« 硫黄&東天狗-2 硫黄~根石 | トップページ | ミッドナイト イーグル »

2007年11月 4日 (日)

硫黄&東天狗-3 天狗岳を越えて

・・・硫黄&東天狗-2 硫黄~根石 より続く

根石岳から、これから向かう(東)天狗岳を望みます。
Tengu_245

ゆるやかな根石岳は山頂付近に少し岩が堆積しています。
Tengu_254

こちらは(東)天狗岳山頂付近から振り返った図です。右側緩やかなピークが根石岳です。
Tengu_267

間もなく(東)天狗岳山頂です。
Tengu_271_2

少々ですが北八ツらしからぬ岩場です。
Tengu_273

天狗岳(2,646m)山頂です。 天狗岳は二つのピークを持つ双耳峰(そうじほう)なので、2,646mは写真に写っているお隣の西天狗なのです。こちら側東天狗は2,640mと少し低くなっています。
Tengu_279

天狗岳からの眺めは雄大です。
南八ヶ岳方面、硫黄岳~赤岳~阿弥陀岳の眺めが雄大です。(拡大写真1000*750pic)
Tengu_280

東側で目を引くのは荒々しい稲子岳南壁でしょうか。写真右端に見えている建物はしらびそ小屋とミドリ池ですね。 稲子岳の裏にはちょこんとにゅうの岩峰も見えています。拡大写真(1000*750pic)だとよく分かります(^^;
Tengu_293

北側は天狗の奥庭と呼ばれる溶岩台地と中山。彼方には縞枯,茶臼の山々が見えています。 真ん中辺りに見えるのは次に向かう黒百合ヒュッテです。(拡大写真1000*750pic)
Tengu_304_3

中山峠まで下ってきました。
Tengu_324_3

中山峠から黒百合ヒュッテまではのどかな木道。これから2時間近く下るのに、まるで山麓の湿原地帯まで下って来たような感覚です。
Tengu_329_2

黒百合ヒュッテからは、うっそうとした沢沿いを進みます。こんな山奥に・・・と思うほど道は整備されています。山小屋関係者の方々には感謝感謝です。
Tengu_337_3

唐沢鉱泉との分岐です。
Tengu_356_2

続いて尾根から渋の湯に下る分岐。
Tengu_360

渋の湯までは展望のきかない中をひたすら下ります。
Tengu_363_4

終了地点、渋川の橋に出ました。
Tengu_369

今日も電車なので、バスでゆったりと茅野に下ります。
Tengu_379_3

途中バスからの眺めです。紅葉真っ盛りでした。
Tengu_385

おしまい。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ

|

« 硫黄&東天狗-2 硫黄~根石 | トップページ | ミッドナイト イーグル »

コメント

全く冬山はダメな小生ですが、一度だけ正月に渋の湯泊まりで天狗岳に登ったことがあります。いい処ですよね。

投稿: takebow | 2007年11月18日 (日) 18時06分

■takebowさん、こんにちは。
いえいえ一度行っているだけtakebowさんの方が上ですよ。私は冬山未経験です。
スノーシューまでですので・・・
でも、北八ツは行ってみたいなぁ、という気にさせられました。。。ウーン(-_-;

投稿: あひる | 2007年11月18日 (日) 23時21分

ご無沙汰しております。
古いデータに書き込みします。
先週末、ここのデータを参考にさせて頂き、美濃戸口から入山し、赤岳鉱泉~硫黄岳~オーレン小屋(泊)~天狗岳~渋の湯(下山)と歩きました。
オーレン小屋では、ヒノキの風呂に入り、名物の桜肉のすき焼を美味しく頂きました。
また、小屋閉め前で、お酒も振る舞われ、これも美味しく頂きました。
冬山の下見としての山行でしたが、また行きたい山です。

PS、裏妙義縦走、楽しく拝見しました。
お弁当美味しそうでした・・・・・

投稿: かけだし | 2008年11月 4日 (火) 22時06分

■かけだしさん、こんにちは。
ご参考にして頂きありがとうございました。
むむ、、、今年の冬は八ヶ岳からですか?

天狗岳はかなり雪付いていませんでしたか?
冬が近づき、登山者も減ってきているのでしょうか・・・

オーレン小屋はお酒も振る舞われましたか!
最後の方で行くと色々メリットもありますね。

裏妙義、お弁当はかけだしさんもりんどう平でご一緒した
むかしむかしさんの手によるものです。
色々準備頂き感謝感謝なのです。

投稿: あひる | 2008年11月 5日 (水) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 硫黄&東天狗-2 硫黄~根石 | トップページ | ミッドナイト イーグル »