« 西穂独標 | トップページ | 西穂独標・冬-2 »

2008年3月 7日 (金)

西穂独標・冬-1

西穂高岳 独標に行ってきました。今回も南岳管理人さん企画の冬山ツアーに参加です。
1日目は新穂高ロープウェイ西穂高口駅から西穂山荘まで1時間半程の登りです。

西穂高口駅を出るとのっけから雪山です(当たり前・・・)。前日から70cmの雪が降ったそうで予想外の深雪でした。しんしんと雪降る中を進みます。
Nishiho01

途中で西穂山荘の歩荷隊が通り過ぎて行きました。冬も頑張って営業している小屋スタッフに感謝です。
Nishiho02

かなりの雪によりラッセルになるのでは?、、、と心配もしていましたが、山荘スタッフの往復によりしっかりしたトレースが出来上がっていました。
Nishiho03

途中から山荘に向けての急登が始まります。それにしても雪はパフパフ・・・とても軽い雪質でした。(同行者によると"パフパフ度は95点!"のとのこと・・・)
Nishiho04

トレースもしっかりしている上、随所に指導標が設置されています。
Nishiho05

雪の巨木の中、人はちっぽけな存在です。
Nishiho06

稜線が近くなり風が出てきました。
Nishiho07

標高2,385m 雪に埋もれる西穂山荘に到着。
Nishiho08

夕刻、太陽が姿を現しました。明日は晴れるかな・・・?
Nishiho09

テント泊の人が一人・・・
Nishiho10

小屋内は暖かく快適。美味しい食事をいただきました。
Nishiho11_4

西穂独標・冬-2へ続く・・・

|

« 西穂独標 | トップページ | 西穂独標・冬-2 »

コメント

おぉ-、雪が多いですね。70センチの深雪となるとトレースが無かったら大変でしたね。
山荘の手前の登り、きつかったと記憶しています。
小生は、昨年4月初めに丸山と独標の中間地点位まで行ったので、自分の撮った写真と比べています。
山荘の周りも雪は多いですね。
写真の大雪渓は、信州の地酒ですね。
あひるさんは、下戸なんですか・・・・
Sさんをはじめ上戸が多いので賑やかな夕食会だったと思います。
第2日目のレポ、楽しみにしています。

投稿: かけだし | 2008年3月12日 (水) 18時27分

■かけだしさん、こんにちは。
トレースがあったのでかなり楽でしたよ。山荘の手前のきつい登りは、、、帰路は急な下り、最高のパフパフランも楽しませて頂きました(^^)。前回のりんどう平が70点の雪、今回は"浮遊感"というのを初めて体験出来ました。"下戸"・・・ん?hyahyaさんのところの書き込み読まれましたか・・・は、早いですね・・・。はい、見事に弱(^^;です。最近飲まないのでさらに弱弱です・・・ 夜は結構静かだったと思います。

投稿: あひる | 2008年3月13日 (木) 01時18分

歩き疲れた先に暖かい山小屋があるって嬉しいでしょうね。お食事も美味しそう!

いつも不思議なのですが、こうした食事に使う食材は、いつ誰がどうやって運んでくるのでしょう? 自然が相手だけに、天候不順が続けば一時的であれ手段が断たれますよね。運営も苦労が多いんだろうな…と思いつつ拝見してます。

投稿: Linda | 2008年3月13日 (木) 03時12分

■Lindaさん、こんにちは。
お食事は美味しかったですよっ。
冬はこのページの上から2番目のように歩荷でしょう。夏は主にヘリで荷揚げですね。晴天の北アルプス行くとヘリが行ったり来たりしていますよ。山小屋の人は混雑具合を予想しながら食材を手配されているみたいです。だから予想外に沢山の人が来た時や、小屋閉めが近付いた時は食材の調整でかなり苦労されているようです。ありがたいことで感謝感謝です・・・

投稿: あひる | 2008年3月14日 (金) 02時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西穂独標 | トップページ | 西穂独標・冬-2 »