« 梅雨明け 八ヶ岳(赤岳)へ | トップページ | 明神岳-2 明神東稜 »

2008年8月 3日 (日)

明神岳-1 ひょうたん池へ

・・・孤高の峰 明神岳へ より続

8月2日午後2時過ぎ上高地到着。
今日は明神まで歩くだけなのでユックリ出発です。

河童橋は鈴なりの人・人・人・・・
目指す明神岳はその背後・・・。こんなに上高地に近いのに登山道が無い不思議な山です。まずは、、、明神岳の峰々の位置を確認してみましょう。
Myojin01

明神館の前に説明板が出来ていました。明神岳=穂高岳 と語られています。
Myojin03

いつも明神を通る度に気になっていた山でした。明日行く主なポイントはこの辺りです。
Myojin04

時間も早いので、登り始め部分、下宮川谷の入口の下見に行きました。養魚場先の小川を渡った辺り。既に笹ぼうぼう・・・
Myojin06

今日のお宿は嘉門次小屋。岩魚を食べに何回も寄ってはいますが泊まるのは初めてです。今日はお客さんは10名もいないようで部屋は個室。夕食には美味しい岩魚も出るし、キレイなお風呂もあるし、、、こんな処だとは知りませんでした。
Myojin07

8月3日、穂高神社鳥居をくぐって午前3時に出発です。
Myojin08

明神岳はバリエーションルートです。指導標も何も無い、自分でルートを考えながら進まなくてはならないルートです。岩は浮き石だらけで大変脆く、岩登り技術は必須です。ひょうたん池までのルートも踏み跡こそあるものの、普通の登山道のつもりで安易に入るのは大変危険です。※

下宮川谷への入口部分。当たり前ですが、、、コース知っている人とじゃないとこの時間には入れません。中島ガイドに従い林の中の進みます。
Myojin09

少し歩くと岩ゴロゴロの沢に出ました。しばらくは広い沢を登ります。今日は新月なので真っ暗。ヘッドライトだけが頼りです。
Myojin10

標高1700m付近で、宮川尾根に向かう枝沢に進路を変えます。とても分かりにくい沢の入口でしかも暗くて回りが見えません。
Myojin11

(昼間に行くと・・・やまのお知り合い、知人の三鷹のあなぐまさんが昼間にひょうたん池に行かれている記録。。。明るくて分かりやすいです。)

枝沢は藪こぎの急登です。沢は無風で蒸し暑く、雨具を着る気にもならず、、、夜露でびしょびしょになりました。
Myojin12

宮川尾根の上に出た辺りでかなり明るくなりました。さぁ景色が開けた、と思ったら・・・
Myojin13

またしてもひたすら藪こぎ・・・
Myojin14

まだまだ続きます・・・・・・
Myojin15_l

やっと上宮川谷の源頭部に出ました。トラバース気味に登って行きます。
Myojin16

最後のお花畑を登りきると・・・
Myojin17

とても小さな「ひょうたん池」に到着しました。
Myojin18
ここで朝食食べてハーネス装着です。

明神岳-2 明神東稜 へ続く・・・

|

« 梅雨明け 八ヶ岳(赤岳)へ | トップページ | 明神岳-2 明神東稜 »

コメント

こんばんは
ひょうたん池までの レポ始まりましたね!
私の歩いた 秋とは違い 藪こぎ 凄いですね

3時に出発では 本当に、なれた人でないと・・曲がる所の 判断しずらいですね・・
ひょうたん池の中に サンショウウオが いましたか?
徳本峠からの 明神岳も ルートの参考になりますね。改めて 見直してしまいました

続き 楽しみに しています

投稿: 三鷹のあなぐま | 2008年8月11日 (月) 03時04分

こんばんは
嘉門次小屋、AM3:00発、藪こぎ、ハーネス装着・・・・・・
続き楽しみです。

ところで、先週末、笠ヶ岳行って来ました。
笠新道、杓子平まで、ほぼ森林の中ですが、杓子平から一辺しお花畑となります。
笠ヶ岳山荘の手前のテント場で、雷鳥の親子が砂浴びで迎えてくれました。
ウッドデッキからの槍・穂高の眺望は、最高です。
次の日は、弓折岳~鏡平経由で下山しました。
途中の秩父平からの穂高の眺望もおすすめです。
ここでも2組の雷鳥の親子と遭遇しました。
最後の組は、ヒナ6羽の子だくさん組でした。
もう一度、行って見たい所です。

投稿: かけだし | 2008年8月11日 (月) 20時45分

■三鷹のあなぐまさん、こんにちは。
まずはひょうたん池まで、、、藪藪藪・・・これは圧倒的に残雪期の方が楽だと思いました。(そもそも夏季に明神岳行く人は極めて少ないみたいですから・・・)
真っ暗な登山はやはり怖いですね、ハセツネとかで走る人はすごいと思います。
サンショウウオ確認怠りました!そもそもいるのすっかり忘れていました。
さて第二話は明神主峰まで、明日辺りには作ろうかと、、、またお寄り下さい。

投稿: あひる | 2008年8月12日 (火) 23時59分

■かけだしさん、こんにちは。
いかにもバリエーションらしいキーワードが並びました・・・続きも是非ご笑覧下さい。
笠ヶ岳・・・素晴らしかったみたいですね、実は登ったことありません。笠新道は是非登ってみたいです。あのウッドデッキは私もゆっくり寛いでみたい所です。雷鳥さん達との出合いも魅力的ですね。
りんどう平及び帰路ご一緒でした"年下好み"さんが13日から笠新道に出かけるようです。かけだしさんのこのコメント見て尚更行く気が増してきたみたいですヨ。

投稿: あひる | 2008年8月13日 (水) 00時07分

あひる様。ひょうたん池。いいですね。夏は藪が凄いんですね。私は穂高行き始めて30数年です。専ら縦走で、毎年穂高のどこかを登っています。どこか変わった所ないかなと思い地図を眺めているのですが、ひょうたん池に興味がわきました。
そこでお尋ねしたいのですが、ひょうたん池までどの位の時間で行けましたか、又、残雪期が良いと書かれていましたが、残雪期だとひょうたん池が雪で埋もれてるとかありませんか。秋の奥又白池には登った事があります。
お手数ですがご返事頂ければと思います。

投稿: 古矢 実 | 2015年1月 6日 (火) 11時25分

■古矢さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
ひょうたん池までは、明神から2時間半程でした。尚、奥又白池はルートがはっきり見える、ある意味"普通の登山道に近い"感じですが、ひょうたん池への道のりは、沢の分岐が分かりにくい、夏場は身長以上の藪で踏み跡が隠される、そんな本格的なバリエーションルートですのでお気をつけて下さい。 残雪期はひょうたん池は雪の下だと思います。残雪期が良いのはあくまで明神岳に行く事が目標の場合なのです。

投稿: あひる | 2015年1月 7日 (水) 13時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨明け 八ヶ岳(赤岳)へ | トップページ | 明神岳-2 明神東稜 »