« 雲ノ平~槍ケ岳縦走-2 薬師沢小屋に向けて | トップページ | 雲ノ平~槍ケ岳縦走-4 黒部源流へ »

2006年9月23日 (土)

雲ノ平~槍ケ岳縦走-3 雲ノ平へ

・・・雲ノ平~槍ケ岳縦走-2 より続く

6時過ぎ、薬師沢小屋を出発、今日は双六小屋までなので結構長丁場です。きれいな吊橋で黒部川を渡り、早速雲ノ平までの標高差450mの登りに入ります。
Kumo025

ここは急登の連続です。 昨晩"熊が多いのは雲ノ平なんですよ"と聞かされたので、先行パーティの後について進みます。
Kumo026

苔むした巨岩の乗り越えながら標高をかせぎます。本当に深山の趣ですね。 先行パーティを追い抜いてしまったので、今日の一番手になりました。熊避けでカップをカラビナにかけて、カランカラン鳴らしながら進んでいきます。(鈴を忘れたので・・・)
Kumo027

1時間半程登ると台地の上に出ました。こんな晴天になっていたんだ、と嬉しい瞬間です。ここからは木道歩きです。針葉樹に囲まれた木道は歩き易いのですが、クネクネと曲がりくねっており、"熊出ないだろうなぁ・・・"と心配な一時です。 途中、林の向こうから口笛が聞こえてきました。同じ理由で音を出しながら歩いていた単独行の方でした
Kumo028

15分程でアラスカ庭園に入ります。この針葉樹的な所がアラスカなんでしょうね。 遠くに水晶岳が見えています。
Kumo029

南に目を向けると黒部五郎岳です。
Kumo030

歩いてきた西方向を振り返ります。正面のなだらかな平地に見える部分が昨日いた太郎平です。
Kumo031

三俣蓮華岳を挟んで、右にとんがるのは笠ヶ岳、左遠くにとんがるのは槍ケ岳です。黒部五郎小舎から煙が上がってますね、わかりますか?
Kumo032

笠ヶ岳から抜戸岳への稜線です。いつも見ない笠ヶ岳の形です。笠というより槍みたいですね。
Kumo033

雲ノ平はこんな景色の所がずーっと続きます。天候も良いため、最高の気分です。正面の水晶岳が大きくなってきました。昨日夕方は白かった水晶岳が黒く見えています。だから水晶岳=黒岳なんですね。
Kumo034

30分程歩くと奥日本庭園です。薬師岳の威風堂々とした山容から遠く立山連山へ続いています。
Kumo035

明るく見えている木道は祖母岳へ続く道です。2時間20分ほどでここまで来てしまったので、祖母岳に寄り道することにします。
Kumo036

槍ケ岳~大喰岳~中岳~南岳がよく見えます。明日はあそこまで行くんだなぁと既に感慨深気です・・・
Kumo037

祖母岳(アルプス庭園)から見た雲ノ平山荘と水晶岳(黒岳と言った方が良いかな)です。雄大な景色独り占めです。結局、薬師沢小屋から三俣山荘までですれ違ったのは先ほどの単独行の彼一人でした。

Kumo038

この辺りは高山植物の宝庫ですが、この季節は静かなものです。チングルマの穂が揺れていました。
Kumo039

寄り道しながら3時間少々で雲ノ平山荘到着です。天気が良いので沢山写真撮りすぎました(^^; 続きはその4へ・・・
Kumo040

雲ノ平~槍ケ岳縦走-4へ続く・・・

|

« 雲ノ平~槍ケ岳縦走-2 薬師沢小屋に向けて | トップページ | 雲ノ平~槍ケ岳縦走-4 黒部源流へ »

コメント

雲ノ平からみた笠ヶ岳について述べられていますが、何でも市女笠といって女性がかぶった笠にもっとも近いのが雲ノ平・裏銀座ルートから見た笠ヶ岳だそうです。
あひるさんの御報告本当に楽しみです。あひるさんも「ひゃあひゃあ」さんも私が行けない時期に行けて羨ましいです。みなさんのレポートが私の活力でもあります。よろしくお願いします。

投稿: takebow | 2006年10月12日 (木) 18時59分

■takebowさん、こんにちは。
笠ヶ岳の件知りませんでした、勉強になりました。それにしても笠ヶ岳はきれいな形ですよね。
 楽しみにしていただいてありがとうございます。のんびりと続けていきますので、またお寄り下さい。

投稿: あひる | 2006年10月12日 (木) 23時23分

雲ノ平、素敵ですね~
ぜひ行ってみたいです。そして、のんびりしたいなぁ。
あんな山の奥地で庭園なんて、あこがれてしまいます。

熊の件は、単独だと特にドキドキですね。
出会わなくて良かったです(^^)

投稿: tomomi | 2006年10月13日 (金) 18時50分

■tomomiさん、こんにちは。
雲ノ平は、実は行く前はそんなに期待していなかったのです(^^;。ただ、絶賛する方も多いので行ってみたら、本当に良い所でした。深山と高山と高原、そして庭園が一体になったようなところで、へー、こんな所あるんだ、という驚きでした。本当はもう1日かけてゆっくり歩きたかったのですが、ちょと残念でした。
熊は、、、今年はあちこちで出ているので特に心配です。単独だと色々と不便も多いですね・・・
写真が多いのでこの山行だけで11回載せる予定です。
またお寄り下さいね。

投稿: あひる | 2006年10月15日 (日) 11時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141030/12191955

この記事へのトラックバック一覧です: 雲ノ平~槍ケ岳縦走-3 雲ノ平へ:

« 雲ノ平~槍ケ岳縦走-2 薬師沢小屋に向けて | トップページ | 雲ノ平~槍ケ岳縦走-4 黒部源流へ »