« 雲ノ平~槍ケ岳縦走-4 黒部源流へ | トップページ | 雲ノ平~槍ケ岳縦走-6 西鎌尾根を槍ケ岳へ »

2006年9月23日 (土)

雲ノ平~槍ケ岳縦走-5 双六岳を越えて

・・・雲ノ平~槍ケ岳縦走-4 より続く

三俣山荘からの眺めです。茶色い硫黄尾根の向こうに急峻な北鎌尾根が続いています。
Kumo057

山荘の前で昼食タイムをとりました。左側2階がコーヒーを飲んだ展望食堂です。
Kumo058

三俣蓮華岳に向かう途中から振り返りました。鷲羽岳(2924m)が立派な山容を見せています。ここからだと羽を広げた姿に見えますね。左側の羽のピークになっているのがワリモ(割物)岳、眼下に見える赤い屋根が三俣山荘です。
Kumo059

今13:43。槍ヶ岳と大天井岳に雲がかかり出しました。
Kumo060

40分程登ると、双六小屋への巻道と三俣蓮華岳山頂を目指す道との分岐「三俣峠」に着きました。右上に見える山頂までは15分程です。
Kumo061

眼下の谷が黒部川、向こうの台地が雲ノ平です。彼方には薬師岳がそびえています。
Kumo062

三俣蓮華岳(2841m)山頂です。
Kumo063

これからの進路です。前に見えるピークは丸山(2854m)で、双六岳はその向こう側。100m程の登り返しが2回あるわけで、意外と遠いです。
Kumo064

有名な富山・岐阜・長野の3県境です。
Kumo065

三俣蓮華岳の山頂とはほんの少し離れた南側に県境はあります。
Kumo066

丸山を越えて下ったコルで双六岳をパスする中道ルートを左にわけます。
しかし丸山を挟んだ2回の登り返しは精神的にイヤでしたね。すぐそばに頂が見えているのに・・・  ただ、丸山からの下りで雷鳥さんに出会うことが出来ました。今回は1回も会えていなかったので嬉しかったですね。
Kumo067

三俣蓮華岳から1時間程で双六岳(2860m)に着きました。ここで登山道はほぼ直角に左に曲がります。
Kumo068

山頂からはしばらく稜線を行きます。正面登り返した辺りで、登山道は再度左へ大きく曲がります。この辺り一帯は広い稜線地帯でガスがかかると道迷いしそうですね。
Kumo069

雲がかかっていなければ、正面に槍ヶ岳が見えるあたりなのです。
Kumo070

稜線から岩場を下ると、先ほど三俣峠でわけた巻道と合流します。
Kumo071

双六小屋の夕食です。天ぷらをはじめ、なかなかの美味でした。結構人はいましたが、布団一枚おき位の配置でゆっくり休むことが出来ました。
Kumo072

雲ノ平~槍ケ岳縦走-6へ続く・・・

|

« 雲ノ平~槍ケ岳縦走-4 黒部源流へ | トップページ | 雲ノ平~槍ケ岳縦走-6 西鎌尾根を槍ケ岳へ »

コメント

待ってましたぁ~。雷鳥がたくさん見られたのではないでしょうか。双六岳で雷鳥を眺めたり、昼寝したりして楽しんだ思い出があります。双六のドームがガスっていて残念ですが、4枚目の硫黄尾根がハッキリ見える写真もあるから、欲張ってはダメですかね。
次回も楽しみにしております。

投稿: takebow | 2006年10月27日 (金) 16時07分

■takebowさん、こんにちは。
実は雷鳥は丸山での一羽しか会えませんでした。
双六のあたりは曇ってきたので会えるかなぁ、と思ったのですが・・・ この日は薬師沢~双六と長丁場で忙しかったので、次行くときは双六の山頂でゆっくり過ごしたいなと思っています。晴れたドームも見たいですし。

投稿: あひる | 2006年10月28日 (土) 08時56分

あひるさん、たびたびお邪魔します。
実は双六のドームも良いのですが、三俣蓮華から下を通る道がありますよね。あそこはかなり雷鳥に会える場所です。ヒナと戯れるのも夢ではないかと。あひるさんのパワーなら何回も訪れることができると思うので、またの機会に期待します。

投稿: takebow | 2006年10月28日 (土) 17時45分

■takebowさん、こんにちは。
そうでしたか!今回は初でしたので山頂回りを選びました。雷鳥さんが大好きなので次回は是非巻き道を通りましょう。

投稿: あひる | 2006年10月29日 (日) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141030/12284138

この記事へのトラックバック一覧です: 雲ノ平~槍ケ岳縦走-5 双六岳を越えて:

« 雲ノ平~槍ケ岳縦走-4 黒部源流へ | トップページ | 雲ノ平~槍ケ岳縦走-6 西鎌尾根を槍ケ岳へ »