« 北岳バットレス-3 第4尾根登攀開始 | トップページ | 北岳バットレス-5 北岳山頂を越えて »

2006年9月 3日 (日)

北岳バットレス-4 マッチ箱を越えて

・・・北岳バットレス-3 より続く

第5ピッチ目 「マッチ箱」の岩峰、ナイフリッジを登ります。 一般登山道では味わえない解放感です。
Kitadake023 

マッチ箱のピークからは10mの懸垂下降になります。
Kitadake024

6ピッチ目のフェースを登りきり、間もなく枯れ木のテラスです。"後ろに大きな空間を背負っている、、、"という感じでした。えも言われぬ爽快感です。
Kitadake026

次のパーティのリードがマッチ箱のピークに現れました。手を振ってくれているの判りますか?結構な高さなのです。
Kitadake027

「枯れ木」テラスから見下ろした6ピッチ目とマッチ箱、はるか500m眼下に大樺沢です。
Kitadake029

7ピッチ目 最終ピッチです。
Kitadake028

間もなく岩稜地帯も終了です。
Kitadake030

9時44分、取り付きから2時間20分(下部岩壁も入れると3時間40分)程で広々としたテラスに到着です。ここは3,060m、山頂まではさらに100m以上の登りですが、素敵なお花畑の登りです。急な斜面ですが、第4尾根を登り終えた爽快感も含め気分は最高です。
Kitadake031

南に見える間ノ岳です。
Kitadake033

最後に一般登山道に合流です。目指す山頂はすぐそこです。
Kitadake034

北岳バットレス-5 へ続く・・・

|

« 北岳バットレス-3 第4尾根登攀開始 | トップページ | 北岳バットレス-5 北岳山頂を越えて »

コメント

「マッチ箱」っていうんですか。凄い高度感ですね。一般登山道では味わえない凄さです。流石南アルプス。間ノ岳までの距離も相当です。

投稿: takebow | 2006年9月16日 (土) 15時38分

天気に恵まれて良かったですね
それにしても凄いところを登ってきたんですね
機械が有ればやってみたいと思いました
でも、ザイルワークも習わないといけませんね
私は、槍から北穂が中止になり
単独で、八方から扇沢まで
三日間楽しんできました
初日の午前中は晴れていましたが、
午後から、二日目までガスの中、
最後の日に素晴らしい青空に恵まれ、
雲海に浮かぶ名峰を楽しんできました
槍、穂高も違う方向から見ると、また新鮮でした

投稿: くにちゃん | 2006年9月16日 (土) 18時53分

■takebowさん、こんにちは。
この辺りは最も景色の良いあたりで、大樺沢の一般登山道からも最も目だって見えています。
南アルプスは北アルプスに比べると、山のドッシリ感がありますし、標高差含め山頂までのアプローチもきつい所が多いですね。

投稿: あひる | 2006年9月18日 (月) 00時33分

■くにちゃんさん、こんにちは。
ザイルワークは学んでおく価値ありです。クライミングも一般登山道歩く上でも大変勉強になりました。私も始めたのはこの6月なのです。山岳会とまでいかなくてもスクールも沢山あるので是非トライしてみて下さい。八方からの件、結構距離ありましたでしょう?北アルプスも広いですからね、色々行ってみたいものです。と言いつつ来週末あたり南岳行こうかと思っています。

投稿: あひる | 2006年9月18日 (月) 00時39分

こんにちは。マッチ箱で手を振っていたクライマーです。ブログをたまたま見つけました。トラックバックさせていただきました。今後ともよろしく。

投稿: かばたん | 2006年10月 7日 (土) 10時04分

■かばたんさん、こんにちは。
いやー、奇遇ですねー、驚きました。
あの時撮影しながら、「あー良い位置で写真が撮れたけれど、お渡しできないなー。後で会ったらアドレス聞こうかなぁ」と思っていたのですよ。反面ひょっとしたらブログ見られるかなという淡い思いもあったのですが、驚きです。
もしよろしかったら、こちらのフォームからE-Mailアドレス教えて下さい。何枚かお撮りした写真あるので、大きいサイズでお送りしますよ。
また寄って下さいね!

投稿: あひる | 2006年10月 7日 (土) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141030/11910428

この記事へのトラックバック一覧です: 北岳バットレス-4 マッチ箱を越えて:

« 北岳バットレス-3 第4尾根登攀開始 | トップページ | 北岳バットレス-5 北岳山頂を越えて »