« 嶋田忠写真展 | トップページ | 遭難本 »

2008年4月 5日 (土)

鎌倉アルプス~天園ハイキング

風邪が治りません。今年の冬はひかない、、、と思っていたのに最後にやられました。そういう時に限って良い天気の週末なのです。せっかくなので何処か近場に行きたい、、、と思い、昼下がりに家を出て鎌倉に向かいました。

段葛(だんかずら)の上は素敵な桜並木。
Kamakura1

鶴岡八幡宮は人・人・人・・・白鳩さん達も辟易してか木の枝の上でお寛ぎ中です。
Kamakura2

近場で歩ける所ということで、天園ハイキングコースに向かいました。鎌倉の中心部をぐるりと囲む稜線を歩くコースで別名鎌倉アルプスとも呼ばれます。あひるにとっては歩き慣れたコースです。
登り口は沢山あるのですが、その中でも特にマイナーな十二所(じゅうにそ)から登るコースを選びました。人もおらず深山の趣です。15時に登り開始、登山じゃあり得ない時間ですね(^^;
Kamakura3

三等三角点のある天台山。標高は141.3mです。ハイキングコースから少しはずれた所にあり、そこを示す標識も無いので来る人も少なそうです。
Kamakura4

アップダウンを繰り返しながら杉林の中を進みました。
Kamakura11

天園(六国峠)休憩所にて・・・先にお休みになられていた猫様です。ここで大休憩。
Kamakura5

鎌倉市の最高地点、大平山(159.2m)です。ここはいつもハイキングに来た方々で大賑わいの場所なのですが、時間は既に16:20・・・誰もいない・・・・・・
Kamakura6

鷲峰(しゅうぶ)山のそばにある百八やぐら(墳墓)です。ここはハイキングコースの南側斜面を下ったところにあるので、普通にハイキングしている人は気付かない場所。殆ど整備もされていませんが、結構見ごたえがあります。残っている石像は全て首が無い状態であり一種異様な雰囲気に包まれています。
Kamakura7

少し進んだ所にあるやぐら。尾根上の石像には「第八十八番 本尊薬師如来像 讃岐国 大窪寺」とありました。(四国八十八箇所霊場の第八十八番札所(結願寺))
Kamakura8

歩き出しから2時間程で、勝上献(しょうじょうけん)展望台に到着。眼下には建長寺、彼方には鎌倉市街地と相模湾が望まれます。わずかな時間でしたが楽しい山歩きが楽しめました。
Kamakura12

建長寺の桜も満開でした。
Kamakura9

鎌倉アルプスはハイキングコースですが、気合いの入った人には逗子~葉山に横たわる三浦アルプス縦走もお勧めです。低山とばかにするなかれ・・・ルートファインディングが要求されるかなり体力のいるコースですので(^^)

おしまい。

|

« 嶋田忠写真展 | トップページ | 遭難本 »

コメント

これはスゴイ。行きたいですね。近くて遠い感じでしょうか?いつでも行けると後回しにしそうです。

投稿: takebow | 2008年4月 7日 (月) 14時21分

昼過ぎに出発して歩ける山って、嬉しいです。
里山散歩も、とても楽しい。
早く風邪が治りますように。お大事に!

投稿: hyahya | 2008年4月 8日 (火) 00時15分

わぁ~!!懐かしい。。。
学生の頃によく歩いた、大好きなところです。
私はいつも建長寺から鎌倉宮へ抜けるコースでした。
見下ろす景色は、あの頃と変わってきているのかな?
百八やぐらは知りませんでした。
いつも気付かずに通り過ぎてしまっていたのでしょうね。

投稿: tsukune | 2008年4月 8日 (火) 21時21分

■takebowさん、こんにちは。
私も以前行ったのはだいぶ前、、マウンテンバイクで駆け抜けたりしていましたので、このような見所があることは恥ずかしながら知りませんでした。近場でヤマの雰囲気と歴史を感じられる良い所です。是非行かれてみて下さい。

投稿: あひる | 2008年4月11日 (金) 00時08分

■hyahyaさん、こんにちは。
早朝暗いうちに出るのはなかなかキツイですからゆっくり朝寝坊して行けるヤマは嬉しいですね。里山って意外と奥が深いですよね・・・身近な"市民の森"系にも行ってビックリという所が多々ありました。
ご心配ありがとうございます・・・咳が相変わらず止まりません。。。早く爽やかな気分で歩きたいものです(^^)。

投稿: あひる | 2008年4月11日 (金) 00時13分

■tsukuneさん、こんにちは。
おや!学生時代よく行かれていたのですか!私は建長寺から入った事が無くいつも反時計回りです。鎌倉は色々な旧道が狭い範囲にあるので楽しめますよね。景色はそんなに変っていないと思いますよ。さすがに鎌倉ですから景観を乱す建物は目に入りません。百八やぐら・・・私も今回初めて知りました(^^;。目立たない所にあんなに大きなやぐらがあったのには驚きです!是非学生時代を思い出しにレッツカマクラ!

投稿: あひる | 2008年4月11日 (金) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嶋田忠写真展 | トップページ | 遭難本 »