« 北岳バットレス-5 北岳山頂を越えて | トップページ | 雲ノ平~槍ケ岳縦走-2 薬師沢小屋に向けて »

2006年9月22日 (金)

雲ノ平~槍ケ岳縦走-1 太郎平に向けて

9月22日から25日にかけて、折立から雲ノ平、黒部源流、双六岳、槍ケ岳、南岳を経て上高地まで3泊4日の縦走をして来ました。 今日は1日目、折立から薬師沢小屋まで向かいます。(※1日目のみ大きな写真に改修しました(2011.8.追記))

朝、富山駅6時半過ぎの富山地方鉄道で有峰口駅に着きました。小さな駅前には折立行きの大きなバスが・・・5割ほどの乗車で出発です。 ところで駅名標見えますか?「驛■小」とあります。「有峰口」になる以前の駅名「小見駅」の名残ですね。「小見」というのはこのあたりの地名。有峰湖に向かう際曲がる交差点の名前は「小見」でした。
Kumo1001

8時半過ぎに折立到着。バス停から登山道へ向かいます。
Kumo1002

8:49登山開始です。
Kumo1003

のっけから急登です。標高差500m程を一気に登ります。それにしても、ガスの中。この悪天候は何なんだ・・・と、思って歩いていると・・・
Kumo1004

ガスを突き抜けてそこは別天地!登り始めから1時間15分程で三角点(1,871m)に到着です。遠くに薬師岳の稜線が見えてきました。
Kumo1005

一部林の中を通りますが、三角点からはおおむねこんな感じの歩道を登っていきます。とても気持ちの良い開けた道です。
Kumo1006

三角点から1時間15分程で、五光岩ベンチ(2,196m)に到着。はるか彼方の稜線に太郎平小屋が見えています。そういえば、私の後ろ数十分を歩いていた方がこの前後で親子連れのクマに出合ったそうです。こんな開けているところなのに10m位の距離で睨まれたそうな・・・ 今年はクマ話をよく聞きますね。
Kumo1007

向かい側の山腹左側にある巨大な岩塊が五光岩です。あらら・・・薬師岳稜線が雲に隠れてしまいました。
Kumo10071

ベンチから10分程進んだあたりです。ずーっと太郎平小屋まで木道が続いています。進路左手に薬師岳を望みながら、気持ちの良い尾根歩きです。
Kumo1008

薬師岳山頂が見えてきました。(奥に見える高い稜線の、右端から3分の1位の所が薬師岳山頂です)
Kumo10081

登り出しから3時間半程で太郎平に到着しました。眼前に薬師岳が迫っています。
Kumo1009

行く手には黒部源流の谷を挟んで雲ノ平の溶岩台地。はるか後方(写真左奥)には水晶岳が見えています。それにしてもさっきから広がって来ているこの雲はなんなんでしょう??嫌だなぁ・・・
Kumo1010

雲ノ平~槍ケ岳縦走-2へ続く・・・

ここから薬師岳方面に向かいたい方はこちら(2011.7.山行記) へお進み下さい・・・

|

« 北岳バットレス-5 北岳山頂を越えて | トップページ | 雲ノ平~槍ケ岳縦走-2 薬師沢小屋に向けて »

コメント

懐かしいです。三角点のベンチが増えてました。
ぜひまた行きたいです。今度は折立から黒部五郎を目指したいのですが。。。

投稿: takebow | 2006年10月 3日 (火) 20時55分

takebowさん、こんにちは。
三角点は急登終わって景色も良いところですから、ベンチも増やしたのでしょうね。 私も今回は雲ノ平回りましたが、当初は黒部五郎の予定だったのです。今度はそちらも回ってみたいと思っています。

投稿: あひる | 2006年10月 4日 (水) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141030/12130576

この記事へのトラックバック一覧です: 雲ノ平~槍ケ岳縦走-1 太郎平に向けて:

« 北岳バットレス-5 北岳山頂を越えて | トップページ | 雲ノ平~槍ケ岳縦走-2 薬師沢小屋に向けて »