« 明神岳-3 明神縦走(1) | トップページ | 孤高の峰 明神岳へ »

2008年8月 3日 (日)

明神岳-4 明神縦走(2)

・・・明神岳-3 明神縦走(1) より続く

縦走も後半に突入しました。
明神岳Ⅳ峰から振り返ったⅠ峰(右)、Ⅱ峰(中央)、Ⅲ峰(左)です。(拡大写真(1024*768(196KB)です)
Myojin60

最後のⅤ峰です。明神から見上げた時、一番手前に尖って見えるのがこのⅤ峰です。(拡大写真(800*600(149KB)です)
Myojin63

山頂直下の脆いルンゼを登ります。
Myojin63_1

Ⅴ峰から見たⅠ~Ⅳ峰です。右側Ⅳ峰はⅠ峰と重なって一つに見えています。(拡大写真(800*600(158KB)です)
Myojin65

梓川と上高地、遠く焼岳の図です。普段見ない角度からの景色です。
Myojin67

間ノ岳(左)と天狗の頭(右)です。天狗沢にはまだ多くの雪渓が残っていますね。
Myojin68

二つのピークが見えますが、ジャンダルム(左)とロバの耳(右)です。こちらから見ると"ロバの耳"というのが良く分かりますね。(ジャンダルムに行った時の図)
Myojin69

岳沢に向かって明神南西尾根を下って行きます。
Myojin67_2

Ⅴ峰から100m程下って来ました。岩雪崩が起こりそうな不安定なガレ場の連続です。
Myojin71

上高地の背後(東側(左側))に屏風のように立つ山が六百山です。(その後ろのひときわ高いのが霞沢岳) こちらも登山道の無い山です。明神岳と六百山、上高地から至近の二つの山に登山道が無いのは不思議な事です。(そんな六百山からの眺めをご覧になりたい方はこちらへ(2011.6.26追記))
Myojin67_3

河童橋がよく見えます。バスターミナルは大型バスで満杯の様子。
Myojin72

こちらは明神橋です。向こう岸(梓川左岸)の林の中に明神館、手前には明神池が良く見えます。この景色を見てみたかった(いつも見上げている明神岳から眺めてみたかった・・・)ので大満足です。
Myojin73

三等三角点のある2263ピークです。上高地~明神間(梓川左岸)の登山道を歩くと、河原が開けた所で目に入ってくるトンガリピークです。
Myojin74

いよいよ藪こぎに突入。虫が飛ぶは飛ぶは・・・
Myojin75
ここからは、殆ど展望の無い、標高差800mの急斜面下りです。

途中には細く痩せた岩尾根も出現します。樹木があるのでそれと判りませんがこの辺りは幅1m少々の岩尾根で左右がスッパリと切れ落ちています。
Myojin76

親切な登山道のようにジグザグに道が切ってある訳でも無く、もうイヤになるほどの下りでした。また、林の中で、数回、尾根が枝尾根に分岐していくのでルートファインディングが必要な辺りです。あひるが先頭で下ったのですが、2回程「あれ?道が消えた」てなことがありました。疲れて早く下りたいと思っている時ほど要注意ですね。

1時間40分程林を下り続けると、岳沢登山道7番の標識の真横に飛び出しました。10時間ぶりの整備された登山道との出合いです。近所にある風穴クーラーに当り疲れを取りました。
Myojin77

登山道も終点です。
Myojin78
午前3時から11時間39分。中島ガイドのお陰で大変充実感のある長い一日が過ごせました。

おしまい。    

|

« 明神岳-3 明神縦走(1) | トップページ | 孤高の峰 明神岳へ »

コメント

全5編にワクワクと読ませていただきました。
高度感ありあり(過ぎ)です。写真でもコワイです。岩も聞いていた以上に脆そうだし「絶対に行かない」という点でとても参考になりました。
でもいつも見ている景色を違うアングルで見るのは楽しいものですね。
私は上高地を霞沢岳から眺めようと思いました。
膝早く良くなるようにお祈りしています。

投稿: むかしむかし | 2008年8月20日 (水) 09時27分

■むかしむかしさん、こんにちは。
ご覧頂きありがとうございました。充実度のかなり高い一日でした。 視点が変わると今まで気付かなかった地形、景色に出会えてとても新鮮ですね。 霞沢岳もいいですねー。中島ガイドは六百山から霞沢岳を越えて徳本に行きたいと言っていました。これまたディープそうなコースです。
膝、、、ありがとうございます。来週医者に診てもらって次の山行を考えようと思います。(計画上はあるのですがね・・・)

投稿: あひる | 2008年8月24日 (日) 02時15分

レポ全て読むと もう行きたくて たまらなくなってしまいました

あひるさんも これだけ充実された経験を されると 通常の 登山道での山行では 物足りなく なってしまうのでは?

来週 同じ方面に 向かうので また お会い出来るのかな? 私達は しるふれい7時集合です

投稿: 三鷹のあなぐま | 2008年9月 4日 (木) 05時25分

楽しげなルートですね。
レポを拝見して、楽しませていただきました。
(自分じゃ、行けないですから…。)
尾瀬沼レポも楽しみにしてます。(笑)

投稿: 寅次郎 | 2008年9月 5日 (金) 22時14分

■三鷹のあなぐまさん、こんにちは。
ふっふっふ、、、そうでしょう。
もう来年決まりですねgood

物足りないなんてそんな・・・
バリエーション行けばいくほど、普通の登山道の、今まで見えていなかった色々な良さにも気づけそうな気がしています。それにまだまだ行ったこと無い所は多いですからね。
7時しるふれいですと、私の方が少し先発になりますね。しっかり露払いをして踏み跡をつけておきましょう!皆さんが池に着くころ、私はコルの辺りかなぁ・・・
晴天を祈りましょう!

投稿: あひる | 2008年9月 8日 (月) 18時46分

■寅次郎さん、こんにちは。
レポご覧頂きありがとうございました。
さすが、なかなか厳しいルートでした。
キタカマより厳しさは上でした(^^;
次は往復4時間ののんびり尾瀬happy01です。
こちらもご笑覧下さい。

投稿: あひる | 2008年9月 8日 (月) 18時49分

前編一気に楽しませて貰いました

前穂の三本槍、穂高連峰全山、真っ正面の梓川
   などなど
これらの眺めは、実に新鮮でした

ハーネス付けてのクライミングも未経験
バリエーションルートも未経験
ガイドを付けたとしても
私には、とうてい無理なコース
 あまりのレベルの差に拍手するのみです

投稿: くに | 2011年5月13日 (金) 07時04分

■くにさん、こんにちは。
再掲ですが、ご覧頂きありがとうございました。
明神は上高地の眼前の割に行きにくい山なので、
新鮮さもひとしおだと思います。
なかなか見る事が出来ない景色を
ご堪能頂けて良かったです。

投稿: あひる→くにさん | 2011年5月22日 (日) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明神岳-3 明神縦走(1) | トップページ | 孤高の峰 明神岳へ »