« 北鎌尾根-2 貧乏沢を下る(1) | トップページ | 北鎌尾根-4 北鎌沢右俣(1) »

2007年8月 5日 (日)

北鎌尾根-3 貧乏沢を下る(2)

・・・北鎌尾根-2 貧乏沢を下る(1) より続く

貧乏沢のちょうど中間近辺。右岸から豊富な水流が合流します。写真右奥から雪渓上を下って来ました。
Kitakama028

眼前の北鎌尾根に陽が射して来ました。先ほどは眼下に見えていたのに・・・ずいぶん下って来ました。
Kitakama029

6:05 標高2,070m付近から振り返りました。雪渓が残っていたのはこの辺りだけでした。
Kitakama030

傾斜も緩み、天上沢が近づいて来たように見えますが、まだ標高差300m位あります。 沢はガレガレで水流も出てきたため、自由に歩きにくくなってきました。
Kitakama031

歩きにくくなったら・・・左岸の樹林帯に入って踏み跡をたどります。こんな感じの林の中・・・歩ける所が道なのです。
Kitakama032

6:29 樹林帯を下っていると3m程の垂壁に出くわしました。そこにはお助けロープが・・・ 大天井ヒュッテのスタッフが取り付けて下さったものですね、お陰で楽々下る事が出来ました。感謝感謝(^^)です。
Kitakama033

上の垂壁から再び沢に入りました。振り返ると水流も多く、この辺りは沢の中を下るのは厳しそうですね。
Kitakama034

眼前にはこれから向かう北鎌尾根が立ちはだかっています。登り・・・キツそうです。でも良い天気!
Kitakama035

6:41 間もなく天上沢出会いでしょうか、、、前方左手に沢は下っています。まだ距離ありそうですね・・・ 沢の岩を選びながら進んでいきます。
Kitakama036

上と同地点で後ろを見た図です。どこをどう下って来たのやら・・・
Kitakama037

6:44 標高1,780m 天上沢に到着しました。水流が眩しいです。下り出しからノンストップ 1時間38分で到着出来ました。あひるは登りが遅いので、貧乏沢の下りで時間を稼げたのは大きいのです。5分程休んで北鎌沢に向かいます。
Kitakama038

この辺りは水流が激しく渡れませんので、素直に右岸を遡上します。沢幅が広がり歩けなくなったら樹林帯に入りながら数分進むと・・・

天上沢の真っただ中です。広々としており、深山にいるとは思えません。正面には東鎌尾根が見えており、気持のよい沢歩きです。この辺りは「孤高の人」の主人公が吹雪の中下山していった所です。
伏流が多くなり、細くなった沢を渡りながら15分程で北鎌沢出会いに到着です。
Kitakama039

■さて、貧乏沢の下り、地図上のどの辺りでどの写真を撮ったのか??  こちらの図をご覧下さい。
Photo
赤い線はGPSで録った私のトラックデータ、サムネイルはそれぞれの写真を撮った地点です。(カシミール3Dデジカメプラグイン、地図は山旅倶楽部の山旅地図を利用しています。GPSはGARMIN社のeTrexVISTAを使用。)  GPSは普段からナビゲート用というよりは、コースタイム記録用で使っています。メモらなくて良いので楽なのです...(^^;モノグサ。 あと北鎌尾根上ではピークの確認用に役立ちました。■

北鎌尾根-4 北鎌沢右俣(1) へ続く・・・

|

« 北鎌尾根-2 貧乏沢を下る(1) | トップページ | 北鎌尾根-4 北鎌沢右俣(1) »

コメント

>地図上のどの辺りでどの写真を撮ったのか?? 

 これ、わかりやすいですねぇ!
 GPSでこんなことができるとは…
 写真と時刻の記載で、なんとなくですが
 山歩きの雰囲気が伝わってきます。
 続き、楽しみです。

投稿: Linda | 2007年8月17日 (金) 04時42分

GPSまで駆使しているとは体力勝負だけではないのですね。やはりこのルートに行くからは、それなりの準備もなさっていることに感心しました。

投稿: takebow | 2007年8月17日 (金) 17時26分

あひるさ〜ん、反則ですよ、これ!(笑)
GPS欲しくなっちゃったではないですか!(笑)
それにしても今は本当に便利な物があるんですね!
写真を撮った場所さえも特定できちゃうとは…。
本当、ビックリしました!
俺も買おうっと…。あっ、多分3〜5年後位ですけど…。
宝くじが当たれば、すぐ買えるんだけど…。

投稿: 寅次郎 | 2007年8月17日 (金) 21時18分

■Lindaさん、こんにちは。
なかなか面白いでしょう?GPSというとナビゲート、という感じですが、自分の行動履歴を録るのには最適なのですよ。あとこれから出てくる岩稜地帯のように場所の特定が難しい時の位置把握とかも。今後もお付き合い下さいね。

投稿: あひる | 2007年8月19日 (日) 00時36分

■takebowさん、こんにちは。
GPSの駆使は、履歴録りと北鎌尾根上のピークの場所を特定するのが目的でした。北鎌尾根のルート自体はその場でルートファインディングしながら進まなければならないので、ナビゲート用にGPSを使うのはあまり意味が無いと思います。(私自身も山でGPSをナビゲート用に使ったことはありません。)但し天上沢の真っただ中や、北鎌尾根上で完全にガスに巻かれた時などは、自分の場所特定用に結構役立つと思います。

投稿: あひる | 2007年8月19日 (日) 00時47分

■寅次郎さん、こんにちは。
以前は常にメモを取る必要があったのですが、それが無くなりだいぶ楽になりました。動物を見たとき、花の写真を撮った時など、その場所の特定が後から出来るので大変便利です。 ただ、、、交換電池を持たなくてはならない,衛星からの受信の調子が悪い時がある,等、完璧ではありませんので、常に紙の地図とコンパス,筆記具の持参も欠かせません。

投稿: あひる | 2007年8月19日 (日) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北鎌尾根-2 貧乏沢を下る(1) | トップページ | 北鎌尾根-4 北鎌沢右俣(1) »