« 池巡り-2 五・六のコルを越えて | トップページ | 池巡り-4 北穂池(2) 南岳へ »

2008年9月14日 (日)

池巡り-3 北穂池(1)

・・・池巡り-2 五・六のコルを越えて より続く

朝方はガスが出たのですが、良い天気になりそうなので北穂池を目指します。
北穂高沢を登りながら昨日越えてきた前穂北尾根を振り返りました。一番左の大きなピークがⅥ峰。その右側が五・六のコルです。こうして見ると涸沢との標高差ありますね・・・
Kitahop01

1時間程登って一般登山道が南稜に取り付く鎖場に向かう辺りで、右に見える東稜に向け進路を変えます。
Kitahop02

ここから先はバリエーションルートです。指導標も何も無い、自分でルートを考えながら進まなくてはならないルートです。岩は浮き石だらけで大変不安定で、踏み跡もあまりはっきりしていません。※

直前に二組ほどパーティがいました。いずれも登攀用具を装着しており東稜ゴジラの背に向かう模様です。落石が来てもイヤなので彼らの進むルンゼを避けて右側の尾根を攀じりました。
Kitahop03

東稜に登ると結構なガス・・・。彼らと供に進むと、、、あれ?ここは?ゴジラの背まで来ちゃいました。
Kitahop04

ここで一気にガスがsun晴れてきました。ガスなら北穂池下降は止めようと思っていたのですがナイスタイミングです。少し余分に登ってしまったようですので、下降気味に進路を北穂池方向にとります。写真正面の縁まで行くと・・・
Kitahop05

見えました!北穂池sign01(右下隅の茶色い所)
Kitahop06

振り返って東稜ゴジラの背です。私の前に二組、後ろから更に二組登ってきており、取り付き部分で既に渋滞の模様・・・ しかし北穂池に向かう人は誰もおらず・・・今日もまた孤独な旅です・・・
Kitahop10

北穂池までは標高差400mの急な下りです。
Kitahop12

ガレ場を下って来ると岩角に赤いマークが・・・コースは合っているみたいですね。
Kitahop14

その先で沢から左に分岐する薄い踏み跡がありました。進み易い沢を離れて踏み跡に入ります。(何で入ったか、、、というと、何となくこっちっぽく感じたから(^^;))
Kitahop15

鬱蒼とした藪こぎです。
Kitahop16

正しいのかなぁ、と思っていると足元の木の下にマーク発見!宝探しみたいです・・・
Kitahop17

この辺りからの眺めはすごく雄大です。大キレットの向こうに屏風のように立ちはだかる南岳。普段なだらかな山に見えている南岳が立派な独立峰に見えます。
Kitahop18

踏み跡に導かれてガレガレのルンゼに下って行きます。所々に赤マークが見えています。
Kitahop19

藪を出てから下って来た斜面。かなり悪いです・・・
Kitahop20

廊下状に狭く大変不安定な岩場を下って来ました。下り始めはずーっと上の方です。
Kitahop21

眼下に北穂池。さぁ、左右どちらに下りますか? 踏み跡を見極めれば左への下降路が見えるハズです。
Kitahop22

天候はどんどん好転、南岳の雄姿です。(拡大写真(1024*768)はこちら
Kitahop23

え?さる? ってことは集団がいるってこと? あんまり嬉しくないですね・・・、こちらは一人だし。
Kitahop24

足下の巨岩はいずれも不安定でグラグラです。南岳に見入って歩こうものなら大怪我します。歩く時はそれ以外の事をしないこと、、、景色を見る時も写真を撮る時もしっかり停止する。これ基本ですね。そんな南岳の拡大写真(1024*768)はこちら
Kitahop25

好天の中、ジワジワと近づいて来る北穂池にテンションも上がります。さる軍団の中を突っ切る事になりちょっとドキドキ。
Kitahop26

北穂池(干上がり中!・・・)到着。涸沢ヒュッテから2時間47分でした。
Kitahop27

池巡り-4 北穂池(2) 南岳へ へ続く・・・

|

« 池巡り-2 五・六のコルを越えて | トップページ | 池巡り-4 北穂池(2) 南岳へ »

コメント

こんばんは
北穂池、今年は 時間切れで行けませんでした
来年の 目標ですね!
今週も 何処かへ お出かけでしょうか?
紅葉・黄葉は どこも最高です
涸沢は 楽しかったですよ
あひるさんは あと何回 登山しますか?

投稿: 三鷹のあなぐま | 2008年10月10日 (金) 22時00分

■三鷹のあなぐまさん、こんにちは。
北穂池、時期が会えば是非ご一緒したいですね。今度は某ガイドさんのように紅葉時に行きたいです。だとしたらやはりテントでしょうか・・・。
この3連休は日帰りで某街巡り位です。
来週は八ヶ岳、その後は・・・月イチ位で近場でしょうか・・・あ、某ガイドさんの天狗岳に行く予定です。

投稿: あひる | 2008年10月12日 (日) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 池巡り-2 五・六のコルを越えて | トップページ | 池巡り-4 北穂池(2) 南岳へ »