« 雲取山~長沢背稜-2 | トップページ | 檜洞丸-2 犬越路を越えて »

2007年5月12日 (土)

檜洞丸-1 ツツジ新道へ

日帰りで丹沢の檜洞丸(ひのきぼらまる)に行ってきました。名物のツツジが少しでも見れれば、、、と思いつつ・・・

西丹沢自然教室前にクルマを置き、少し進んだ所からツツジ新道に取り付きました。背後の明るいところが車道です。えっ、こんな暗い沢を登るの? という出だしですが、すぐに沢を離れて明るい斜面になります。
Img_7142

のんびりとした山歩き1時間程でゴーラ沢出会です。沢を横切り急登の開始です。
Img_7150

1時間弱程登ると、このような景色が見れる展望園地に着きます。(勿論晴れていればね)  雪の付き具合といい、ちょうど良い感じの富士山です。
Img_7159

ここからは更に急な登りとなります。岩場も増えてきました。
Img_7164

南アルプス連山が奇麗に見えています。一番右端の白いピークが北岳です。
Img_7179

石棚山稜と結ぶ尾根線に出る直前辺りにもう一か所休憩スペースがあります。檜洞丸の山頂は木々があるので、ここでしばし撮影タイムです。それにしても良い眺めです。
Img_7191

尾根線に出てからは、木道歩きとなります。木道の下はバイケイソウの群落です。水芭蕉に雰囲気が似ており、きれいな緑絨毯の上、爽やかな山行なんですが・・・ このバイケイソウ、死に至る危険性もある恐ろしい毒草なのです。(そうと判ると爽やかさも半減(^^;)
Img_7211

檜洞丸(1,601m)山頂です。広々としています。木々が結構ありますが、この季節は周りの景色も良く見えます。  時間にゆとりがあるので1時間半程の昼寝&大休憩とします。
Img_7228
それにしても「ひのきぼらまる」って妙な名前ですよね・・・  なんでも、"洞"とは"沢"のことで、"丸"とは古代朝鮮語で"山"のことらしいです。("山"を"マウル"と読むらしい・・・) で、全部続けると"沢に檜のある山"という意味らしいです。

檜洞丸-2へ続く・・・

|

« 雲取山~長沢背稜-2 | トップページ | 檜洞丸-2 犬越路を越えて »

コメント

こんちは、檜洞丸はちょうど去年の今ごろ登ってきました、いやー景色いいときにのぼられましたよね、富士もばっちりやし!山頂はなんか目印になるものてなかったすよね(よくある標識)、去年のぼったときはびっくりすることに山頂で結婚式(たぶん結婚を祝う会)やってました。

投稿: KEN | 2007年5月24日 (木) 00時14分

■KENさん、こんにちは。
檜洞丸の山頂は広々して、木々があって・・・なんかよくある公園みたいな雰囲気ですよね。あの広さなら結婚式でも出来るでしょう(^^) 私は以前八方尾根のゲレンデで人前式結婚式に参列したことがあります。式後は新郎新婦先頭に数十人でトレインしました。檜洞の夫婦は着飾ってましたか?

投稿: あひる | 2007年5月26日 (土) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雲取山~長沢背稜-2 | トップページ | 檜洞丸-2 犬越路を越えて »