« 雲ノ平~槍ケ岳縦走-3 雲ノ平へ | トップページ | 雲ノ平~槍ケ岳縦走-5 双六岳を越えて »

2006年9月23日 (土)

雲ノ平~槍ケ岳縦走-4 黒部源流へ

・・・雲ノ平~槍ケ岳縦走-3 より続く

雲ノ平山荘から15分程で、キャンプ場とスイス庭園の分岐地点に着きます。眼前に迫るのは祖父岳(2825m)。これから祖父岳の中腹まで登り黒部源流に下ります。古い地図ですと、眼前に延びる木道を進みキャンプ場を通過するようになっていますが、今は左手の尾根を回りこむルートに付け変わっています。(所要時間も倍かかります)
Kumo041

5分程で、スイス庭園散策路との分岐。ここを右に進みます。水晶岳(黒岳)(2986m)がスイス庭園の向こうに屏風のように立ちはだかっています。今日が三俣山荘泊まりならゆっくり停滞したい所です・・・
Kumo042

少し登って振り返ってみました。 池塘(ちとう)を抱くスイス庭園と薬師岳です。 先ほどの分岐が左下に見えていますね。雲ノ平・・・素敵な所です。
Kumo043

はるか眼下には高天原山荘の赤い屋根が見えています。もう1泊取れれば高天原温泉にも足を延ばしたかったですね。
Kumo044

尾根を回り込むと岩苔小谷が広がります。  正面右がワリモ北分岐、そこから水晶小屋~水晶岳への稜線が左に続きます。登山道が変わったお陰で、この景色を眺めならが歩けるようになりました。
Kumo045

キャンプ場分岐から40分弱で祖父岳、黒部源流分岐につきます。鷲羽岳を回るか、黒部源流を渡るか・・・ ここからルート的には二つの選択肢がありますが、黒部源流をこの目で確かめるルートをとりました。
Kumo046

祖父岳を回りこむと、今まで祖父岳に隠されていた槍ヶ岳の展望が開けます。ここは遅くまで雪が残る辺りですが、今は全くありません。ガスがかかるとコースが分かり難そうなあたりですね。日本庭園とよばれるのもこの界隈です。
Kumo047

右のピークがこれから向かう三俣蓮華岳(2841m)です。左下には三俣山荘が見えています。また結構登るなぁ、、、と思うのですが・・・
Kumo048

その手前には黒部源流への250m程の急降下と登り返しが控えています。眼下に見える道は黒部源流に沿って岩苔乗越に向かう道です。
Kumo049

ワリモ岳(2888m)(右側ピーク)と岩苔乗越です。ここが黒部川の源流です。
Kumo050

急坂を下りきるとまだ小さな流れの黒部川を渡ります。
Kumo051

源流を見上げてみました。この小さな流れが黒部峡谷の源流かと思うと感無量です。本当に美しい大自然ですね。
Kumo052

源流を渡って少し登ると源流の碑である「黒部川水源地標」があります。ここは来てみたいスポットだったので一つ目標達成です。
Kumo053

西方向を見上げると黒部五郎岳(2839m)のカールが見えています。しかし、雲ノ平は本当に著名な山々に囲まれていますね。
Kumo054

突然コーヒーです。黒部源流から40分弱で三俣山荘に到着。ちょうどお昼なので大休憩します。ちゃんとドリップして入れてくれる美味しいコーヒーです。でもそれ以上に素晴らしいのは・・・
Kumo055

コーヒーを飲みながら眺めるこの景色です。
槍ケ岳から続くギザギザの北鎌尾根・・・こんな景色が見れる喫茶店は他に無いですね。
Kumo056

雲ノ平~槍ケ岳縦走-5へ続く・・・

|

« 雲ノ平~槍ケ岳縦走-3 雲ノ平へ | トップページ | 雲ノ平~槍ケ岳縦走-5 双六岳を越えて »

コメント

本当にあひるさんは写真が上手なので、縦走した時の思い出が甦ってきます。雲ノ平の木道は小生が行った時よりも広域にわたっているようです。まるで尾瀬のように広がってますね。岩苔乗越にデポして水晶岳をピストンしたのが懐かしいです。

投稿: takebow | 2006年10月16日 (月) 19時05分

■takebowさん、こんにちは。
いえいえ、、天気が良かったのと、やたら撮りまくっているのでたまたま映りの良いのがあっただけですよ・・・
木道の立派さは驚きました。本当に尾瀬のようです。でも回りを取り囲んでいる山(=役者)が違いますね。
水晶岳も足を延ばしてみたいとは思いましたが・・・素敵な眺めでしょうね・・・

投稿: あひる | 2006年10月16日 (月) 23時34分

今年は、鷲羽や黒部五郎といった「奥の山域」に初めて足を踏み入れたので、次回はやっぱり憧れの雲ノ平だなあ、と思いながら拝見しています。
お天気が良くて、とても気持ちよさそうです。「5」以降も楽しみにしています!

投稿: hyahya | 2006年10月20日 (金) 21時40分

■hyahyaさん、こんにちは。
「奥の山域」・・・本当にそうですね。私の中の"北アルプス=岩稜"というイメージが一新されました。噂には聞いていましたが、あんなに素敵な山域があるとは・・・
私は次行くときはhyahyaさんが行った稜線ルート、、、と思っていたのですが、雲ノ平はまた行っても良いかも・・・という感じです。
「5」以降も素敵な山域が連続しますのでご期待下さいー

投稿: あひる | 2006年10月23日 (月) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141030/12248198

この記事へのトラックバック一覧です: 雲ノ平~槍ケ岳縦走-4 黒部源流へ:

« 雲ノ平~槍ケ岳縦走-3 雲ノ平へ | トップページ | 雲ノ平~槍ケ岳縦走-5 双六岳を越えて »