« 涸沢ジオツアー | トップページ | 梅雨の合間 大天井&常念 -1 »

2008年6月15日 (日)

白山・・・を見に行く

6月14~15日。白山を"見て"来ました。梅雨の最中ですが先週の涸沢に続いて晴天に恵まれました。

白山スーパー林道から見た白山。ここだけ遅くまで雪が残り「白い山」です。白山は日本最西端の2,000m峰なのです。
Hakusan12

白山スーパー林道は、1年のうち6月から約半年間だけ走れる道路です。通行料3,150円にはびっくり・・・(^^;、ですが景色は登山そのもの。
Hakusan06

巨大な「アバランチ・シュート」(アバランチ=雪崩、シュート=滑り台) 雨樋のように浅いU字型の谷で、ツルツルに磨かれたようになっています。先週に続いてジオ要素大です。
Hakusan07

ふくべの滝(落差86m)、なかなかの迫力です。
Hakusan08

林道から河原に下ってしばらく歩くと姥ヶ滝に着きます。 約6,000万年前に噴出した濃飛流紋岩の分布するところに滝が出来ているそうです。
Hakusan10
滝の向かい側の河原には温泉が湧いており、小さな露天風呂がありました。(もちろん無料)

再び、、、白山最高峰 御前峰(2,702m)と剣が峰(2,677m)です。
Hakusan13

お世話になった中宮温泉にしやま旅館のお風呂です。
Hakusan04

露天風呂。なかなか良いお湯でした。
Hakusan05

たまにはクルマで巡るのも良いものでした。
・・・フルバージョンはこちらへどうぞ・・・ 

|

« 涸沢ジオツアー | トップページ | 梅雨の合間 大天井&常念 -1 »

コメント

この岩、それぞれ違う個性で魅力的!濃飛流紋岩の「濃飛」は「濃飛バス」からついたんですよ。
アバランチシュートなども無積雪期に意識して認識しておくと積雪期に応用、対応が効きますね。地形の成り立ちを知ると言うことは身を守るのですね。楽しいし、ためになる。フムフム、ヨシヨシ。

投稿: むかしむかし | 2008年6月18日 (水) 17時14分

お久し振りです。
本当に津々浦々と色んな個所に行っていますね。
これからも楽しく拝見させて頂きます。
小生も以前、白山スパー林道を通った時、料金が高かったこと思い出しました。
でも、その価値は十分、この写真からも分ります。
また、涸沢ジオツアーも楽しそうでしたね。
小生も参加したかった・・・・・・

投稿: かけだし | 2008年6月18日 (水) 18時57分

■むかしむかしさん、こんにちは。
へーflairそれは知らなかったです、意外な出所ですね。
地形、地質を知っておくと、どこで雪崩が起こり易いか、落石が起こりやすかを事前に把握出来ますからね。でもこれだけ岩石をツルツルにしてしまう力って。。。一つ一つの結晶はあんなに繊細なのに、、、snow雪、、、恐るべしですcoldsweats02
やっと手元に「超火山」来ました。これから復習です。

投稿: あひる | 2008年6月18日 (水) 23時44分

■かけだしさん、こんにちは。今年の予定は決まりましたか?
33kmで3150円・・・高いですよね、、、まぁあれだけの豪雪地帯で道路を維持するのは大変な手間なのでしょうね・・・それにしてもよくあそこに道路を通したものです。
涸沢ジオツアー、来年は人気ツアーになるかな・・・?福田さんに話しておきましょう!来年は是非! 

投稿: あひる | 2008年6月18日 (水) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 涸沢ジオツアー | トップページ | 梅雨の合間 大天井&常念 -1 »