ねようと思っています

投稿: 三鷹のあなぐま | 2008年9月17日 (水) 17時45分

素晴らしいですね~! いいなー。
私もまた月夜の徘徊したかったです。
本当に羨ましい・・・

5・6のコルから見た奥又白池は、北海道のような形に見えませんでしたか?
北穂東稜からの南岳、迫力ありますねー。
私も18・19日で行く予定だったけど、この天気じゃねぇ・・・あきらめました。

詳細レポ、楽しみに待ちま~す♪

投稿: イワツメクサ | 2008年9月17日 (水) 21時36分

もう、うらやましさを通り越して憎らしい!!こんないい思いばっかりして・・・
でも、詳細レポ心待ちにしていますよ。

投稿: SF | 2008年9月18日 (木) 12時46分

■三鷹のあなぐまさん、こんにちは。
この夏はよくお会いしますね。 あなぐまさんも「池」がテーマでしたかsign01今度「池」について語りましょう。
6峰はどうしようかと思いましたが、ご存じのように前日は雨&ガスでしたからね。奥又白池は良いトコロでした。天候に追われずにゆっくり再訪したいですね、その時にでも6峰は訪問したいと思います。
秋の北穂池も良いですねー。こちらも再訪してゆーっくりしたいと思いました。

投稿: あひる | 2008年9月21日 (日) 01時31分

■イワツメクサさん、こんにちは。
中秋の名月だという事は南岳に着いてから知ったのです。でも残念ながら夜には雲が出てしまったんですよ・・・
5・6のコルへの登りは途中からガスとなりましたcoldsweats01ですの池は見えず。あ!でも明神岳から見た姿確かに北海道に似てますねsign01
北穂東稜は素晴らしかったです。ゴジラの背を迂回してでも歩きに行きたいなぁ、と思いました。本篇もジワジワ続けますのでまたご笑覧下さい。

投稿: あひる | 2008年9月21日 (日) 01時36分

■SFさん、こんにちは。
北穂池、お先に失礼しました。はい、物凄く良い所でした。なかなか遠くてツライところですが是非再訪したいと思いました。・・・とは言っても奥又白池から五・六のコルは"ガス修行"だったんです・・・suncloudrainmistfullmoon(←月)が全てあった山行でした。詳細版もジワジワ始めるのでまたご笑覧下さい。

投稿: あひる | 2008年9月21日 (日) 01時42分

今晩は、ご無沙汰しています。
小生も仕事等が忙しく、なかなか山に行く事が出来ません。
それでも、笠ヶ岳以降、鹿島槍~五竜と南岳に行きました。
でもカッパ着用の日が多く、スッキリと晴れた日がありません。
それでも、9月12日、天狗池で晴天の槍をGET出来ました。
その日の南岳小屋も比較的空いていました。
これからは、近くの山に行こうと考えています。
それと、尾瀬は良く行きました。(20回位い)
会社で、山小屋の補助が・・・・・・
「池巡り」つづき楽しみにしています。

投稿: かけだし | 2008年9月25日 (木) 20時25分

■かけだしさん、こんにちは。
今年は8月の半ば以降不安定な日が多かったですね。私も何回か直前で延期しました。
おや!12日に南岳に行かれましたか、ニアミスだったんですね。13日私が奥又白池に向かっている日、雨の中を下山されていたのですね。 尾瀬も20回とは凄いですね!私はまだ2回の駆け出しcoldsweats01です。お勧めのスポットなどあったら是非教えて下さい!
本編そろそろ準備出来てきました。
またお寄り下さい!

投稿: あひる | 2008年9月25日 (木) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 池巡り-5 天狗池 | トップページ | 秋八ヶ岳-1 オーレン小屋から硫黄岳 »