« 北岳バットレス-2 第4尾根に向けて | トップページ | 北岳バットレス-4 マッチ箱を越えて »

2006年9月 3日 (日)

北岳バットレス-3 第4尾根登攀開始

・・・北岳バットレス-2 より続く

下部岩壁を登り終えてから30分弱で第4尾根の取り付き点であるテラスに到着。赤い「4」の字がスタート地点を物語っています。出だしで先行させてもらったので私たちの前には誰もいません。(後ろからもしばらく来る気配は無いし)しばらく休んで7時20分登攀開始です。
Kitadake016

1ピッチ目、いきなり核心部です。岩が磨かれているので滑りやすいです。真ん中のクラックにフットジャムしながら登ります。
Kitadake017

2ピッチ目 登りやすいです。
Kitadake018

3ピッチ目 「白い岩」のフェースです。
Kitadake019

振り返ると鳳凰三山の山々が立ちはだかります。地蔵ガ岳のオベリスクがよく判りますね。眼下中央の森の中に茶色く開けた土地が見えますが、今朝出てきた白根御池です。
Kitadake020

4ピッチ目 真っ青な空に登っていくような気持ちです。
Kitadake021

標高も3,000mに達しました。見える景色もどんどん雄大になっていきます。池山吊尾根の向こうには立派な富士山。気持ちの良い一時です。
Kitadake022

北岳バットレス-4 へ続く・・・

|

« 北岳バットレス-2 第4尾根に向けて | トップページ | 北岳バットレス-4 マッチ箱を越えて »

コメント

確かに拡大すると地蔵のオベリスク、よく分かりますねぇ。凄い天候にも恵まれて良い登攀でしたね。御写真は私たち一般登山者が絶対に見られない風景なので、ただただ素晴らしいの一言です。続きも楽しみです。

投稿: takebow | 2006年9月15日 (金) 16時55分

■takebowさん、こんにちは。
私もハーネスを初めて付けたのがこの6月です。2年前の夏のヤマケイ南アルプス特集でバットレスを見て驚愕したのですが、まさか自分が来ようとは・・・。でもバットレスは技術のある方と来れば登れるようになると思いますヨ。
景色はさすがに最高でした。続きもお楽しみ下さい。

投稿: あひる | 2006年9月16日 (土) 01時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141030/11900148

この記事へのトラックバック一覧です: 北岳バットレス-3 第4尾根登攀開始:

« 北岳バットレス-2 第4尾根に向けて | トップページ | 北岳バットレス-4 マッチ箱を越えて »