« コスタリカ&パナマに行ってきました | トップページ | 白山・・・を見に行く »

2008年6月 8日 (日)

涸沢ジオツアー

6月7~8日、残雪の涸沢に行ってきました。 むかしむかしさん発案による「涸沢ジオツアー」。福田ガイドと共に、地質、地形を見ながら上高地から涸沢までゆっくり往復しようという企画です。

梅雨入りはしたもののこの天気。穂高の峰々が迎えてくれました。梓川も水量豊富です。
Karasawa01

上高地は小梨(ズミ)の花が満開!花が咲いているの初めて見ました・・・
Karasawa02
(小梨とは、エゾの小リンゴ,ズミ2種の、合計3種類の木のことを指すそうです。上高地一帯の地方名らしいです。)

梓側の向こう岸。左下から右上にかけて線のように見えるところが断層だそうです。手前と向こう側で岩質が違うらしい・・・
Karasawa03

普段は特急で歩き抜ける横尾までの区間も、河原で岩石のレクチャー受けたり、止まりながら岩を眺めたり。これは泥岩かな・・・
Karasawa04

新緑がとても鮮やか。人も少なく快適な道のりです。
おサルはのんびり散歩中・・・
Karasawa05

キジバトさんはニリンソウをついばみ・・・
Karasawa06

本谷橋をこえると一面の雪景色に変わりました。
雪渓ではニホンカモシカさんもゆっくり移動中・・・
Karasawa07

眼前に前穂北尾根、残雪たっぷりの涸沢が見えてきました。
Karasawa08

涸沢までは夏同様、、、なかなか着きません。
Karasawa09
涸沢カールの生い立ちなどをレクチャーされながらユルユルと進んでいきました。

今日の宿泊は涸沢小屋。実はあひるは涸沢に泊まるのは初めてです。(いつも通過点)
Karasawa10

「前穂6峰タヌキ岩」を教えてもらいました。・・・分かりますか?
Karasawa11
写真右下が5・6のコルです。

19:30。ずいぶん日が長くなりました。
Karasawa12
今日のお客さんは日本人9名、韓国人19名(位)・・・涸沢一泊で奥穂高岳に登り夜のバスで名古屋に戻って帰国とか・・・超駆け足・・・それ以上に彼らの軽装備にびっくり・・・

明けて8日 曇り空。前穂高岳と吊尾根です。8時過ぎにゆっくり出発。
Karasawa13

本谷右俣も完全に雪に閉ざされています。
Karasawa14

本谷橋の河原で岩石研究。
Karasawa15

「溶結凝灰角礫岩」という岩石。
Karasawa16

帰路は花を愛でながらの山歩きとなりました。サンカヨウ(山荷葉)は雫を受けて半透明になっていました。
Karasawa17

横尾に着くころには良い天気!
Karasawa18

前穂高岳と北尾根。
Karasawa19

徳沢のニリンソウは満開!
Karasawa20

ニリンソウとラショウモンカズラ(羅生門蔓)。仲良くお話中?(^^;。
Karasawa22

明神のズミも満開。
Karasawa21

涸沢~上高地を7時間かけてゆっくり移動。
ピークを踏む事の無い山行でしたが、地質、地形、お花について教わり、色々勉強になりました。

おしまい

|

« コスタリカ&パナマに行ってきました | トップページ | 白山・・・を見に行く »

コメント

まあ、早いアップでオドロキです。
先週と違うこの東京の蒸し暑さ…。お天気とは言え梅雨ですね。

カモシカは写真まで撮れていたんですね…。私はノロノロしていて見ることすらできずムネンです。
この短い距離をこれだけ時間をかけてしかも福田さんという強力なガイドがついて今までと同じ山行の訳が無いです。
山から遠ざかったしまった知人が来年の6月明神まででも行ってみようと言っています。

登山というか、とてもよい、楽しい、山旅でした。ありがとうございました。
今後もちゃんと勉強します。次のテーマは「河床」です。岩石も少ししかわかってはいませんが、広く浅くです。そこから見えてくるものがある!(…ハズです。)

投稿: むかしむかし | 2008年6月14日 (土) 10時37分

スゴイ羨ましいツアーです。いいなぁ、岩石ツアー。小生も行きたい。いつもはわからないので、眺めて終わりだけどグッとくる岩や石があるんですよね。

投稿: takebow | 2008年6月15日 (日) 16時51分

■むかしむかしさん、こんにちは。
ハイ。ここで溜めてしまうと後が詰まってしまうので、、、でも1週間後ですからあまりエラそうな事は言えません。
こちらこそ新鮮な山旅をありがとうございました。新しい事を覚えると次回はなおさら観察しようとするので、更に時間をかけて歩きそうですcoldsweats01
近々載せますが白山では"濃尾流紋岩"と沢山の"アバランチシュート"に出会いました。ジオ的にはかなり興味深い地域でしたよ。"河床"はどちらのフィールド狙いでしょうか・・・?

投稿: あひる | 2008年6月17日 (火) 02時31分

■takebowさん、こんにちは。
おぉっ!そうでしたか、お誘いすれば良かったですね。岩石も、景色に現れている断層も、その生い立ちを知ってから見るとまた違った見え方をしてきます。このような山旅も新鮮でした。

投稿: あひる | 2008年6月17日 (火) 02時37分

一週間 違うと 小梨の花も咲いていたんですね
私も いまだに見た事が ありません
穂高の岩盤は 超火山・槍・穂高を 読んでから 気にして 見るようになりました
理解が 深まると 視点が 増えて 楽しくなりますよね・・・
早く 次の山行に 行きたくて たまりません!

投稿: 三鷹のあなぐま | 2008年7月 1日 (火) 12時43分

■三鷹のあなぐまさん、こんにちは。
お恥ずかしながら、あれらの木が"小梨"だったとは初めて知りました・・・。白い花がきれいでしたよgood。来年はジオツアーに是非! 私も北アに早く行きたくなっています。梅雨の晴れ間狙いたいですよね! ただ、どうも夏風邪が治りません。きれいな空気吸えば風邪も治るかなぁ・・・

投稿: あひる | 2008年7月 2日 (水) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コスタリカ&パナマに行ってきました | トップページ | 白山・・・を見に行く »