« 白山・・・を見に行く | トップページ | 梅雨の合間 大天井&常念 -2 »

2008年7月12日 (土)

梅雨の合間 大天井&常念 -1

7月12~13日、しばらく離れていたヤマの足慣らしに表銀座に行ってきました。大気が不安定と言われる中、雷が来なければ大天井岳まで、、、と梅雨の晴れ間狙いで出発しました。

掟破りの9時過ぎ(遅っ!)中房温泉から登山開始。ほぼ1年ぶりの合戦尾根です。下って来る人は皆ジャケットを着込んでおり、嫌な気分。。。おまけに途中で両足つる始末・・・先が思いやられます。
燕山荘到着。表銀座の上は晴れているものの、風は強く、裏銀座の向こうからは黒い雲がどんどん流れてきます。槍もガスの中です。
Daiten01

ここでお弁当。JR穂高駅前「バックカントリー穂高」の新作[信州弁当]です。信州サーモン(紅マス)、信州地鶏、きのこご飯で850円也。美味しかったです。
Daiten02

夕立にならないことを祈りつつ大天荘まで向かうことにしました。コマクサがきれいに咲いていました。
Daiten03

お約束の蛙岩。
Daiten04

よく見るとコマクサ満開です。
Daiten05

大下りからの登り返しにある「為右衛門吊岩」が眼前に見えてきました。今日はまだ夏道が塞がれていたため、尾根通し&西側斜面の冬道を進みます。
Daiten06

「為右衛門吊岩」の中央を抜けていきます。
Daiten07

結構足場の悪い斜面を進んでいきます。
Daiten08

コマクサの大群落です。小さいコマクサですがこれだけ集まるとザレ地がお花畑に見えてきます。(→大きい写真です)
Daiten09

気がつくと天気は快方に向かっていました。夕立の心配も無くなりゆっくり写真を撮りながら進みます。それにしても殆ど人に会わなかった・・・
Daiten10

もう一か所冬道がありました。こちらもハイマツ伝いに稜線を進みます。
Daiten11

槍ヶ岳との分岐を過ぎ大天井岳に向かいます。こちらも冬道。尾根線伝いに山頂まで急坂直登です。
Daiten12

山頂が見えてきました。結構な岩稜地帯で、岩好きには楽しいルートでした(^^;
Daiten13

大天井岳(2,922m)に到着しました。
Daiten13_1

今日歩いてきた表銀座の山並です。とても良い天気になりました。
Daiten13_2

穂高の稜線にガスが残るものの槍の穂先も姿を現しました。空の青さは夏そのものですね。
Daiten13_3

少し下って大天荘到着。今日のお客さんは9人!静かな夜が過ごせそうです。
Daiten14

鷲羽岳の辺りに日が落ちました。明日も好天を祈りつつ・・・
Daiten15
右上は大天井岳山頂です。

梅雨の合間 大天井&常念 -2 へ続く・・・

|

« 白山・・・を見に行く | トップページ | 梅雨の合間 大天井&常念 -2 »

コメント

スゴイ、もう北アルプスに行ってるなんて。しかも足慣らしで表銀座とは流石、あひるさんです。小生も8月の山行に向けて毎日、歩く練習を始めました。今年こそ帰りもビッコを引かないで下山できるように。。。

投稿: takebow | 2008年7月18日 (金) 16時10分

こんにちは
大天井・常念 お疲れ様です
この日は お天気も良く 登山日和でしたね
八ヶ岳も 良かったですよ

私は 燕から先は まだ 歩いた事が ありません・・いつに なるやら・・

今日から 梅雨も明けそうです 夏山シーズン到来・・今年は 何処へ行かれるのですか?

投稿: 三鷹のあなぐま | 2008年7月19日 (土) 09時08分

■takebowさん、こんにちは。
いえいえ、、、8月上旬にキツメの企画があるので訓練しなきゃぁ、、、と思っていたのですがなかなかヤマに行けずに結局最初から表銀座になってしまいました(-_-;・・・おまけにかなり疲れました・・・。やはり継続的に歩いている事が大事なんですよね。お互いに怪我などしないように頑張りましょうね。

投稿: あひる | 2008年7月19日 (土) 12時10分

■三鷹のあなぐまさん、こんにちは。
13日朝は表銀座からも八ヶ岳が大変良く見えていました。やはり天気良いといいですよね。 表銀座は稜線漫歩にはもってこいの所ですので是非! 梅雨明けましたね、でも昔のように梅雨明けと同時に「カーっ」と夏らしくなる雰囲気と違いますよね。早くスカッと抜ける夏空になって欲しいです。 今年は、三鷹のあなぐまさん同様、奥又白池に行くつもりです。あとは少々楽し気な企画を8月辺りに、、、乞うご期待ですhappy01

投稿: あひる | 2008年7月19日 (土) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白山・・・を見に行く | トップページ | 梅雨の合間 大天井&常念 -2 »