« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の記事

2008年1月27日 (日)

焼岳りんどう平-2

・・・焼岳りんどう平-1 より続く

りんどう平でお昼の後は、上高地に向けて標高差500mのダウンヒルでした。ノートラックの斜面を駆け降りるのはとても気持ちが良かったです。
Rindou16

下り始めの辺り。
Rindou17

心地よく斜面を下ります。
Rindou18

ウサギさんの足跡。
Rindou19

上高地を隔てて穂高岳を望みます。
Rindou20

西側には焼岳の雄姿。上高地から見るのとは違い、たいへんな迫力です。
Rindou21

東側、進路方向には霞沢岳。
Rindou22

南側には乗鞍岳。 剣ヶ峰(標高3,026m)をはじめとした23峰の総称ですが、まるでヒマラヤの氷河地形を見ているようです。
Rindou23

そして北側は梓川流域の上高地と穂高岳、彼方には雪を抱いた蝶ガ岳。 とても素晴らしい景観です。
Rindou24

皆が駆け下った跡・・・ぐちゃぐちゃです・・・ でもひと雪降れば元通りですね。
Rindou25

500mのダウンヒルはあっという間でした。
Rindou26

ダウンヒルも終わり、大正池のほとりに来ました。全面凍結していました。
Rindou27

焼岳を振り返りました。焼岳中腹の平らになった辺りがりんどう平です。
Rindou28

位置を変えて釜トンネルに向かう途中から。
Rindou29

GPSでトラックをとってみました。写真のサムネイルはそれぞれの写真を撮影した地点にマッピングされています。(と、言っても小さくてよくわからんですね(^^;)
Gps
(地図の作成にはDAN杉本氏によるカシミール3D山旅倶楽部の山旅地図を利用しています)

りんどう平と上高地へのダウンヒルは、好天に恵まれ、とても素晴らしいものになりました。主催して下さった南岳管理人さん、一緒にダウンヒルした皆さんありがとう!
おしまい。

| | コメント (16)

焼岳りんどう平-1

南岳管理人さん企画の冬山スノーシューツアー「焼岳/りんどう平 スノーシューハイクアップ」に参加して来ました。スノーシューと言っても、お気軽ネイチャーツアーとは一味違った本格的雪山系スノーシューなのでした。
一日目は中の湯に集合の後、ビーコンの使い方とか雪崩の発生可能性を探る弱層テストのやり方等、雪山の基本講習。 夜は温泉でまったり・・・

明けて27日はピーカン!
中の湯の窓からは奥穂高~吊尾根~前穂高がくっきりです。
Rindou01

標高2,000mのりんどう平までは標高差500mの登り。2班に分かれて行動です。1班の方々が先発しました。
Rindou02

結構な急斜面です。
Rindou03

途中にはちょっとした下りのパウダーランもありました。
Rindou04

まだまだ登りが続きます。
Rindou05

途中まであった前日のものと思われるトレースも無くなり、りんどう平まで最後はラッセルです。
Rindou06

気持のよい林の中を進んでいきます。気温は-10度位だったでしょうか・・・
Rindou07

焼岳(2,455m)が眼前に現われました。
Rindou08

穂高の稜線もくっきり。サイコーの天気となりました。
Rindou09

メンバー続々と到着です。
Rindou10

遠く中央アルプス、南アルプスを望みます。
Rindou11

皆、迫力の穂高連峰に見入っていました。
Rindou12

ここで昼食&休憩です。
Rindou13

焼岳をバックに・・・
Rindou14

冬の穂高連峰を間近に眺めながら食事。。。なんて素敵なひと時でしょう。
Rindou15

焼岳りんどう平-2 へ続く・・・

| | コメント (4)

2008年1月13日 (日)

北横岳スノーシュー

3連休の一日、北八ツに行きました。あまり天気が良く無さそうなので、北横岳辺りをのんびり徘徊しようと思います。

ロープウェイ山頂駅から坪庭を歩く辺りはこんな天気。ダメかなぁ、と思っていたのですが・・・
Kitayoko_001

稜線上に出たあたりから好天となりました。眼下の坪庭が明るくきれいです。
Kitayoko_003

三ツ岳の岩峰が良いアクセントになっています。
Kitayoko_004

北横岳ヒュッテ。結構多くの人が来ていました。スノーシュー持っている人は2~3割と少数派でした。
Kitayoko_005

北横岳南峰直下を登ります。
Kitayoko_006

南峰山頂です。凍てついています。
Kitayoko_007

北横岳の北峰に向かいます。晴れてとても快適そうに見えますが・・・
Kitayoko_008

気温は-18度・・・寒っ!(先ほどの山頂駅も-16度でした) 同日の槍ヶ岳山頂気温と殆ど同じでした。  
Kitayoko_009

北横岳は双耳峰、最高点はこちら北峰です。向こうに見えるピークが南峰です。
Kitayoko_010

山頂2480mを示す指導標。
Kitayoko_011

おまけに強い風・・・寒っ!!
Kitayoko_012

そんな中、風雪が作り出す芸術に心が和みます。
Kitayoko_013

南峰まで戻って来ました。眼下に坪庭、背後には縞枯山。その向こう南八ヶ岳の山々はガスの中です。
Kitayoko_015

帰路途中、七ツ池に寄りました。当然雪の下です。
Kitayoko_016

坪庭全景、右端に見えているのがロープウェイ山頂駅です。
Kitayoko_017

坪庭も夏と違った幻想的な表情になっていました。 少し残っていた雲もとれ、最後は北,中央,南アルプスまで見渡せる夕刻となりました。
Kitayoko_018

おしまい。
P.S.
デジカメIXY800ISをザックの外側にポーチに入れてぶるさげていた(←無謀・・・)のですが、-18度の外気温の中、バッテリーも無くならずに動き切った事に実はかなり感動したのでした。あっぱれIXY!

| | コメント (2)

2008年1月 7日 (月)

北鎌尾根~槍ヶ岳山頂へ 掲載しました

北鎌尾根の山行記録、夏のお話なんですが・・・なんと、年越しちゃいました(^^;。14回に渡りゆるゆると掲載中です。
北鎌尾根の槍ヶ岳に到着しました。
1 プロローグ 中房温泉~大天井ヒュッテ
2 貧乏沢を下る(1)3 貧乏沢を下る(2)4 北鎌沢右俣(1)5 北鎌沢右俣(2)6 天狗の腰掛に向けて7 独標に向けて8 独標をトラバース9 独標ピークへ10 岩稜帯(1)
11 岩稜帯(2)12 岩稜帯(3)北鎌平へ
New! 13 槍ヶ岳山頂へ 
14 エピローグ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ

| | コメント (0)

2008年1月 3日 (木)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

まったりとしたお正月でございました。
はい、どこにも行っていません。
よくある親戚巡り位でした。
体重もしっかり増えました(^^;
そんな感じですが、、、
今年もよろしくお願いします<(_ _)>

| | コメント (6)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »