« 檜洞丸-2 犬越路を越えて | トップページ | 丹沢主脈-2 蛭ヶ岳~大倉 »

2007年5月23日 (水)

丹沢主脈-1 焼山~蛭ヶ岳

たまには体力チャレンジ・・・ということで、道志川沿いの西野々から丹沢主脈~主稜~大倉尾根まで約26kmを歩きに行きました。アップダウンの多いコースなので累計標高差は登り下りとも2,000m以上になります。 焼山バス停に着くのが朝8:30頃なので日没までに歩き切るのが目標です。

焼山登山口のバス停前です。トイレなども整ったきれいな所です。暑い日になりそうなので3.5Lの水分を担いで出発です。出発の準備をしていると、地元の人が尾根を見上げながら話しかけて来ました。「あの辺りの杉までは山ヒルが出ているから、止まって休憩する時は気をつけてな。」そう、丹沢エリアには山ヒルが出る所が多いんですね。蛭ヶ岳がある位ですからね・・・
Tan_syu01

焼山までの登り、前半部分では石畳も現れます。後半は九十九折の急登です。
Tan_syu02

展望鉄塔のある焼山(1,059.6m)山頂です。ほぼ2時間で到着。コースタイム通りです。よく書かれていますが昭文社の山と高原地図「丹沢」のコースタイムは結構きつめに書いてあるので、これから先が少々心配です。(あひるは登りに弱い(^^;・・・)
Tan_syu03

鉄塔の上からは宮ヶ瀬湖、丹沢三峰、丹沢山から蛭が岳の主稜線がよく見えます。ちょうど中央が丹沢山、一番右の尖ったピークが蛭ヶ岳です。
Tan_syu04

鉄塔の下はベンチも置かれゆっくり寛ぐには良い場所です。10分休憩して出発です。
Tan_syu05

いやー、リアルな指導標が出てきましたね・・・今日、昨日と晴れが続いているので比較的安心だとは思うのですが、何かが葉の方でガサッとするとドキっとします(^^;  よく見るとアオダイショウ君が出てきたり、、、豊かな自然です・・・
Tan_syu06

公園の並木道みたいですね。黍殻山(きびがらやま)傍の黍殻避難小屋辺りです。ここは東海自然歩道でもあるので、登山道,指導標,ベンチなどとても整備されています。
Tan_syu07

八丁坂ノ頭辺り。10日程前の檜洞丸では咲いていなかった山ツツジが一部満開になっていました。
Tan_syu08

標高1,400m位まで登って来ました。急な登りも影を潜め、しばし気持のよい林道漫歩です。
Tan_syu09

東海自然歩道1,343kmの中での最高地点(標高1,433m)です。
Tan_syu10

わずかに進むと姫次(ひめつぎ)に着きます。景色の開けたとても気持ちの良い場所です。眼前にはこれから向かう蛭ヶ岳のピークが見えています。が、標高差100m程の下りと登り返しが待っています。焼山から1時間34分、10分程早く着いたので8分休憩・・・ 本当は30分位ユックリ休みたい所です。
Tan_syu11

原小屋跡です。昔山小屋があったそうです。林の中のアップダウンが続き、なかなか蛭ヶ岳への登りになりません・・・
Tan_syu12

いよいよ蛭ヶ岳へのきつい登りの始まりです。今日の登りの核心部分でしょうか・・・
Tan_syu13

開けた崩壊地に出ました。檜洞丸側の雄大な眺めが広がります。霞の中、富士山も頭をのぞかせていました。目指す山頂はすぐそこなのですがなかなか着きません。暑い中にも冷たい風が流れ、標高の高さを感じます。
Tan_syu14

丹沢主脈-2 へ続く

|

« 檜洞丸-2 犬越路を越えて | トップページ | 丹沢主脈-2 蛭ヶ岳~大倉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 檜洞丸-2 犬越路を越えて | トップページ | 丹沢主脈-2 蛭ヶ岳~大倉 »