« にゅう | トップページ | 尾瀬ヶ原の秋 »

2007年9月25日 (火)

南岳 本谷右俣~南岳新道

9/23~25 恒例(?)の南岳に行ってきました。 上高地~横尾本谷右俣~南岳~南岳新道~新穂高温泉です。 今回はバリエーションルート初トライの友人と一緒です。 23日は横尾まで入り、24日は本谷右俣を登りました。 

横尾本谷右俣(バリエーションルートです)は2年前と特にコース上変わった所は無かったので・・・詳細記録は2年前のものをごらん下さい。(←今回手抜きです(^^;・・・)  驚いたのは右俣遡行中に下り1名、登り4名と出くわしたこと。バリエーションルートとはいえ、メジャーになってきたのでしょうか。
Hon_migi01
本谷カールと屏風の頭をバックに横尾尾根への最後の登りにかかる辺りです。 本谷カールは本当に素晴らしい所です。今回も眼下の大岩の上でゆっくり昼寝させて頂きました。

槍穂の稜線上に出ると飛騨側からのガスの中でした。 そんな時は雷鳥さんとの出会いが楽しみなのですが・・・ハイ、期待通りに現れてくれました。だいぶ羽が白くなってきていますね。
Hon_migi02

南岳~南岳小屋の辺りで7羽の雷鳥集団がいました。 皆せっせとお食事中(^^) この写真内に5羽写っていますが・・・分かりますか?
Hon_migi03

夕食後の19:30過ぎ、普段なら床に入ってしまう時間ですが、ガスが晴れてきれいな月明かりの夜になりました。小屋に泊まっていたのは15人位でしたが、三々五々外に出てきて夜の山岳鑑賞会です。風も無く、寒くもなく、こんなに優雅な夜は初めての経験でした。
Hon_migi04
槍ヶ岳と東鎌尾根、彼方には針ノ木小屋と白馬山荘の明かりが見えています。(IXYを岩の上に置いて15秒露光しました。)

同じく漆黒の大キレットと明かりを点す北穂高小屋です。(同じく15秒露光)
Hon_migi05
月明かりで歩ける程の明るさの夜でした。

明けて9月25日、朝方まで雨が降り続いていましたが、朝食後明るくなってきました。 
飛騨側から吹き上げるガスが晴れて南岳山頂が顔を出しました。朝日の南岳小屋です。
Hon_migi06

獅子鼻の向こうには北穂高岳が姿を現しました。
Hon_migi07

小屋のそばのウラシマツツジは紅葉真っ盛りです。
Hon_migi08

帰路の南岳新道途中で・・・少しずつ紅葉が始まってきていました。
Hon_migi09

曇り基調でしたが、雷鳥集団、月明かりの夜、朝方の雲のショー、ちょっとした紅葉、そしてアットホームな小屋でのひと時と、いつも期待を裏切らない南岳なのでした。

P.S.昨年同じ時期に南岳小屋を訪れていましたが、同じ方と出会いました。また南岳小屋掲示板で出会っていた方とも・・・世間は狭いものです(^^)

おしまい。

|

« にゅう | トップページ | 尾瀬ヶ原の秋 »