« 雲取山~長沢背稜-1 | トップページ | 檜洞丸-1 ツツジ新道へ »

2007年5月 4日 (金)

雲取山~長沢背稜-2

・・・雲取山~長沢背稜-1 より続く

気持ちの良い朝です。鯉のぼりがはためく雲取山荘です。 朝食は4時から、日の出は4時47分で、5時過ぎには余裕で出発出来ました。
Nagasawa06

昨日の石尾根に比べると人もおらず静かな山道です。朝方は白いテンなどの姿も見られ、ここが東京都とは思えない深山の趣でした。 山荘を出て130m程下ると、早速250m近い登りかえしが待っています。 登りきったところが芋ノ木ドッケ(1,946m)です。展望が利かない林の中です。
Nagasawa07

少し進むと開けたところにでます。背後には雲取山が見えています。
Nagasawa08

山荘から2時間20分程で長沢山(1,738m)に到着。稜線の名前にもなっている山ですが変哲も無い静かなピークです。
Nagasawa09

続いて水松(あららぎ)山(1,699m)のピークです。地図には登山道が載っていませんが、天祖山分岐の少し手前の指導票(90度曲がるところ)を直進すると5分ほどで山頂に着きます。登りきってきょろきょろ探すとこの木が見えます。
Nagasawa10

水松山から1時間10分程で、酉谷山への分岐に出会います。ここから酉谷山まで指導票もあり道もキチンと踏まれていますが、登山地図のたぐいには登山道表示がされていません。
Nagasawa11

30分弱登り切ると酉谷山(黒ドッケ)(1,718m)の山頂です。誰もいない静かな山頂で少し早い昼食をとりました。
Nagasawa12

南側が開けており、正面に石尾根、その手前にこれから向かうヨコスズ尾根を眺めながらゆっくり寛ぎます。
Nagasawa13

さらに1時間30分程進むと、大展望が得られるハナド岩に着きます。石尾根から正面に雲取山、さらに歩いてきた長沢背稜が大パノラマで見渡せるお薦めのスポットです。ここで30分程大休止をしたのですが、誰も来ません・・・ このハナド岩は登山道から10m程脇道に入った所にあるのですが、ここを示す指導票は無く、地図を見ながら場所を把握していなければなりません。私が休んでいる間、何パーティかの声は聞こえましたが誰も入ってきませんでした。もったいないですね、、、こんな景色を見捨てて行くなんて。常に地図で場所を把握しながら歩くと地形とかも見えてきてとても面白いんですが・・・相変わらず地図見ない人多いですね・・・
Nagasawa14

でもちゃんと「ヒントはあります。登山道がヘアピンで曲がる辺りにこの指導票が立っています。この向い側にある細い道がハナド岩への入口です。行かれる方は是非寄ってみて下さい。
Nagasawa15

ほどなく一杯水避難小屋です。数年前に強盗事件が発生したトコロですね・・・ ここからはヨコスズ尾根を急降下です。
Nagasawa16

東日原のバス停には長蛇の列(登山者は1割位です)、バスは続行運転で3台やってきましたが、全て満員で出発していきました。さすがGWですね・・・
おしまい。

|

« 雲取山~長沢背稜-1 | トップページ | 檜洞丸-1 ツツジ新道へ »

コメント

おおっ、懐かしいです。小生は三峯の方から雲取に抜けました。鹿は本当によくいますよね。下山後、なかなかバスが来なかったのを思い出しました。

投稿: takebow | 2007年5月 7日 (月) 16時31分

■takebowさん、こんにちは。
三峰のルート使う方も多いみたいですね。多少は登山道も賑わっていないと歩いていて寂しくなります。ニホンジカは丁度捕獲が始まっているようで、登山道以外は気をつけるようにとの注意書きがあちこちにありました。バスが来なかったのは奥多摩湖側の方でしょうか?奥の方に向かうバスは数時間に一本の割合ですからね・・・

投稿: あひる | 2007年5月 7日 (月) 23時13分

はじめましてKENす。
ちょうど5月3日は鷹ノ巣山から狩倉山からバリエーションルートで日陰指尾根をいってまいりました。八ヶ岳編笠山からの予定変更でした。転勤で千葉にきて関東周辺の山をひたくらさっさと登ってますが、まだ雲取山は登ってません、今年こそはと思ってますが・・・

投稿: KEN | 2007年5月10日 (木) 00時32分

初めて雲取山へ行ったのがGWでした。私も、とても気持ちが良い山歩きだったことを思い出しました。
新緑の季節に!秋の紅葉に!と思いつつ、まだ2度目が実現できていません…

投稿: hyahya | 2007年5月10日 (木) 20時22分

■KENさん、こんにちは、はじめまして。
ちょうど同じ時に登られていたのですね、KENさんが遭われたヤマサイ集団は峰谷の登山口でちょうど準備をしていましたヨ。それにしても日陰指尾根とはシブイですね、エライ急斜面ですよね? 雲取山は四方にルートが伸びているので色々楽しみ方があるみたいです。ヒトもシカも多いですが是非行ってみて下さい。今後ともよろしく願います。

投稿: あひる | 2007年5月11日 (金) 21時28分

■hyahyaさん、こんにちは。
奥多摩は、GWの頃が暑くも寒くも無く、一番良い時期ですね。夏にかけては暑いし、雷は来るはでちょっと足が遠のいてしまいます(^^; 東京にもあんな大自然が残っているかと思うと嬉しくなりますね。私も今度は紅葉時期に歩いてみたいと思っています。

投稿: あひる | 2007年5月11日 (金) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雲取山~長沢背稜-1 | トップページ | 檜洞丸-1 ツツジ新道へ »