« 南岳-1 本谷右俣&大キレット越え | トップページ | 南岳-3 槍穂の別天地本谷カール »

2005年9月 3日 (土)

南岳-2 本谷右俣に向けて

・・・南岳-1より続く

今日は横尾本谷右俣を詰め、南岳山頂まで登り、南岳小屋泊まり。バリエーションルートなので、出来るだけ早い時間に山頂につけるよう横尾を出発します。
本谷橋は涸沢に向かうときのお約束の場所。ここから橋を渡らずにそのまま本谷を上流に向かいます。
migimata008

※ここから先のコースは登山道の無いコースです。足元は不安定な石だらけで、途中藪コギもあります。岩場歩きに慣れて、磁石と地図で自分の行くコースを判断出来る、自己責任で行ける方以外は行かれない方が賢明です。もし行かれて怪我して動けなくなっても誰も通らないので助けてもらえません。※

上流から見た本谷橋。いつもは見ない角度からの構図は新鮮です。
ここから約4時間、ほぼ誰にも会うことが無いであろう山登りです。ちょっと緊張。
migimata009

涸沢分岐の手前あたりから、遠く南岳を望みます。まだまだ長い道のり、ゴロゴロ岩の沢が続いています。
migimata010

涸沢の入り口です。普段通る涸沢への登山道は左の山肌の高い所を通ってます。
migimata011

ずーっとこんな岩場が続きます。結構不安定な岩が多いです。
migimata012

本谷左俣との分岐点です。左俣は一気に大キレットに突き上げていきます。(奥に見える稜線は大キレットです) (→左俣山行記録はこちら(2006.9.追記))
migimata013

ここから右俣に入って行きます。谷は狭くなり、足元の岩は水苔のせいで大変滑りやすいです。
migimata015

一つ目の滝です。右の岩の影を直登します。
migimata016

とにかく滑りやすい岩が多いです。左岸を歩いていて、進めなくなって斜面登ったり・・・バリエーションルートの楽しみではありますが・・・
migimata017

二つ目の滝です。ここも直登します。
migimata018

登り切ると、黄金平(こがねたいら)と呼ばれる大変景色の良いところに出ます。今までの苦労が報われます。。。(本当に景色の良いところですが、写真に見える緑色の草地もその下は岩と窪みだらけで、安易に歩けるところではありません)
migimata021

南岳-3へ続く・・・

|

« 南岳-1 本谷右俣&大キレット越え | トップページ | 南岳-3 槍穂の別天地本谷カール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141030/7678663

この記事へのトラックバック一覧です: 南岳-2 本谷右俣に向けて:

« 南岳-1 本谷右俣&大キレット越え | トップページ | 南岳-3 槍穂の別天地本谷カール »