« 南岳-6 大キレットを進む | トップページ | 南岳-8 「飛騨泣き」に向けて »

2005年9月 4日 (日)

南岳-7 長谷川ピークに向けて

・・・南岳-6より続く

南岳からの急坂を下り切り鞍部に入ってきました。
鞍部といってもご覧のような不安定な岩場です。
(下りて来た方角(北側)を振り返った図)
migimata052

しばらくは水平な岩場が続きます。
ガスが出てきました。。。うーーん、またも悪天候のキレット越えか・・・?
migimata053

眼前にこんなピークが見えてきたら、まもなく最低コル(2,748m)。
眼下に見える小さな平地が最低コルです。
(特に指導標はありません)
migimata054

最低コルからは、本谷左俣へ下ることが出来ます。
(ここもバリエーションルートです。安易に下らないこと)
migimata055

最低コルから5分ほど進むとこんな指導標があります。
ここを越えると長谷川ピークに向けて、少し飛騨側をまいた後、岩場の登りに入ります。
migimata056

さらに10分程進んだあたり。長谷川ピークへの急な岩登りが続きます。
migimata057

登り切るとそこは長谷川(H)ピーク頂上(2,841m)です。
この文字の向こう側はストンと切れているので注意。
migimata060

こんな感じで切れてます。
ほぼ尾根伝いに進みます。雨が降っている時は滑らないように、晴れているときは高度感を味わいながら進みましょう(^_^;
migimata058

正面には「岩の墓場」「鳥も通わぬ谷」と恐れられている滝谷が不気味にそびえています。
そして目指す北穂高小屋が頂上に見えています。
ここからが大キレットの核心部です。気をつけて進みましょう。
migimata059

南岳-8へ続く・・・

|

« 南岳-6 大キレットを進む | トップページ | 南岳-8 「飛騨泣き」に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141030/7678941

この記事へのトラックバック一覧です: 南岳-7 長谷川ピークに向けて:

« 南岳-6 大キレットを進む | トップページ | 南岳-8 「飛騨泣き」に向けて »