« コミック「孤高の人」 | トップページ | 硫黄&東天狗-2 硫黄~根石 »

2007年11月 3日 (土)

硫黄&東天狗-1 赤岳鉱泉

先週に続いて今週も八ヶ岳に行きました。
横岳,赤岳から八ヶ岳を始め、昨今北八ツの素晴らしさに目覚めた(←普通逆?)ためです(^^;。 硫黄岳も視界ゼロの時しか行ったこと無いですし、八ヶ岳の入門とも言える北沢も歩いたことが無い・・・  という訳で、美濃戸から入り、赤岳鉱泉泊で硫黄岳、東天狗岳を抜けて渋の湯に下ることにしました。
今週も電車&バスです。渋滞が何より嫌いなあひるにとっては行楽シーズンの高速道路は天敵なのです(^^; (望む!中央高速拡張!)

美濃戸口からは車道歩きで味気無いのですが、左右の林を眺めながら行くと素敵な紅葉が目を和ませてくれます。
Tengu_008

きれいですねー。 早速、やまのこ村で1時間のお食事タイムでした。
Tengu_020

赤岳鉱泉までは殆ど林道(車道)歩きで、ここから最後の1時間が登山道です。 峰の松目のピークが見えています。
Tengu_030

はい、あっという間に赤岳鉱泉着です。 冬のアイスクライミング用施設、通称アイスキャンディの基礎部分が出来上がっていました。
Tengu_048

赤岳鉱泉入り口からの景色です。横岳の大同心(左のトンガリピーク)、小同心(写真中央付近の小さめのピーク)が眼前に迫ります。
Tengu_050

今日はちょっとゴージャスに個室です。赤岳鉱泉は個室が沢山あるのですが、何と部屋には石油ファンヒーターがありました。(でも夜中は止まるので、朝の室温は5度まで下がってました・・・) そういえばベット部屋もありましたね。
Tengu_059

お風呂です。いいですねーお風呂のある山小屋は・・・  週末といっても11月、お客さんも30人程で、ゆっくり入浴出来ました。
Tengu_067

夕食はステーキ! 霜降り肉で大変美味! 自分の好きな焼き加減で食べます。白米も大変美味しかったです。山小屋にいることを忘れてしまいます。
Tengu_081

夜、満天の星空。 寒さを忘れて星に見入ります。流れ星もきれいでした。
Tengu_084

硫黄&東天狗-2 硫黄~根石 へ続く・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ

|

« コミック「孤高の人」 | トップページ | 硫黄&東天狗-2 硫黄~根石 »

コメント

小生もかなり昔にこの時季に行ったことがあります。寒かったのと雪が降ってきて登山道が分からなくなってのを思い出しました。当時も個室があったのかな?大部屋でこたつに足入れて寝た思い出があります。

投稿: takebow | 2007年11月10日 (土) 16時18分

■takebowさん、こんにちは。
雪の季節と落ち葉の季節は、思わぬ所で道を見失うことがあるので要注意ですね。(私も道迷い経験有り(^^;)  赤岳鉱泉・・・建物は旧棟と新棟がつながっているようでしたが、基本的に個室が中心みたいですね。旧棟はファンヒーターがついていないのでコタツなんだと思います。

投稿: あひる | 2007年11月12日 (月) 00時57分

あひるさん
夏が終わってからは八ヶ岳が多いようですね!
私の中では勝手に、「秋は北八ツ!」となっていますよ(^^)
天狗岳も結構好きなんです。

それにしても、なんてゴージャスな食事なんでしょう~
おなかすいた・・・

投稿: tomomi | 2007年11月14日 (水) 20時48分

初めまして!
わたしも今年硫黄岳&赤岳行きました
その時は天気が悪くて景色が見えなくて。。。コマクサを発見して喜んでました^^
温泉の脱衣所と浴槽が仕切無しの一つの部屋なのが新鮮(?)な感じがしました~

投稿: ケコリ | 2007年11月15日 (木) 18時24分

■tomomiさん、こんにちは。
はい、軟弱モノなので夏が過ぎるとジワジワと活動拠点が南下してきます(^^;
恥ずかしながら、あひるは北八ツはこの秋デビューなのです。でも本当に良い所ですね、クセになりそうです。天狗岳も本当に素晴らしかった・・・
鉱泉の食事は私もビックリしました。朝方の寒さとトイレは山小屋でしたが、それ以外は普通のお宿でした。

投稿: あひる | 2007年11月16日 (金) 00時53分

■ケコリさん、こんにちは。
初めまして、ようこそお越し下さいました。 私も以前硫黄岳行った時はガスと強風で何も見えませんでした。やっぱりヤマは晴れて欲しいですね。 鉱泉は戸を開けるといきなり脱衣所&湯船でしたね。脱衣所が湯気湯気で着替えがジメジメになったのが印象的(^^;でした・・・
また是非お越し下さい!

投稿: あひる | 2007年11月16日 (金) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コミック「孤高の人」 | トップページ | 硫黄&東天狗-2 硫黄~根石 »